家の留守を丸一日預かる。
 そういったことは、家族と暮らしていてたまに起こることだろう。それは伊藤智孝にも言えたことであり、彼は妹と二人で二日間を過ごすことになった。
 しかしこの妹、兄に家事をやらせるどころか、揉め事の種を蒔き散らかし困った顔を見るのが好きという変な趣味を持っていた。
「有羽、面白いゲーム買ったの。一緒に遊ばない?」そう言って智孝の彼女を招き入れたのだった。

 昼前から部屋にこもったきりだった有羽たちだが、智孝が夕飯の仕度をし始めた頃、有羽だけが台所に顔を出した。

「兄ちゃん、何か手伝うことない?」
「んー、特にないな」

 少し考えて智孝が答えると、有羽は残念そうな声を上げながらおずおずと近寄った。そして調理中である鍋を覗く。

「あ、これにお酒入れるとおいしくなるよ。入れた?」
「いや。じゃあ入れるか。確かその下の戸棚にあるはずだけど」
「ここ?えーっと」

 屈みながら戸棚を開けちらりと中を探るも、一見してはどこだかわからない有羽。その旨を伝えると、隣からひょいと智孝が顔を覗かせる。

「その奥にあるのがそう」
「あ!これだね。はい」

 料理酒を手に顔を上げると、智孝の顔との距離に有羽は胸を一つ高鳴らせた。そして渡そうとしてた酒を一旦自らの膝の上へ乗せ、目を閉じる。

「ん」

 それがキスをして欲しいという合図であることに一瞬驚いたものの、智孝は先程の有羽と同じ言葉で頷き、唇を軽くのせる。
 照れ隠しから有羽が目を開けると同時に料理酒を取り、立ち上がる。顔を向けようとしない智孝に寄り添って、有羽はくすくすと笑いを零した。
 それから数分後。有羽は少し不安そうな、緊張を含んだ口調で智孝を呼びかけた。

「もし、あと数時間で私ともう二度と会えなくなるとわかってたら──キスで終わったりしないよね?」

 それに対し、智孝が吹き出したのは言うまでもないだろう。

「どっからそういう考えが浮かぶんだ?」
「例え話だよ。ね、兄ちゃんならどうする?」
「どうって……時と場合によるだろ」
「う~ん、例えばこれから戦地へ赴かなきゃならなかったりとか、相手の身代わりとなって命を落とすとか」
「おーまーえー。それ、思いっきりゲームの影響だろ?里美の奴、変なことばっかり教えるんだから」

 ずばり的中した智孝の指摘に有羽は息を呑む。
 確かに、智孝の妹である里美と、つい先程まで遊んでいたテレビゲームの影響は強く受けていた。でも、有羽にとってそれはきっかけでしかなかった。

 幼い頃からずっと一緒に過ごしてきたとはいえ、一応お互いの気持ちが通じた恋人同士なのだ。しかもそうなってからどのくらいの時が経っただろうか?
 有羽は智孝ともっと深いところでつながりたいと願うようになったのだった。

「私、今日兄ちゃんの部屋に泊まるから」

 突然の告白に智孝は笑いをひきつらせたまま固まった。有羽の言葉を理解するのに数秒かかり、智孝は表情を変えないまま口を開く。

「は?何言ってるんだ、お前」
「今日は兄ちゃんと一緒に寝るって言ってるの」

 やはり聞き間違いではない。有羽は今夜家へ泊まり、俺と一緒に寝ると言っている。つまりそれは……。
 智孝は頭の中を整理しつつ、問答を繰り返す。

「ちょっと待て。意味分かってるのか?」

 もしや男の部屋に泊まるということがどういうことか分かってないのだろうか?それはそれである種の虚しさが込みあがってくる。でも、先程の質問を考えれば、わかってないということはなさそうだ。それを証明するように、有羽は答える。

「分かってるよ。子供じゃないんだから」

 智孝は困ったように有羽を見つめる。

「子供じゃないからまずいんだろ」

 有羽は智孝から視線を外し、頬をほんのりと赤く染める。微かに躊躇いを見せ、彼女は言う。

「兄ちゃんはその……私ともっと一緒になりたいって思わないの?私は思ってるよ。兄ちゃんともっとたくさん話したいし、一緒にいたいし、手つないだりキスしたりとか、それ以上のことも──」

 ぐつぐつぐつ。
 鍋と一緒に頭が沸騰するようだった。
 智孝は有羽の言葉を待つ。

「私ばっかり兄ちゃんのこと考えてて、兄ちゃんは平気な顔してて……なんかズルイ」
「ずるいずるくないの問題か?」

 うまく自分の気持ちが言えずに出た言葉に、智孝はすかさずつっこむ。
 有羽もそんなじれったさから、口調が強くなる。

「だってわからないんだもん。兄ちゃんが本当に私のこと好きなのか。か、彼女として見てくれているのかなって」
「見てるに決まってるだろ?」
「でも……態度に全然出てない」

 さっきキスしておいて、そういうことを言うのか。智孝は一つ大きい息を吐いた。有羽はというと、しばらく黙り込んだあと低く呟く。

「勇気がないんだ」
「何?」

 有羽は決意を固め、勢いよく顔を上げる。

「女の子がここまで言ってるのに!兄ちゃんの意気地なし!私、絶対帰らないからね。いーーーっだ!!」

 その勢いに圧されたじろぎつつも、智孝はくるりと踵を返す有羽に声をかける。

「どこ行くんだよ?」
「里美のとこ。泊めてもらえるように頼んでくるの」

 あいつ──本気なのか?
 有羽が去った後から鍋に視線を移すも、智孝の視界に料理が入る余地はなかった。有羽の言葉とその意味がぐるぐると頭の中を回っている感じだ。

 それは三人で食卓を囲んだ時も同じで、明らかな動揺が智孝にも有羽にも表れている。「ご飯がおいしい」とか「今日は寒かったね」とか、どうでもいい会話が交わされたかと思うと長い沈黙が訪れたりもする。
 そんな中、先手を切ったのは里美である。

「ねえ、私がお邪魔だったら、外に出てくけど?」

 事情を知っている人のこの発言は、智孝と有羽を赤面させるには充分だった。有羽はそれにプラス、手を左右に勢いよく振っている。

「いや、そんな必要ないから!っていうより、里美がいないと困るし」
「なんで?人が居る方がしにくくない?」
「何を考えてるだ、お前は。人がいてもいなくても、何もしないぞ俺は」
「ちょっと、お兄ちゃん!それ、女の子には禁句よ」

 呆れた様子の智孝に、里美が怒ったように反論する。机についた両手がその怒りを象徴しているようだ。

「何のアプローチもないと、女の子は自分に魅力がないからだって思っちゃうの」
「いいよ、里美。私に魅力ないのは本当だし」

「そんなことはない」と、智孝がフォローを入れる前に里美がその役をとってしまった。有羽の腕を軽く掴み、真剣な眼差しを向ける。

「有羽は魅力的よ。内面も体も」
「……最後はいらないから」

 里美の発言に、赤くなって俯く有羽の体についつい視線がいってしまう智孝。まだ見たことのない服の中身に、智孝はごくりと唾を呑み込んだ。

「でも、真面目な話、うかうかしてると本当に誰かにとられちゃうわよ、お兄ちゃん」

 声のトーンが変わり、智孝も先程とは違った目を向ける。里美はそこから理由を聞いているのだと思い、口を開く。

「同じクラスの男子で有羽のこと狙ってそうな奴がいるのよ。そいつにお兄ちゃんとのことを言ったら、なんて返ってきたと思う?伊藤の兄貴じゃ、大したことなさそうって言ったのよ!」
「それは、お前の人格が問題じゃないのか?」
「その後の有羽が必死でお兄ちゃんを庇うあの姿……けなげでかわいくて、私が彼氏だったらその場で押し倒してたわよ!」
「よかったな、有羽。彼氏が里美じゃなくて」

 暖簾のれんに腕押し。里美はさらっと問題点を摩り替える兄に怒りを覚えた。

「有羽、今さらだけど、お兄ちゃんのどこがいいの?」
「兄ちゃんは優しいよ。なんだかんだ言っても私のわがままに付き合ってくれるし、私が悩んでたら相談にのってくれるし、そのアドバイスも的確だし。一緒にいると楽しくて安心できる、頼もしい人だもん」

