色んなSNSをやるのは自分の容量の限界だし、使える時間が減る。

自分が運営していたFacebookグループも含め、人様のグループもやめ、有名どこのSNS離れしてた半年間は、執筆(小説ブログ)やらnoteを毎日というほど更新してて、面白いつながりがあった。
再び力試しにグループに戻ったら、それはそれで楽しく、いい友達もできたけど、肝心の執筆は止まった。

いいとこも悪いとこもあるけど、どうしてもTwitterはビジネスの宣伝ツールに思えてしまい、Facebookは思考が偏りがちになる。
同じような広告を見て、友達が一年前と似たようなことを投稿している。過去に戻ってしまったようだ。
インスタは気楽で趣味にもできるけど、やっぱり写真やイラストを載せないのはなんだかなー?という気にもなる。

noteは流行りだしたかな?くらいに始めたけど、ブロガーの間でnoteを頑張るくらいなら、自分のブログを書いた方がいいと言われ、アメブロのような位置付けになった。
(いわゆる、無料ブログをやるようなら独自ドメインを取って~という位置付けになったということ)

有名ブロガーが始めたら勝てないみたいなことになって、競争意識の高かった私はせっかく続けてたアカウントも消してしまった。
(ちなみに、そういう風潮になったブログのコミュニティが悪かったのではなく、私が自分の直感──noteは自分にとって楽しみになるということを信じなかったのが悪いんです)

でも、何かが違う。
前みたいにnoteを使おう。
書きたい時に書いて、書きたくなければ書かない。
義務にはしない。

誰かが読んで、スキをしてくれるのはもちろん嬉しいけど、スキが欲しいから書くのではない。

きっと私は、皆でワイワイ楽しくするというのが苦手なのかもしれない。
人見知りはしないし、それなりに場を盛り上げることもできるけど、オンラインで交流会に参加するくらいなら、一人の世界に浸ってニヤニヤしていたい。
自分の頭の中の世界をこねくり回す方が楽しいと思ってしまう。

1月いっぱいまでFacebookグループにいるつもりだったけど、そろそろ潮時かもしれない。
中途半端に自分をイメージ付かせる(ポジショニング?)くらいなら、やめた方がいい。
疲れるし、集中力に欠ける。
反省してSNSからまた離れよう。

そして。

さあ、やりたいことやろう。




Protect Characters―アザナカミ―|season1|目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:リーズという存在 / SCENE11:賭け / SCENE12:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE13:出発前 / SCENE14:出迎えた者は? / SCENE15:かわいい天使 / SCENE16:未知なる体験 / SCENE17:流天vs字守 / SCENE18:鬼の血



橘右近をシェアで応援!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

役者経験を活かし、自分を見つめることで人生を豊かにさせる方法を伝えるヒューマンディレクター。 「生きる」と「愛」をテーマにした小説を書くインディーズ作家でもある。 webデザインで色んな人のビジネスに関わり、自分の世界観を広げ、子供たちが楽しくビジネスを学ぶ学校を作るのが夢。