[下ネタ注意!]声優学校の先生が放った一言で、逆セクハラをしてしまった私

 


この記事を書いている人 - WRITER -
変態的な情熱と視点で演技を語る、声優ブロガー。 スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。

どうも!サラッと爽やかに下ネタを提供します、シモーネ橘です。

今回は、クラスメートの男子諸君に、気付かぬうちに痴漢行為をしてしまったというお話です。

 

代々木アニメーション学院に通っていた頃なので、私はピチピチのJK15歳。

周りは高校卒業した18~19歳のお兄さんお姉さんが多い中、私は気楽な妹の立場としてやりたい放題・言いたい放題の毎日でした。

・・・言いたい放題なのは、今も昔も変わってないかw

 

まあ、そこでですね「男性を演じるなら」ということで、当時の男の先生が衝撃的な一言を放ったわけです。

それで私はセクハラをしてしまったという・・・。

 

では、本編スタートゥ。

先生が放った、衝撃の一言

早速言っちゃいますけど、これです。

 

「男を演じるなら、常に股間を意識しろ!」

え!!∑(*゚o゚*)!

ええっ!?∑(゚o゚* )!!

 

そんなんで、いーんスか?

マジですか!?

 

「男の考えてることの90%がエロいのは、常に意識がここにあるからだ!!」

 

勉強になります!!先生!!

 

ふむふむと学んでいる間、

→男子、頷く
→女子、露骨に嫌な顔をするか、キャーキャー言ってる

 

→男子、頷く
→女子、キャーキャー
→私、アホ面で男子達の股間を見つめる(・。・。)ジー

 

→男子、気付く
→女子、変わらず
→私、観察を続ける(・。・。)ジー

 

→男子、ソワソワし始める
→私、熱い視線を送り続ける(・。・。)ジー

 

「見るなよ!」

Σ(゚д゚;)!?

我に返る私(笑)

 

いやー、あの時は男の事情に気付かず、がん見してすみません(笑)

しかも「いいじゃん、減るもんじゃないし」っていう、

もはや痴漢としか思えない発言をして、ホントにすみません(笑)

 

・・・・・・

 

いやでも今思ったけど、私じゃなくて、先生がセクハラですよね?

あの時の先生の勢いは潔かった・・・アデュー、名前も顔も忘れてしまった先生。

 

といったところで、今回はおしまい!

おそ松さまでしたヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
変態的な情熱と視点で演技を語る、声優ブロガー。 スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。