言う相手が間違ってても。言える場所があるって大事なことだよ。

彼女は言った。「男が怖い」と。
次に「いなくなっちゃえばいいのに」と続けた。
そして最後に「ひどいこと言ってごめんなさい」と、俺に謝った。

言う相手が間違っていることも、そんな男ばかりでないこともわかっていると、彼女は言った。
でも、どうしても考えてしまうとも、彼女は言った。
男を利用した理不尽な女の攻撃を受け、どうしようもできない子供という立場を悪用された彼女は、そんな日々を『耐える』しかなく、自分が悪いと責め続けていた。

「いいじゃないか、言う相手が間違ってても。言える場所があるっていうのは大事なことなんだぞ」

そう言うと、彼女は呆けた顔をして俺を見つめた。何を言っているのか理解できないようだった。

「人に頼るっていうのは、何か頼み事をしたり、力を借りたりすることだけじゃない。こうして気持ちを吐き出すこともそうだ。お前はもっと人を頼れ。少なくとも俺は、お前に頼られたいと思ってる」

「い、いいの?」そんなことをしても、と救いを見つけた瞳で問いかけてきた。
「いいよ」はっきりと答えた。

「だって、嫌じゃない?迷惑じゃないの?」
「嫌でも迷惑でもない。じゃあお前は、俺が頼ったらそう思うのか?」

ひどく驚いた顔をして、彼女は無言のまま首を2,3度横に振った。

「思わない。反対に嬉しい」
「なら、俺と同じだ」

泣きそうになっている顔を見て、思わず頬を緩ませた。
それを合図とするように、彼女は顔を歪ませ、大粒の涙を零す。

「う……うえええええーん!何でそんなに優しいのー……う、ぼえええええええー」

彼女は、変な擬音を発しながら子供のように泣きじゃくった。
途中、「ありがとう」や「ごめん」と言い、あとはよくわからない単語も口にしていた。

──恋愛ファンタジー小説『字守-アザナカミ-』より一部抜粋|備忘録|予告

***

私が小説を書く時、最初にラストを決めます。

そこから肉付けをしていきますが、ポイントとなるシーンもラストから逆算していく時に書き出します。

今回は、その数あるポイントの中の一つ。

道のり長いなぁ。あはは

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






男性向け小説|人間ドラマ|青春

字守-アザナカミ-


彼は残す。その智恵を、勇気を、力を、残す──
彼は言う。『死』は人生の終わりではなく、真価が問われる始まりなのだと。
私はつなぐ。彼の意志を、経験を、その命を──未来の人達へ

人は、自分に足りないものを補い合うために出会い、愛する。そして、必ず別れる──

男女の成長物語を恋愛ファンタジーで綴ります。時には楽しく悲しく甘く、そしてシリアスに。

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

短編小説

 

女性向け小説|恋愛

Len*Ren

・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

短編小説

契りの果ては
15個のカノジョ
R18作品目次
君がいたから
女という性、紅の血
麗らかな恋の花

 

フォローお願いします(*'ω'*)


 
 

小説検索サイト

文芸Webサーチ

幻想検索 tentatively

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社会にストレスを感じ、それでも懸命に生きる30代男性を応援することを目的とする( ゚∀゚)フフフ 「男性は男らしく生きればモテまくる」をテーマに男性を褒め倒す予定。/戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana