それは、ふと思ったことだった。本当に、何を考えていたわけでもなく、言葉にして思い浮かべていたわけでもなく、不意に口から零れ落ちていった──そんな感覚だった。

「有羽たちは彼に浮気されたらどうする?」

 突然の質問に二人は顔を見合わせるが、嫌な顔一つせずに少しだけそのことについて頭を巡らせていた。先に彩ちゃんが答える。

「想像でしかないけど、許せないと思うわ。別れるかどうかはわからないわね」
「だよね。よかったー。彩ちゃんも一緒で」

 その答えにどことなくほっとした。有羽は驚いたように「へー」と言い、「彩ちゃんをまた一つ知れて嬉しい」と冗談なのか怪し気な発言も残した。

「有羽は?」
「私は、どうもしない」
「何それ」

 相変わらず謎よね。有羽らしいっちゃらしいけど。

「なんていうんだろ? 浮気ってさ、彼とその相手だけの問題じゃないと思うんだよね。私にも原因はあるだろうし……うーん。逆にさ、もし本当に性欲発散のためだとしたら相手に同情するかも。かわいそうじゃない?」
「は!? そこで相手に同情しちゃうの?」

 予想外のことに顎が外れそうになる。有羽は続けて。

「だって、外食したくなる時もあるんじゃない? そうだとしたら、その外食先に選ばれちゃった方が嫌だもん」
「いやいやいやいや。それは嫌だけど。えー」
「えー? 浮気するかな? 全然想像できないんだけど」
「それだけ信頼してるってことじゃないかしら? 二人の関係って憧れるもの」

 彩ちゃんのフォローに照れくさそうにしながら喜ぶ有羽。いや、それはわかるけど、有羽のこの発言はいかがなものかと思う。

「どうもしないって、どういうこと? 許せるってこと?」
「多分、許せるよ。どうもしないっていうのは、本当にどうもしない。問い詰めたりもしないし、誰にも相談しないと思う」
「誰にも? 私達にも?」
「うん。ごめん。あ、でも信用してないとかそういうんじゃなくて、うーん、浮気するにも何かしら理由があると思うんだよね。必要なら彼から話してくれるだろうし。でもそれをしないってことは、話せない理由もあるんだよ、きっと」
「嫌われたくないとか、バレて仕事に支障を来たしたくないからじゃない? 罪悪感があるとか別れたくないとか」

 思いつく理由をいくつかあげても、有羽は笑って「そうだとしても、何もしないよ」と答えた。

「彼が庇いたい何かがあるのに、それを私が壊してもいいってことにはならないから。秘密は言葉にして外に出した時点で秘密じゃなくなると思ってる」
「えー……それじゃツラくない?」
「多分ね。でも大丈夫な気がする。一人でふらっと出かけちゃうかもだけど」

「そうだとしたら絶対探しに行くから」と、仮定でしかない話なのに妙に心配になってそう口にした。有羽は明るく笑って「ありがと」とだけ返す。

「はー、長いこと付き合ってきたけど、今ほど有羽がわからなくなったことはないわー」
「ふふふ。まだまだですね、里紗さん」
「私なんて二人で食事も嫌だけど……えー……許容範囲狭すぎ?」
「いやいや、私だって嫌だよ? ただまあ、理解は出来るって話。どうしたって、男性は自分の遺伝子残そうって思ったら、多くの女性に自分の子供を産んでもらう方が効率がいいじゃない? 本能として既に浮気するようになってるんだろうなって。それに、これは私の考えであって、だから浮気を許せって話じゃないもん。里紗は里紗で許せないっていうのでいいんだよ。そっちの方が女の子っぽいし」
「確かに。感情的に見えるしね」

「でも」と続けて彩ちゃんは言った。

「有羽は有羽でなぜ許せるのかっていうのはあるでしょ? 浮気じゃなかったら許せないとか」

 それについては先程よりも深く長く唸りながら考え込んでいた。彩ちゃんの鋭いつっこみに「極論になっちゃうけどいい?」と断って、有羽は話す。

「私さ、小説を書く理由でも言ったけど、自分の経験や尊敬する人たちの考えとかすごいなって思うことを残しておきたいんだよね。つなげていきたいっていうか。その人が大事にしていることなら、もっと多くの人に知ってもらいたいって思うし、大切にしている人がいるなら自分も大切にしようって思う。経験だって、たとえそれが自分にとってツラいことでも苦しいことでも、自分には必要なことなんだろうし、きっと誰かの役に立つと信じてる。だから結局、浮気だろうがなんだろうが関係なく受け入れられそうな気がするんだよね」

 返す言葉が見つからなかった。何、この子。もう神の域だわ。
 正直、そんな風に考えられる有羽が羨ましかった。けれども、同時に友達でいてくれるありがたさを痛感する。

「なるほどね。だから有羽は浮気が許せるんだわ」
「でも、実際はわからないけどね。それに、許せない状態って私は続けられないんだ。自分でも他人でもさ、ずっと責めてても一歩も前に進めないもん。私は苦しいの嫌だし、じっとしていられないタイプだから、許せないでいるっていうのができないだけかも」
「そうだとしても、よ。素敵だわ」
「いやー。あと、私は自分に甘いってこともあるんだと思うよ」

 それはないでしょ。どこが甘いのよ。
 そう言おうとして、口を閉ざした。後に続いた言葉が、その動きを止めてしまったのだ。
 有羽は言った。

「浮気しやすそうな人を選んだのは自分なんだからって」

 

 

 
 




橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

言葉で傷つくこともあれば、救われることもある。言葉の力を信じて、文字だけで伝える「小説」で人生をプラスに変えることを使命とするインディーズ小説家。※画像は恋愛ファンタジー小説【アザナカミ】のヒロイン、玖堂有羽です