素敵な仲間達と迎えたクリスマス。こうして一緒に集まってパーティをするのは初めてのことだったが、昔からのイベントのように違和感なく懐かしい気分で一時を過ごした。

 帰宅の時刻となり一通りの片づけを終えると、晟(せい)は有羽(ゆば)に一緒に帰ろうと誘った。本当なら喜んでOKの返事をしたいところだったが、昼間の彩(あや)とのことが引っかかっていることと、途中まで親友と帰る約束しているため、ちらりと彩に視線を送った。
 彩はにこりと笑って先に帰ることを提案する。それならばと言葉に甘えて帰り支度をする有羽だったが、その間に晟と彩が何やら楽しげに話しているのを見て、何となく心に重さを感じた。

 晟の好きな人は彩ではないのだろうか?そして彩の好きな人は?
 聞きたくても聞けずにいた有羽は、もんもんとした気持ちを持ったまま歩く。彩になら聞くことができるのだが、もしその答えが自分の想い人と同じ名前だったならば、どう返事をしていいかわからない。その“もし”という可能性に対する答えが見つからないうちは、聞くに聞けなかった。言葉で何とか言い繕(つくろ)えたとしても、顔に出そうだ。

 そんなことを考えている内に何か問いかけられたらしく、晟が呼びかけるように自分の名前を口にしていた。

「あ、ごめん。今考え事してた」
「そっか。どこか具合悪いわけじゃないならいいんだ」
「そんなことないよ。楽しいもん」
「でも考え事してた?」
「あ……」
「冗談だよ」

 子供のように無邪気な笑顔を浮かべて、晟は有羽の手を握った。その突然のことに有羽は胸をときめかせるが、お構いなしに晟は手を引く。

「こっちから帰ろう」

 そう言って入ったのは広い公園だった。店からは電車を使わないと帰れないのだが、駅へと続く道の途中にあるとなれば、利用しない手はない。特にあることを伝えたい晟にとっては。

 クリスマスとあってなのか、公園内にはカップルの姿が多くあった。それでもジョギングをする人や散歩をしている人、ただの帰り道として利用している人の方が圧倒的に多い。
 私たちはどう見えるのかな?とふと疑問がわいた。もし恋人同士に見えたら嬉しいなぁと思ったところで、急に彩の顔が浮かんだ。

「そういえば、彩ちゃんにはもうプレゼントを渡したの?」
「え?あー……うん。何で?」
「別に大した意味はないんだけど」

 晟の答えを聞いてそう返事をした有羽だったが、この問いかけに意味はあった。プレゼントを渡したということは、やはりあの時──買い出しの時に偶然見かけた二人、特に──晟が買っていたプレゼントは、彩のためだということになるからだ。
 有羽はすっと晟の手を離し、肩にかけていた鞄をかけ直す仕草をとり、そのまま取っ手部分を握りしめていた。

「彩ちゃんてさ、本当に素敵な人だよね。優しいし、面白いところもあって、一緒にいるとすっごく楽しいし。何より私の良き理解者ってところがすごいな」

 あははと笑って、有羽は冗談交じりに言った。けれど、本心では違う。それは次の言葉にはっきりと出ていた。

「実はね、彩ちゃんに憧れてるんだ。ああいう人になりたいなぁって。友達になってもらって、すごく感謝してるの。彩ちゃんにはたくさん幸せになってもらいたいな」
「そうだな。俺も彩には幸せになってもらいたい」

 それは晟の本心であることが痛いほど伝わり、有羽はくすりと笑って言った。

「だったら、彩ちゃんを泣かせるようなことしちゃダメだよ?」
「え?」
「晟なら大丈夫だと思うけどね。ホント、晟と彩ちゃんを見てると羨ましいって思っちゃうくらいお似合いだし。たまに彩ちゃんと代われたらいいのになぁって思うときがある……」

 そこまで言って息をのむ有羽。思わず足も止まってしまった。
 自分の言っていることに晟への想いが入っていると気付き、慌てて訂正する。

「あ、いや、彩ちゃんと代わりたいっていうのは、私もそういう素敵な恋人が欲しいっていうか、いつか好きな人とそうなりたいっていうか、理想のカップルっていいなーって思ってて」

 何だか言っていて自分でも訳がわからなくなってきた。それでも何とか言葉をつなげようとする有羽に、晟は困ったように頭をかき、話を遮(さえぎ)った。

「あのさ、ちょっと話が見えないんだけど……それって俺がふられたことになるのかな?」
「え?」
「有羽は、先輩と俺にうまくいってもらいたいの?」

 その質問には言葉をつまらせた。本音をいえば『自分とうまくいって欲しい』のだから。でも、彩も晟もどちらも大切だ。有羽は喉の奥からしぼるようにして声を出す。

「それはもちろんだよ。二人とも大切な人たちだし、幸せになってもらいたい」
「──俺が幸せになるなら、有羽じゃなきゃ駄目なんだ」

 少しの間をおいて言った晟の言葉に、有羽は自分の耳を疑った。今のは一体どういうことなのだろう?
 晟は穏やかに微笑んでいて、おもむろに取り出した小さな紙袋を有羽の前へと差し出す。その紙袋はあのアクセサリー店のものだ。しかもクリスマス用に綺麗にラッピングされている。

「これ買うのに一人じゃ恥ずかしくってさ。有羽の好みを聞くためにも先輩に付き合ってもらったんだ。先輩へのプレゼントはそのお礼だよ」

 照れくさそうな顔で話す晟を、有羽は未だに驚いた顔で見つめていた。

「クリスマスプレゼント、受け取ってもらえないかな?」
「い、いいの?」
「もちろん。有羽のために買ったんだよ」

 有羽は両手でそれを受け取り、大事そうに胸に抱いた。そして一言「ありがとう」とお礼を述べる。
 しばらくそのままの格好でいる有羽に、どうしたのか声をかけようとした時、有羽の方から呟くように口を開いた。

「どうしよう……すごく嬉しくて、どうしたらいいかわからない」

そう言った有羽は涙声だった。晟は込み上がる愛しさを抑えきれず、そっと有羽を抱きしめた。

「もう一回聞いていい?彩先輩と俺にうまくいってもらいたい?」
「……祝福したい気持ちに嘘はないよ。でも本当は、私が晟の好きな人になりたいと思ってた」
「よかった」

晟は心底ほっとしたように言い、その気持ちを表すように有羽を抱きしめる腕に力を込めた。

「あのね、私も晟にプレゼント用意してあるんだ。受け取ってくれる?」
「え?でもプレゼントはもう貰ってるよ?」
「うん。あれは感謝の気持ちとして皆にプレゼントしたものだから。中身だって食べ物だったでしょ?」

 確かに、パーティの最中に有羽からもらったプレゼントは一律して手作りのカップケーキだった。しかももう既に食べてしまっている。
 有羽は恥ずかしそうに手にしていた袋からプレゼントを取り出し晟へと渡す。それは、有羽の想いが込められた暖かいマフラーだった。

「もう渡せないかなーと思ってたけど……よかった」

ふわりと首にかけられ、晟はその温もりに頬を埋めた。今度は晟が黙り込んで俯いてしまう。有羽はそんな晟の顔を覗き込むようにして声をかけた。

「どうしたの?晟」
「いや、なんか、有羽の気持ちがわかったっていうか……嬉しくてどうしていいかわからない」
「あはは。同じだね」

 恥ずかしさと照れくささから、二人は声に出して笑う。そして、どちらかともなく手をつないだ。

 本当のプレゼントは、この世に生を受け、出逢えたことかもしれない───そんなことを思った。
 お互いの考えが伝わったのか、二人は顔を見合わせくすりと笑う。そして同時に同じ言葉を告げた。

「メリークリスマス」

END

prologue
彩と実春編
彩と聖編

 

橘右近をシェアで応援!!

Novel

99.7

音楽と共に選択肢によって進めるストーリー展開となっています。「アザナカミ」の世界観や主要キャラクターを知ってもらえればと思います

 

字守(旧ver.)

❚あなたの生きる意味は、必ずあるよ。

彼は残す、その力を、勇気を、智恵を。
私はつなぐ──その命を。

人の負の感情にとりつき、その感情を増殖させる『はく
実体はなく、精神を破壊するその存在は魔と呼ぶにふさわしかった。
魄にとりつかれた者は、感情を表す言葉を食われていき次第にその身を滅ぼしていった。
対して、その魔を浄化させる力を『おぼろ』と呼び、石を媒体として朧を操る人を『字守あざながみ』と呼んだ。

字守によって救われる人々。
しかし、人あらざるものの力──朧を使うことの代償は、同じく感情であった。
字守と魄。
相対する二つの力が、今ぶつかる──

 

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

短篇集

❚色んな感情を疑似体験しよう。

現代ファンタジー、恋愛、人間ドラマ、青春、シリアスなど、多岐にわたるジャンルの短編小説を掲載。

■先生!恋愛小説の書き方教えてください
小説を書いたことのない私でも書けた。自分を知るために。──浮気をテーマにした小説の書き方の小説。
1 / 2 / 3 / 4 / 5(完)

私は『悪』になる
悪というのは、常に笑っていて、常に自信満々だ。必要悪である彼もまた、自分の正義を楽しんでいた。

契りの果ては
籠女かごめの話

15個のカノジョ
僕たちは二人で一人の作家であり、クリエイターであり、エンターテイナーだ。僕らは時にぶつかり、時に融合し、最後に壊した

廃棄処分にして下さい。
私は欠陥品だった。だけど、私は幸せだった。

僕の初めては113秒。
「楽しくもなくつまらなくもなく生きて、意味あんの?」その一言が僕を変えた。ある日、男はそう僕に言った。そいつと出会ってから僕は、毎日の「初めて」を切り取るようになった。そして気付いてしまった。僕に生きる意味はあるのだろうかと──

R18作品目次
性描写、または暴力的なシーンがあるため、年齢制限をつけました。目次が認証画面となりますので、必ず確認をして下さい。本編を読むためにはパスワードが必要です。

君がいたから
失って初めて気付く、その存在の大切さと秘めた想い。人を愛するというのは、どういうことか?を描いた恋愛人間ドラマ。★とある出版社のコンクールに出品し、『準入選』を頂きました★

女という性、紅の血
高校が舞台の恋愛ストーリー。彼女のいる人を好きになった野中泉のなかいずみ。彼女の起こす行動に主人公の聡子さとこは血が騒ぐのを感じた。女性は何故『思い出』を作りたがるのか?その真相を描きました。

麗らかな恋の花
短編恋愛小説。ほのぼのとしています。人は自分に足りないものを補い合うために出会い、別れを繰り返す。その中で誰か、何かを愛する。

 

Len*Ren

❚甘いひとときに包まれたい

※長編小説【字守-アザナカミ-】のキャラクターのアナザーストーリーです
・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です