 照れ笑いを浮かべてそう答える有羽に、智孝は結構な感動を受けていた。抱きしめたい気分にかられるが、位置的にも状況的にもそれは許されず。

「有羽!私にのりかえなさい!」

と、里美が代わって抱きついた。智孝は我が妹ながら頭の痛い奴だと呆れ、有羽はけらけらと笑うだけである。
 未だ有羽に抱きついたまま里美はふいに顔に陰りを見せる。

「私もさ、自分のお兄ちゃんだから悪く言いたくなかったけど……そいつが言ってたように、お兄ちゃんて大した人じゃないのかもね」
「里美?」
「だってそうでしょ?有羽を不安にさせてばっかりで。いいじゃない、何が問題なのよ?彼女はOKって言ってるのに!結局お兄ちゃん、意気地がないのよ!」

 今までの相談で有羽の気持ちに共感していた里美は、怒りをぶつけるように智孝を睨む。智孝もこれにはむっとした様子を見せ、反論し始めた。

「お前には関係ないことだろ」
「大ありよ!親友だもの」
「関係ないだろ」

 智孝はため息交じりでそんなことを言う。里美もそんな兄の姿や思い当たる節に先程の勢いはなくなったものの、攻撃の手は緩めない。

「わかってるわ。お兄ちゃんが有羽を大切に想っているからこそって。でもね、何か違う気がする。傍から見てても、お兄ちゃんの態度って素っ気無いもん。有羽が不安に思うの無理ないよ。──お兄ちゃん、何か隠してない?まさか、本当に有羽のこと彼女として見てないとか」
「そんなわけないだろ。変なこと言うなよ」

 少しずつ智孝が苛ついているのがわかった。表情も口調も随分と険しくなってきている。
 二人のことでどうして里美に口うるさく言われなければならないのか。なぜ有羽に伝えるべき気持ちをこんな口論の場で言わなければならないのか。同じようなことを彼女と妹に言われ、かといって行動に移せないもどかしさ。──様々な理由が智孝の心をざわつかせているようだった。

「じゃあ、何で?」
「後悔したくないんだよ!」

 つい出てしまった言葉に、一同が、その場の空気が、凍ったように張り詰めた。
 有羽や里美の表情から、誤解が生じていることに気付くが、智孝は声を発することが出来なかった。
 なんて言えばいい?きっと、今、どんな言葉を繋げても単なる言い訳にしか聞こえない。

 智孝の予想通り、里美はわなわなと身を震わせ、顔を赤くしながら睨みつける。

「何よそれ!どういう意味」

 ぱんっ!
 突然手を叩いた音が一つ鳴り響き、智孝と里美の意識を互いから外させた。

「はい、ストップ!」

 その仲裁をしたのは、他でもない、有羽だった──
 二人は戸惑いの色を隠せずに有羽を見つめる。視線の先にいるその人は、寂しそうな笑顔を浮かべて口を開いた。

「ケンカはやめよ?ごめんね、私が泊まるなんて言ったからだね」
「……有羽のせいじゃないよ」
「ありがと。でも今日は里美の部屋に泊まらせて?家にもう電話しちゃったし、ケンカ別れってちょっとヤだから」

 ばつが悪そうにして、各々頷く二人。有羽はにっこりと笑って里美の手を引く。

「またゲームしよう!私、アクションがいいなぁ。ちょっと派手なの」
「うん……」
「あ、兄ちゃん、テーブルの上、あとで里美と一緒に片付けるから。ごちそう様でした」

 そして里美を先に部屋へ向かわせ、リビングを出る──その直前に有羽は半身だけ振り返り、小さく笑って声をかけた。

「ごめんね」

 どうして有羽が謝るのか?何に対して謝ったのか?また、どうして彼女を誤解させたままにしてしまったのか、そして彼女を傷つけてしまった自分の不甲斐なさ。
 智孝は顔を歪めて、テーブルに両腕を押し付ける。悔しさが立ち込める。その怒りを吐き出すように、智孝は低く己を罵倒した。

 

