現代ファンタジー

僕の初めては113秒。

「またしようね」と、赤い唇が動いた。  そして制限時間ギリギリとなった彼女は、そそくさと部屋を出る。その後姿を見て僕は思った。  残念だけど、それはない。  僕の初めては終わってしまったから。   僕の初めては…