ノートに鉛筆を走らせていた玖堂有羽は一区切り付いた所で息をひとつ吐き、うんっと伸びをした。そのままの姿勢で時計を見上げると下校時刻はとうに過ぎている。
 驚いて窓の外を見ると辺りは薄闇に包まれていた。

「(根(こん)をつめていたわけじゃないんだけどな…。今日はもう帰ろっと)」

 机の上を片づけると退室する際にパチンと電気を消した。
 暗くなり始めている外へ出ると早足で校門へと向かう。少し遅くまでいたとはいえ、やはり夜の学校は長居したい場所ではない。
 門を出たところで
「有羽」
 名前を呼ばれた。振り向くと校門に寄りかかるようにして立っている男性の姿が目に写った。

「実春くん…どうしたの?こんな所で」

 驚きの表情で恋人である野田実春を見つめる。

「お前を待っていたんだよ」
「え?だって今日は遅くなるかもしれないから待ってなくてもいいって言ったよ?」

 彼女の返答に大きく溜め息を吐く。しかしこんな場所で立ち話をしていても仕方がないので帰ろうと促してから待っていた理由を明かした。

「有羽が心配なんだよ。一人で頑張ろうとするから。今日だって文化祭か何かの資料とやらを作っていたんだろう?」
「うん――。でも大した量じゃないからもうすぐ終わるし」
「大した量じゃない仕事をいくつも抱えていたら大量になるんじゃないのか?」

 そう言われてしまうと有羽は黙るしかなくなる。実際、細かい作業がまだ沢山残っていた。

「海白や神谷達も心配しているぞ。確かに生徒会の仕事は委員にしか出来ないだろうけど、他の人に手伝ってもらったって罰は当たらないと思うぞ」

 実春はそう言うが、有羽は小さな仕事で他人の手を煩わせたくなかった。そんな事を頼んだら相手が迷惑に思う気もするのだ。が、それを口にすることも出来ない有羽は「そうだね」と曖昧に頷くだけに留(とど)めた。
 その様子に野田実春は彼女の手を引くと道脇に寄せた。そして正面から有羽を見つめる。

「俺はお前が心配なんだ。他人に迷惑を掛けまいと自分一人で頑張って…。俺に言わせれば学校行事なんかよりも何十倍も有羽のほうが大切だ。文化祭が成功したってお前が身体を壊したら俺は生徒会を恨めしく思う。だから」

 身体が引き寄せられる。

「無理するな」

 耳元で囁かれる言葉に、玖堂有羽は他人との間に造っていた壁が崩れていくのを感じた。
 一度彼を強く抱き締めると、あっさり離れた有羽は実春に笑顔を向ける。

「ありがと。そうだよね、私が倒れちゃったりしたら結局皆(みんな)に迷惑が掛かるんだもんね」

 明日、皆に手伝ってもらえるか聞いてみるから。
 実春はそう言う彼女にホッとした表情になった。

「でも嬉しいな。実春くんにそんなに大切に想ってもらえているなんて思わなかった。あー、なんか幸せ」

 ほのかに顔を上気させながら歩き出した。その足取りは今にもスキップをしだしそうだ。
 有羽の身体を心配して、思わず本心を口にしてしまったがどうやらそれが良かったらしい。しかし照れもあってその事を素直に喜ぶことが出来ない。
 野田実春は苦笑を浮かべながら恋人の後ろをゆっくり歩いていった。

END

大切なこと|桜左近

 

橘右近をシェアで応援!!

Novel

99.7

音楽と共に選択肢によって進めるストーリー展開となっています。「アザナカミ」の世界観や主要キャラクターを知ってもらえればと思います

 

字守(旧ver.)

❚あなたの生きる意味は、必ずあるよ。

彼は残す、その力を、勇気を、智恵を。
私はつなぐ──その命を。

人の負の感情にとりつき、その感情を増殖させる『はく
実体はなく、精神を破壊するその存在は魔と呼ぶにふさわしかった。
魄にとりつかれた者は、感情を表す言葉を食われていき次第にその身を滅ぼしていった。
対して、その魔を浄化させる力を『おぼろ』と呼び、石を媒体として朧を操る人を『字守あざながみ』と呼んだ。

字守によって救われる人々。
しかし、人あらざるものの力──朧を使うことの代償は、同じく感情であった。
字守と魄。
相対する二つの力が、今ぶつかる──

 

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

短篇集

❚色んな感情を疑似体験しよう。

現代ファンタジー、恋愛、人間ドラマ、青春、シリアスなど、多岐にわたるジャンルの短編小説を掲載。

■先生!恋愛小説の書き方教えてください
小説を書いたことのない私でも書けた。自分を知るために。──浮気をテーマにした小説の書き方の小説。
1 / 2 / 3 / 4 / 5(完)

私は『悪』になる
悪というのは、常に笑っていて、常に自信満々だ。必要悪である彼もまた、自分の正義を楽しんでいた。

契りの果ては
籠女かごめの話

15個のカノジョ
僕たちは二人で一人の作家であり、クリエイターであり、エンターテイナーだ。僕らは時にぶつかり、時に融合し、最後に壊した

廃棄処分にして下さい。
私は欠陥品だった。だけど、私は幸せだった。

僕の初めては113秒。
「楽しくもなくつまらなくもなく生きて、意味あんの?」その一言が僕を変えた。ある日、男はそう僕に言った。そいつと出会ってから僕は、毎日の「初めて」を切り取るようになった。そして気付いてしまった。僕に生きる意味はあるのだろうかと──

R18作品目次
性描写、または暴力的なシーンがあるため、年齢制限をつけました。目次が認証画面となりますので、必ず確認をして下さい。本編を読むためにはパスワードが必要です。

君がいたから
失って初めて気付く、その存在の大切さと秘めた想い。人を愛するというのは、どういうことか?を描いた恋愛人間ドラマ。★とある出版社のコンクールに出品し、『準入選』を頂きました★

女という性、紅の血
高校が舞台の恋愛ストーリー。彼女のいる人を好きになった野中泉のなかいずみ。彼女の起こす行動に主人公の聡子さとこは血が騒ぐのを感じた。女性は何故『思い出』を作りたがるのか?その真相を描きました。

麗らかな恋の花
短編恋愛小説。ほのぼのとしています。人は自分に足りないものを補い合うために出会い、別れを繰り返す。その中で誰か、何かを愛する。

 

Len*Ren

❚甘いひとときに包まれたい

※長編小説【字守-アザナカミ-】のキャラクターのアナザーストーリーです
・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

インディーズ小説家。橘右近の相方=心の友です。ファン第一号