 それは数時間経った今も変わらずにいた。その間に後片付けをしようが、風呂に入ろうが、気持ちはさっぱりしない。
 悶々とした気持ちを抱え、智孝はベッドの上に寝転がった。うまく整理できない頭の中とは正反対に、体はベッドに沈んだままだ。月明かりで浮かぶ影も、何の変化も見せない。

 ふう、と一つ息を吐くと、ドアが二回ほど軽く叩かれた。返事はせずに視線だけを向ける。しばしの沈黙の後、ためらいがちに声がかけられる。

「兄ちゃん?あの……有羽です。入るね」

 その声の主に智孝はびくりと一瞬体を強張らせ、慌てて上半身を起こす。まだ頭の回線が混乱している状態で、誤解を解くことが出来るだろうか?と緊張しつつも口では一言、了解の言葉を返していた。

 ゆっくりと開かれるドアに比例して、鼓動が早くなる。それは有羽の姿を見た時も変わりなく、心臓が頭にあるのではないかと錯覚するくらいだった。
 里美のパジャマを着た有羽は、微笑みを浮かばせ口を開く。

「隣、座っていい?」
「あ、ああ」

 返事をしてから自分がどこにいるかを認識した智孝は、しまったと口を固く結ぶ。しかし、有羽はというと、一向に気にしない(というか気付かない)様子で静かに近づいてくる。
 きし、とすぐ側で有羽の重みがベッドに加わった。膝の上で組まれた手は、有羽の気持ちを表すように力が込められたり緩められたりする。

「あ、里美ね、頭冷やしてくるって外に出て行っちゃったみたい。私がお風呂上がった時には部屋にいなくて、そうメモが置いてあったの。何か、お菓子を大量に買ってくるみたいなことも書いてあったけど」

 取り繕うように有羽は明るく笑ってみせる。しかしそれも付け焼刃となり、有羽の笑い声が消えると変な緊張が部屋に広がった。

「さっきはごめんね。里美も言い過ぎたって反省してる」
「いや、俺の方こそ言い過ぎた」
「あのね……兄ちゃんを困らせたくて泊まるって言ったんじゃないよ?もっと一緒にいたかったから……なんていうか、その」

 言葉を切り、有羽はすっと智孝の手を握った。智孝はその行動にも、有羽の手の冷たさにもドキリとする。

「こうしてると気持ちいいんだよね。あったかいっていうか、ほっとするっていうか。だから、えっと……抱きしめてもらったり、キスするだけでも幸せな気分になれるから、その先は一体どうなんだろうって思って」

 きゅっと力が加わり、有羽の緊張と気持ちがダイレクトに伝わる。
 二人の間に言葉は交わされず、代わりに繋がれた手の中でしっとりと汗がにじんだ。
 それからどのくらいの時が流れたのだろうか?きっとほんの数分だったのかもしれない。だが、二人には一秒が何倍にも感じられた。
 智孝が有羽の名前を呼ぼうとした時、はっと我に返った有羽は慌てて手を離した。

「や、やだなー。私ってばエロガキだね。あ、わかってるよ。こういうことはお互いがもっと想い合わないとダメなんだって。あー……今のは忘れて!なんか、恥ずかしいね私。あはははは」

 淡い月の光でも、彼女の頬が赤く染まっているのがわかった。そして俯く時に笑顔が消え、泣きそうになっているのも。

「ホント、兄ちゃんを困らせるつもりなんて全然ないのに。……好きなだけなの。大好きなんだ、兄ちゃんのこと。それだけ──ごめんね」

 精一杯の笑顔を向ける有羽。潤んだ瞳が智孝の胸をしめつけた。
 言葉にならない感情が溢れ出し、智孝は愛しい彼女をかいなの内におさめた。

「謝るな」

 行動と同時に耳に届いた一言。有羽はその言葉の意味を尋ねるようにそっと顔を上げた。

「謝るなよ。どう考えたって、不安にさせるような行動しかとらなかった俺が悪い」

 顔は見えないが、抱きしめられている力強さが智孝の気持ちを物語っていた。

「あんなこと言うつもりじゃなかった。里美の言う通りなんだ。俺は──お前に否定されるのが怖かっただけだ」
「え?」
「お前にどこまで触れていいのか、どこまで愛していいのか……後悔するって言ったのは、俺に抱かれてお前が傷ついたり、相手が俺じゃなければなんて思われたら──立ち直れなくなる、そういう意味なんだよ」

