ハァ…。
 玖堂有羽(くどう ゆば)は柵に寄りかかり、ぼんやりと飾り立てられたイルミネーションを眺めていた。
 本当なら恋人と一緒に楽しむはずだったのに。
 最初は小さな擦れ違いだった。
 それを修復できないままズレは大きくなり、喧嘩にまで発展してしまった。それがつい先日のこと。
 大きく吐いた溜め息は、真っ白な塊のように吐き出された。しかしそれはすぐに解(ほど)けて闇に溶け込んでしまう。
 心のわだかまりもこんなふうに消えればいいのにな。
 通りに目を移すと幸せそうな恋人達が笑顔で歩いている。それが一層有羽を空しくさせた。
 私、何やってるんだろ…。
 こんな関係になる前に彼と約束をしていた。

『クリスマスはイルミネーションを見に行こうね』

 毎年鮮やかな光の芸術を楽しませてくれる、この辺りではちょっと有名な通りを歩こうと指切りをしたのだ。

『約束だよ』

 やくそく、か。
 小指を見つめて、また息を吐く。
 果たせないままに今日が終わる。
 あんな喧嘩をしたんだもん、来てくれるわけないよね。
 それどころか約束自体覚えていないだろう。3ヶ月も前の事なのだから。

「このまま終わっちゃうのかな、私達…」

 ぽつりと呟く。
 俯(うつむ)く有羽の耳に声が飛び込んできた。

「有羽、こっちにいたのか」

 顔を上げると肩で息をしている男性がいた。野田実春(のだ みはる)、喧嘩した相手だ。

「実春くん──」

 言葉が続かない。

「向こうばかり探していたから遅くなったけど。これ、クリスマスプレゼント」

 ごめんな。喧嘩のことを謝りながら紙袋を差し出す。
 飛びつくようにして実春を抱き締める。

「ねえ、私のことどう思ってる?」

 短く驚いたような声を漏らすと有羽を強く抱き締め、想いを耳元で囁く。
 その甘い響きに彼の身体に回した手に力を込める。

「私の方こそゴメンね。意地ばっかり張って、謝ることも出来なくて…。今日つくづく思ったの。私も同じ気持ち。実春くんのことが――」

 大好きだよ。

END

好きだよ。|桜左近

 




橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

インディーズ小説家。橘右近の相方=心の友です。ファン第一号