生きてくれて、ありがとう

私は自分が生きるテーマをそのまま小説に載せています。
自分の信念を伝えることが、教育であり、私の使命でもあるからです。

今回は、小説に登場するキャラクターの言葉をそのままお見せしますが、私の中のテーマ=人生の目的は「自分らしく、誇りをもって楽しく生きる」です。
これが根っこにあって、様々なキャラクター達が色んな場面に散りばめて発します。

参考引用

 

なりたい人間になるように行動する

なりたい姿になれるように動けばいい。
その瞬間、瞬間を切り取って、集めて形にする。
それが、お前自身だ。

──僕の初めては113秒。

少し話は変わりますが、人間関係も小説もビジネスも『自分の世界観や価値観を見せていく』ことがとても重要です。

こちらの作品で、頂いたご感想の中に「あとがきに書いてある『たくさん失敗して欲しい』という部分だけが気に入らない。失敗を成功につなげて欲しい、というようにしないと失敗をするだけして、後始末を人に押し付ける連中が多い。修正して欲しい」とありました。

私は、この方は「他人の失敗のフォローを多くさせられているのだろうな」「もしくは、自分が失敗した時は反省する人なんだな」と思いました。
ですので、それをそのままお返事して、あとがきを直すことはありませんでした。

というのも、失敗しても反省せず成長しない人たちは、私の書く小説は最後まで読まないと思っているからです。
自分の価値観と違うと感じた時、人はそこから離れます。興味を失います。ただ付き合いで最後まで読むことはあるかもしれません。
でも、そうでなければ途中で読むのをやめます。つまらないと判断するからです。

いくら自分が良くても、価値観が違えば合うことはありません。
ビジネスなら買ってもらえないし、小説なら読んでもらえません。
その差(価値観の違い)が大きければ大きいほど、価値観が合う人になら、めちゃくちゃ称賛されます。お得意様です。ファンになってもらえます。

今は、情報社会という個人が活躍できる、というか一人一人個性を発揮しないといけない時代になっておりますので、自分が大切にしていること=価値観を見せることは必須です。

では、続けますね。

 

当たり前のことなんてない。だから、生きてくれてありがとう

実は当たり前のことなんてないんだよね。
こうして私がせいと話せるのも、当たり前のことじゃない。
晟が生まれて、私が生まれて、色んなことをたくさんクリアしてきたからこそ、出会うことが出来て、今こうして話すことができる。

この世界もさ、昔の人達が作ってくれたからあるんだよね。色々な人達の想いが形になって、そして今がある。私達が当たり前のように毎日を過ごしてる。これって、絶対当たり前のことじゃないよね。皆どこかでつながってて、すごいことだと思う。そう考えると、私達が今を生きることにも、過去の経験も、死ぬことにだって意味はあるし、当たり前のことじゃない。

だからね、生きてくれてありがとう。

──玖堂有羽くどうゆば

インスタにアップした、「あなた」に向けてのメッセージにしたのはこちら

 

今を生きているのは“あなた”なのだ

晟は晟だよ。
今私の目の前にいて、ちゃんと向き合ってくれてるあなたが『樫倉晟かしくらせい』なんだよ。
確かに、過去があるから今の自分はいる。
だけど、過去は過去。そればかりに囚われてちゃダメだと思うの。
こうして私の話を聞いて、何かを感じて、何かを考えて……そうやって今を生きているのは、晟、あなただよ。

──玖堂有羽くどうゆば

 

大切なテーマだからこそ、ストーリーのクライマックスに載せることはしません。
日常の中にある『当たり前』と思えることにこそ、大切なことはたくさんある。そう思っているからです。

 

あれこれ考えている時は『無意識』なんだ

生きる目的やなりたいものを意識していれば、勝手に体は動くんだよ。
例えば、ヒーローのように人を助けるカッコいい人間になりたいと思っているとする。
で、目の前に溺れている子供がいたとしよう。
意識をもっていれば助ける。
でも、「自分も溺れたらどうしよう」「助けられなかったらどうしよう」と考えていたらどうなる?
そう。自分が子供を助けることは出来ない。
つまり、あれこれ考えている状態っていうのは、目的を見失ってるってことなんだ。無意識ってやつだな。
常に意識を向けていたら、考えずとも何をすればいいかわかるもんなんだよ。

いいか。
生きる意味なんて考えるもんじゃねーんだ。
創っていくもんなんだよ。

──樫倉紘人(かしくらひろと)主人公・晟の父

ちょっと意外に思うかもしれませんが、最近気付いたことです。
目的を意識していれば、行動に勝手に表れているなと。
あれこれ考えている時ほど、目的を見失っている=無意識な状態だと思うんです。

よく、「思考は現実化する」っていうけど、この時の「思考」というのは「なりたい自分や生きる目的を意識していること」で、あーだこーだ考えて動けない状態っていうのは「思考」しているのではなく、ただ無意識な状態なだけなんだろうなって。

目的を意識していると、自分が行動すること全てがそれにつながっていることがわかります。

 

最近、マインドフルネスの本を読んでいるから、こういう考えが浮かんでいるのかもしれませんw

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門
脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]――[脳科学×瞑想]聞くだけマインドフルネス入門
聞くだけで脳の疲れがとれるCDブック







橘右近をシェアで応援!!

おススメは「エックスサーバー

アクセスが早いので読者さんのストレスを軽減! 離脱を防げる!
安心のSSL化が無料
大量アクセスでもダウンしない! ちゃんと表示される!



ワードプレステーマなら「ストーク

初心者に優しい設定で、すぐに執筆にとりかかれる!
カスタマイズ方法がわからなくてもキレイなデザイン!
何もしなくても自動的にスマホ対応!!



ABOUTこの記事をかいた人

「生きる」と「愛」をテーマにし、言葉で世界を変える小説家。 役者経験を活かし、自分を見つめることで人生を豊かにさせる方法を伝えるマインドコーディネイター。私には高学歴はありません。高校は定時制でほぼ中卒です。昼間は声優学校に通ったりバイトをしてました。 ですが、そのおかげで邪魔なプライドがなく何でも挑戦します。 私にあるのは、ハングリー精神と自分を信じる勇気と誇りです。 【得意】 演技・人間観察・雰囲気読む・感覚を落とし込む・小説書く・サプライズ考える・男性を理解し応援する・難しいことをわかりやすく説明する