結局、玲音れのんからはっきりとした答えを聞くことはできなかった。はっきりとしたというより、俺が期待したといった方が正しいか。玲音の出した答えは「今のこの関係は楽しいと思ってる」という、グレー色極まりないものだった。
つまり何だよ。本当に付き合う気はないけど、この関係は続けたいってことか。

「むかつく」

 思わずそう口に出た。それを言われた昼のことを思い出していたからだけじゃない。玲音がゲーム部の連中と何やら楽しげに話している姿を目の当たりにしたからだ。

「お前、何でこんなレアなもんばっか持ってるんだよ」
「いやー、バイト先の人にもらったんだけど、食べる勇気がなくて」
「俺たちは毒味役か──て、片瀬」

 玲音の前にいた男子──おそらく貴篠きしのという奴──が俺の存在に気付き、それを伝える。くるりと振り返った玲音は不思議そうな顔をしながら近寄ってきた。

「あれ?今日バイトじゃなかったっけ?」
「もう行く。けど、ちょっといい?」

 本当は声をかけるつもりなんて全然なかった。ここに寄るつもりも全然なかった。ただ何となく足が向かってしまったから、ちょっと顔見て帰ろうと思った。でも楽しそうに話してる姿と、こっちに小走りしてくる玲音の姿を見たら口が勝手に言葉を吐き出していた。
 だから、本当にこんなことを言うつもりはなかったんだ。

「あんまり他の男と仲良くすんなよ」

 それを聞いた瞬間、玲音の表情は強ばった。そして顔を歪めたまま視線を逸らし、ぎゅっと口を結んだ。
 嫌な空気が俺たちの周りを包み込むと同時に玲音がぼそりと声を漏らす。

「そういうのウザい」
「ウザッ!?」
「だって、別に普通に部活動してるだけじゃない。何でそんなこと言われなきゃならないの?」

 半分泣きそうな顔をして玲音は言う。

「だから……!」

 何とか言葉をつなげようと頭をフル回転させるが、それよりも玲音の方が早く、再度口を開いた。

「私はナオヤが他の子と遊びに行ったっていいと思ってるよ」

 まるで鈍器で頭を殴られたような衝撃だった。俺は小さく聞き返すことしか出来ずに玲音を見つめる。

「確かに、いくらフリとは言え、そのまま親睦を深めましたってなったら、ふざけんなってなる。だったらその子とフリでも本当でも、付き合えばいいのにって思うから。でも、私がしてることってそうじゃないでしょ?」
「……俺が他の奴と遊んでてもいいのか?」

 もう一度確認のために聞き返した。

「いいよ。ヤんなきゃ」
「何で……?」

 もう一度。

「私の考え方だけかもしれないけど、今のナオヤがいるのって、周りの人たちの影響が何かしらあってのことだと思ってる。私だってそう。私に今まで関わってきた人たちの影響って大きいと思うの。それから切り離すようなことして、悪い方向に自分が変わっていくのは嫌。──あのね、私、今の部活楽しいの。好きなこと思い切りやれてすごく嬉しい。だから、私からその楽しさを奪わないで欲しいの。私もナオヤが楽しいって思うことは否定しないよ?」

 懇願するかのような口調に、さらに戸惑いが増した。頭の中がうまく整理できず、思ったことを口に出してしまう。

「違うだろ。……いや、言ってることはわかる。でも、なんか違うだろ、それ。俺──そんな難しいこと言ってるか?」
「え?」
「俺が他の奴と仲良くしてもいいってことはさ、つまり──お前にとって俺は、その程度だってことなんだろ?」

 ヤバい。もう答え出てるじゃねーか。しかも自分で答え出すなんて、笑える。いや、笑えねーか。

「ちが……違うよ!そういう意味じゃなくて……ごめん、深読みしたっていうか、部活やめろって言ってるのかと思って……」
「悪い。もう、バイト遅れる」

 そんなことを口実に、俺はその場から逃げ出した。

──玖堂有羽くどうゆば著「初恋」

「はー、おもしろかった。特にこのシーン好きなんだよね。ね、何で続き書かないの?」

 新緑が楽しそうに風に揺れる温かい日だった。定期的に行われるあやちゃんと有羽の「言葉の補習講義」が終わり、手が空いていた私はここぞとばかりに有羽の書いた小説を読んでそう感想をもらした。

 有羽は彩ちゃんとの改善会議という名の反省会を終えたのか、私に視線を向けた後、唇に指を押し当てて考える仕草をとった。

「うーん……なんていうか、その話、付き合うにしても付き合わないにしても、続きが書けなくなっちゃったんだよね」

 

 
 
 

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






メインカテゴリーの小説目次です

字守-アザナカミ-

❚あなたの生きる意味は、必ずあるよ。

彼は残す、その力を、勇気を、智恵を。
私はつなぐ──その命を。

人の負の感情にとりつき、その感情を増殖させる『はく
実体はなく、精神を破壊するその存在は魔と呼ぶにふさわしかった。
魄にとりつかれた者は、感情を表す言葉を食われていき次第にその身を滅ぼしていった。
対して、その魔を浄化させる力を『おぼろ』と呼び、石を媒体として朧を操る人を『字守あざながみ』と呼んだ。

字守によって救われる人々。
しかし、人あらざるものの力──朧を使うことの代償は、同じく感情であった。
字守と魄。
相対する二つの力が、今ぶつかる──

 

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

短篇集

❚色んな感情を疑似体験しよう。

現代ファンタジー、恋愛、人間ドラマ、青春、シリアスなど、多岐にわたるジャンルの短編小説を掲載。

■先生!恋愛小説の書き方教えてください
小説を書いたことのない私でも書けた。自分を知るために。──浮気をテーマにした小説の書き方の小説。
 1 / 2 / 3 / 4 / 5(完)

私は『悪』になる
悪というのは、常に笑っていて、常に自信満々だ。必要悪である彼もまた、自分の正義を楽しんでいた。

契りの果ては
籠女かごめの話

15個のカノジョ
僕たちは二人で一人の作家であり、クリエイターであり、エンターテイナーだ。僕らは時にぶつかり、時に融合し、最後に壊した

廃棄処分にして下さい。
私は欠陥品だった。だけど、私は幸せだった。

僕の初めては113秒。
「楽しくもなくつまらなくもなく生きて、意味あんの?」その一言が僕を変えた。ある日、男はそう僕に言った。そいつと出会ってから僕は、毎日の「初めて」を切り取るようになった。そして気付いてしまった。僕に生きる意味はあるのだろうかと──

R18作品目次
性描写、または暴力的なシーンがあるため、年齢制限をつけました。目次が認証画面となりますので、必ず確認をして下さい。本編を読むためにはパスワードが必要です。

君がいたから
失って初めて気付く、その存在の大切さと秘めた想い。人を愛するというのは、どういうことか?を描いた恋愛人間ドラマ。★とある出版社のコンクールに出品し、『準入選』を頂きました★

女という性、紅の血
高校が舞台の恋愛ストーリー。彼女のいる人を好きになった野中泉のなかいずみ。彼女の起こす行動に主人公の聡子さとこは血が騒ぐのを感じた。女性は何故『思い出』を作りたがるのか?その真相を描きました。

麗らかな恋の花
短編恋愛小説。ほのぼのとしています。人は自分に足りないものを補い合うために出会い、別れを繰り返す。その中で誰か、何かを愛する。

 

Len*Ren

❚甘いひとときに包まれたい

※長編小説【字守-アザナカミ-】のキャラクターのアナザーストーリーです
・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

サブカテゴリー。おもしろく、下ネタを多めにしたビジネス・恋愛・子育てコラムを中心に、ライフスタイルを載せています。

 

おもシモ!コラム

初心者向け小説の書き方|ノベルのヒント
執筆ツール「Nola」の体験記
これを読めば、あなたも楽しく小説が書けるようになる!

 

アネゴの激励|ビジネス
ビジネスは、人とのコミュニケーション。
仕事が、自分とのコミュニケーション。

 

男は浮気をしてなんぼのもの|恋愛
全力でふざけた内容で笑いをお届けする恋愛エッセイです。
下ネタをクソ真面目に考察したり、もっともらしく話したりします。

 

アクト・トレーニング・クラブ
今後、ボイスノベルを制作するにあたり、使った機種やお役立ち情報、培ってきた演技についてを熱く語ります。

 

放牧系育児でいいじゃない|子育て・教育
ママが笑顔でいることが、一番の教育にいいと本気で思ってます。

 

集客ブログの作り方
ブログもSNS。
苦しくならないようにアクセスアップを狙いましょう。

 

ライフスタイル
雑記というなの日記モドキ

 

サトリゴト
その時の気付きやらなにやら。男女について|親子関係|ショートエッセイ|200文字

 

Gallery(イラスト)
色鉛筆やパステルでの着色が好きなので、アナログ作品が多いです。
デジタルを使いこなしたい……(*’ω’*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web小説家。役者スキルを使って男女の恋愛意識の違いを文章で表現。楽しい世の中になるように男性を理解し、小説でそのカッコよさをアピールします。 /戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana