MENU
ファンレターを書いてみませんか?

当サイトの作品を読んで、「なんかちょっと心がソワソワしたぞ」「うるっとしちゃった」「単純に文章が好き!」という方は、私にファンレターを送って下さい。

応援されることは嬉しい。
応援する方は2倍嬉しい。

あなたのお気持ち待ってます。

ばなやん(一ツ屋有美子)にファンレターを贈る

鴇色|ときいろ

2020 2/04
鴇色|ときいろ

絶滅の危機として特別天然記念物の国際保護鳥に指定されている“トキ”の羽の薄い桃色部分の色。やや黄色がかった桃色
風切り羽、尾羽の色。

昔、トキといえばカラスやスズメのようにあちこちで見られたそうです。
なので、鴇色といえば誰もが思い浮かべられる色だったとか。

目次

カラーコード

#f2b1c1

RGB値

R:242
G:177
B:193

 

配色

写真から配色を考える

見やすいwebサイトにするには、使う色のうち「70%をメインの色または同系色」「25%を好みの合わせ色または近い系統の色」「5%をメイン色の補色」としています。 これは、3色でも5色でも同じことが言えます。

  • 1色または3色をメインの色または同系色全体の70
  • 1色を好みの合わせ色または近い系統の色全体の25
  • 残りの1色を補色全体の5

こちらが基本的な配色の考え方です。
補色などの詳しい説明は、配色についてでご説明致します。

気に入った写真からイラストソフトで色を取り(スポイトツールで色を吸い取ります)、配色を考えるやり方です。

七五三

こちらは写真から取った色をそのまま載せています。[ ]はJISで定義されている慣用色名であり、●は運営者のイメージ名です。
サイトや本によってはカラーコードが異なりますので、ご自分の思う色で配色を楽しんでください。

[鴇色]

#f2b1c1
R:242
G:177
B:193

[朱色]

#fe0100
R:254
G:1
B:0

[黒鳶(くろとび)色]

#422611
R:66
G:38
B:17

[白群(びゃくぐん)]

#83ccd2
R:131
G:204
B:210

[鬱金(うこん)色]

#efb802
R:239
G:184
B:2

 

3色で配色を考える

トキ

[鴇色]

#f2b1c1
R:242
G:177
B:193

[瓶覗(かめのぞ)き]

#c7e8fa
R:199
G:232
B:250 

[柿色]

#e05116
R:224
G:81
B:22

髪飾り

画像

[鴇色]

#f2b1c1
R:242
G:177
B:193

[珊瑚色]

#eb6b66
R:235
G:107
B:102

[浅黄(うすき)]

#ead9b1
R:234
G:217
B:177

 

イラストで配色を考える

鴇色以外の色を載せています。

[茜色(あかねいろ)]

#1c0d36
R:28
G:13
B:54

[白藍(しらあい)]

#cff8f3
R:207
G:248
B:243

 

[紅色]

#cd0138
R:205
G:1
B:56

[桑の実色]

#d3e6c0
R:211
G:230
B:192

[紺色]

#230c6d
R:35
G:12
B:109

[象牙色]

#f8f4e6
R:248
G:244
B:230

 

色覚バリアフリー

基本的なデザインの考え方として「むやみやたらに色を多用しない」というのがあります。
詳しくは「配色について」でお伝えしていますが、使う色のうち「70%をメインの色または同系色」「25%を好みの合わせ色」「5%をメイン色の補色」としています。

色覚バリアフリーとは、「色に頼りすぎずシンプルに」「かつ洗練された」「色覚障害の方のことにも配慮する思いやりの心を育む」ために考えられた配色デザインです。

こちらにはこのページがタイプ別によって画像化したものを載せています。

P型|protanopia

赤い光を主に感じる錐体が無い、あるいは分光感度がずれている

D型|deuteranopia

緑の光を主に感じる錐体が無い、あるいは分光感度がずれている

T型|tritanopia

青い光を主に感じる錐体が無いため、青色付近の識別が困難

 

こちらを読んでくれたあなたの人生が色輝きますように。
ありがとうございました。

 

一ツ屋有美子@声優小説家
ここまでお読み下さり、ありがとうございます!!

ブログランキングに参加してます!

次のリンクをクリックして応援してもらえると嬉しいです。
よろしくお願いします(@゚∀`@)ノ

 



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。
このサイトはリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる