男性に対しては状況判断できることや事実、理などを書いてあげると楽しめる



昨日書いた「なぜ男性は女性の描くライトノベルが苦手なのか?」に、その『答え』を書くのをうっかり忘れてしまったので、こちらに書きます。

私なりの答えは、男性にとって『感情』というものはあやふやで不確かなものでしかないからです。
女性にとっては『絶対・信じられるもの』ですので、ここからもう違うんですよね。

縦社会が成り立ち、体力的にも試練としても非常に厳しい男性社会で生き抜くためには、感情や感覚を鈍くさせる必要があるんです。

怖いから狩り(仕事)はしませんと言っていたら、食べていけなくなります。怖くても相手が強くても、獲物をゲットしないと自分も家族も仲間も死ぬとわかっていたら戦うのが男性です。だから「怖い」という『感覚』を鈍くさせる必要があります。(一例です)

反対に、いかにその獲物をゲットできるか?を考える能力が高いため、状況判断できるもの、どういう立場でどんな行動に出ているのか、結果・事実・因果関係(=理由)などを描くと男性にも想像しやすく、また楽しめるようになります。

 

女性の書く作品・小説(主にライトノベル)が男性にうけないのは、感情の流れでほぼ描かれているから。
つまり、男性にとっての「あやふやなもの(主人公の感情の流れ)」で描かれているので、「なんだこりゃ」ってなっちゃうんですね。
あとは女性の感覚の幅が広すぎて、捉えきれない感情や感覚というものが男性には存在します。

例えば「寒い」に違いがあるとして、その違いを表現する時。

女性は

「寒いってもんじゃないわよ!わかる?エアコンの効きすぎた社内みたいな寒さじゃなくて、-30℃の冷凍庫の中にいるような寒さなの」
と、『感覚』を同じ種類の『感覚』で説明しようとします。
感覚の幅の広い女性同士なら「わかる」となりますが、男性に対しての説明だとしたら相手は困ってしまいます。

男性に伝えるとしたら

「寒いは寒いでも、殴られたような衝撃を受ける強い風が吹いていた。冷気の塊が全身にぶつかってきているようだったよ」
とすると、その寒さの度合いが違うんだなと理解できます。

 

なので、私が小説を書く時は読者さんや主人公の性別をかなり意識しています。

女性にできるだけ共感してもらいたい(または女性主人公)なら、感情の流れをうまく見せるし、男性にできるだけ認めてもらいたい(または男性主人公)なら、『理《ことわり》』や事実の描写をわかりやすく詳しく書きます。

 




橘右近をシェアで応援!!

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

役者スキルを使って男女の恋愛意識の違いを文章で表現。楽しい世の中になるように、文字で男性のカッコよさを伝えることを使命とするインディーズ小説家。男性からも褒められる男脳をもつママブロガーでもある。バナナガールの姿では下ネタしか話さないので注意。