 智孝の告白を一つ一つ心に刻み付ける有羽。しかし、安堵がこんこんと溢れ出し、それにふるえるように有羽は智孝にしがみつく。

「じゃ、じゃあ、私、兄ちゃんを好きでいていいの?」
「ああ」

 涙がつっと頬を伝った。

「私のこと、嫌いになったんじゃない?」
「嫌いになんて、なるわけないだろ」
「こ、怖かったぁ。兄ちゃんに嫌われたかと思って……私と付き合ったこと、後悔してるのかなって。迷惑な存在だって思われてたらどうしようって、すごく怖かった」

 その言葉を表すように腕の中で震え続ける有羽。智孝はそんな不安を取り除くように優しく包み込んでいた。そして一言「ごめん」と告げる。

「ううん、安心した。それに兄ちゃんの気持ちが聞けて嬉しかったよ。それと──私を抱きたくないわけじゃないんだなってわかったし」

 少し引っ張られたシャツと呼応するように、ドクン、と大きく心臓が高鳴った。
「あのね……」と続く先の言葉に、くすぐったさを感じる。

「兄ちゃんは、私にとっての初めての人だよ。初めて一緒に遊んだ男の子だし、初めて登下校した時もそう。小さいこと挙げていったらきりがないけど、初めて付き合った人も、キスも、こんなにドキドキするのだって、全部兄ちゃんが初めてなんだよ?」

 有羽は智孝を見つめにこりと微笑む。

「そのたくさんの『初めて』を後悔したことなんてない。兄ちゃんでよかったって思ってる。出来ればこれからも、私の初めては兄ちゃんにしてもらいたいなって、そう思ってるよ。だってね、私幸せなんだもん。すごーく幸せ。だからお願い、私を傷つけるなんて思わないで。これからもずっと、私の初めての人でいて。私を──幸せにして」
「有羽……」

 その時は、何も考えられなかった。
 ただ強く、有羽を愛したいと思った。
 暗闇に射し込む一筋の光のように、彼女の存在は求めてやまないものだったのだ。
 重なり合った唇から、お互いの気持ちが流れ込み、相乗する気がした。その永遠とも思われるような時の中で、ふと視線が絡まった。

「もっと」

 そう言って、有羽は口づけを交わす。

「もっと、いっぱいして」

 儚く、溶けて消えてしまう粉雪のようなキスが、何度となく智孝に贈られた。それは次第にどちらから求めているのかわからなくなり、智孝の中でカタリと何かが傾いた。

 きっとそれは、例えて言うなら「理性と欲望の天秤」。
 どんなに重くとも、普段は決して欲望の方へ傾かぬよう、支えを置いていたのだった。
 その支えを彼女が外した今、沈んだ皿は──ひとつしかない。

 

初めてのヒトツ(R18)

【理性と欲望の天秤】の続編です。有料R18作品ですので、くれぐれもご注意ください。

 

>>>18歳以上の方はこちらからどうぞ|パスワード:tomotaka-yuba1804

 

 

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






字守-アザナカミ-


彼は残す。その智恵を、勇気を、力を、残す──
彼は言う。『死』は人生の終わりではなく、真価が問われる始まりなのだと。
私はつなぐ。彼の意志を、経験を、その命を──未来の人達へ

人は、自分に足りないものを補い合うために出会い、愛する。そして、必ず別れる──

男女の成長物語を恋愛ファンタジーで綴ります。時には楽しく悲しく甘く、そしてシリアスに。

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

Len*Ren

・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

短篇集

僕の初めては113秒。
R18作品目次
君がいたから
女という性、紅の血
麗らかな恋の花

 

小説検索サイト

文芸Webサーチ

幻想検索 tentatively

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社会にストレスを感じ、何となく生きる意味をもてない20~30代男性を「小説」で応援し、生きがいをもって楽しく後悔の少ない人生をまっとうしてもらうことを目的とする( ゚∀゚)フフフ 「男性は男らしく生きればモテまくる」をテーマに、女性に向けて男性を褒め倒す予定。/戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana