それは数時間経った今も変わらずにいた。その間に後片付けをしようが、風呂に入ろうが、気持ちはさっぱりしない。
 悶々とした気持ちを抱え、智孝はベッドの上に寝転がった。うまく整理できない頭の中とは正反対に、体はベッドに沈んだままだ。月明かりで浮かぶ影も、何の変化も見せない。

 ふう、と一つ息を吐くと、ドアが二回ほど軽く叩かれた。返事はせずに視線だけを向ける。しばしの沈黙の後、ためらいがちに声がかけられる。

「兄ちゃん?あの……有羽です。入るね」

 その声の主に智孝はびくりと一瞬体を強張らせ、慌てて上半身を起こす。まだ頭の回線が混乱している状態で、誤解を解くことが出来るだろうか?と緊張しつつも口では一言、了解の言葉を返していた。

 ゆっくりと開かれるドアに比例して、鼓動が早くなる。それは有羽の姿を見た時も変わりなく、心臓が頭にあるのではないかと錯覚するくらいだった。
 里美のパジャマを着た有羽は、微笑みを浮かばせ口を開く。

「隣、座っていい?」
「あ、ああ」

 返事をしてから自分がどこにいるかを認識した智孝は、しまったと口を固く結ぶ。しかし、有羽はというと、一向に気にしない(というか気付かない)様子で静かに近づいてくる。
 きし、とすぐ側で有羽の重みがベッドに加わった。膝の上で組まれた手は、有羽の気持ちを表すように力が込められたり緩められたりする。

「あ、里美ね、頭冷やしてくるって外に出て行っちゃったみたい。私がお風呂上がった時には部屋にいなくて、そうメモが置いてあったの。何か、お菓子を大量に買ってくるみたいなことも書いてあったけど」

 取り繕うように有羽は明るく笑ってみせる。しかしそれも付け焼刃となり、有羽の笑い声が消えると変な緊張が部屋に広がった。

「さっきはごめんね。里美も言い過ぎたって反省してる」
「いや、俺の方こそ言い過ぎた」
「あのね……兄ちゃんを困らせたくて泊まるって言ったんじゃないよ?もっと一緒にいたかったから……なんていうか、その」

 言葉を切り、有羽はすっと智孝の手を握った。智孝はその行動にも、有羽の手の冷たさにもドキリとする。

「こうしてると気持ちいいんだよね。あったかいっていうか、ほっとするっていうか。だから、えっと……抱きしめてもらったり、キスするだけでも幸せな気分になれるから、その先は一体どうなんだろうって思って」

 きゅっと力が加わり、有羽の緊張と気持ちがダイレクトに伝わる。
 二人の間に言葉は交わされず、代わりに繋がれた手の中でしっとりと汗がにじんだ。
 それからどのくらいの時が流れたのだろうか?きっとほんの数分だったのかもしれない。だが、二人には一秒が何倍にも感じられた。
 智孝が有羽の名前を呼ぼうとした時、はっと我に返った有羽は慌てて手を離した。

「や、やだなー。私ってばエロガキだね。あ、わかってるよ。こういうことはお互いがもっと想い合わないとダメなんだって。あー……今のは忘れて!なんか、恥ずかしいね私。あはははは」

 淡い月の光でも、彼女の頬が赤く染まっているのがわかった。そして俯く時に笑顔が消え、泣きそうになっているのも。

「ホント、兄ちゃんを困らせるつもりなんて全然ないのに。……好きなだけなの。大好きなんだ、兄ちゃんのこと。それだけ──ごめんね」

 精一杯の笑顔を向ける有羽。潤んだ瞳が智孝の胸をしめつけた。
 言葉にならない感情が溢れ出し、智孝は愛しい彼女をかいなの内におさめた。

「謝るな」

 行動と同時に耳に届いた一言。有羽はその言葉の意味を尋ねるようにそっと顔を上げた。

「謝るなよ。どう考えたって、不安にさせるような行動しかとらなかった俺が悪い」

 顔は見えないが、抱きしめられている力強さが智孝の気持ちを物語っていた。

「あんなこと言うつもりじゃなかった。里美の言う通りなんだ。俺は──お前に否定されるのが怖かっただけだ」
「え?」
「お前にどこまで触れていいのか、どこまで愛していいのか……後悔するって言ったのは、俺に抱かれてお前が傷ついたり、相手が俺じゃなければなんて思われたら──立ち直れなくなる、そういう意味なんだよ」

 智孝の告白を一つ一つ心に刻み付ける有羽。しかし、安堵がこんこんと溢れ出し、それにふるえるように有羽は智孝にしがみつく。

「じゃ、じゃあ、私、兄ちゃんを好きでいていいの?」
「ああ」

 涙がつっと頬を伝った。

「私のこと、嫌いになったんじゃない?」
「嫌いになんて、なるわけないだろ」
「こ、怖かったぁ。兄ちゃんに嫌われたかと思って……私と付き合ったこと、後悔してるのかなって。迷惑な存在だって思われてたらどうしようって、すごく怖かった」

 その言葉を表すように腕の中で震え続ける有羽。智孝はそんな不安を取り除くように優しく包み込んでいた。そして一言「ごめん」と告げる。

「ううん、安心した。それに兄ちゃんの気持ちが聞けて嬉しかったよ。それと──私を抱きたくないわけじゃないんだなってわかったし」

 少し引っ張られたシャツと呼応するように、ドクン、と大きく心臓が高鳴った。
「あのね……」と続く先の言葉に、くすぐったさを感じる。

「兄ちゃんは、私にとっての初めての人だよ。初めて一緒に遊んだ男の子だし、初めて登下校した時もそう。小さいこと挙げていったらきりがないけど、初めて付き合った人も、キスも、こんなにドキドキするのだって、全部兄ちゃんが初めてなんだよ?」

 有羽は智孝を見つめにこりと微笑む。

「そのたくさんの『初めて』を後悔したことなんてない。兄ちゃんでよかったって思ってる。出来ればこれからも、私の初めては兄ちゃんにしてもらいたいなって、そう思ってるよ。だってね、私幸せなんだもん。すごーく幸せ。だからお願い、私を傷つけるなんて思わないで。これからもずっと、私の初めての人でいて。私を──幸せにして」
「有羽……」

 その時は、何も考えられなかった。
 ただ強く、有羽を愛したいと思った。
 暗闇に射し込む一筋の光のように、彼女の存在は求めてやまないものだったのだ。
 重なり合った唇から、お互いの気持ちが流れ込み、相乗する気がした。その永遠とも思われるような時の中で、ふと視線が絡まった。

「もっと」

 そう言って、有羽は口づけを交わす。

「もっと、いっぱいして」

 儚く、溶けて消えてしまう粉雪のようなキスが、何度となく智孝に贈られた。それは次第にどちらから求めているのかわからなくなり、智孝の中でカタリと何かが傾いた。

 きっとそれは、例えて言うなら「理性と欲望の天秤」。
 どんなに重くとも、普段は決して欲望の方へ傾かぬよう、支えを置いていたのだった。
 その支えを彼女が外した今、沈んだ皿は──ひとつしかない。

 

初めてのヒトツ(R18)

【理性と欲望の天秤】の続編です。R18作品ですので、年齢確認させて頂きます

 

 







橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!

おススメは「エックスサーバー

アクセスが早いので読者さんのストレスを軽減! 離脱を防げる!
安心のSSL化が無料
大量アクセスでもダウンしない! ちゃんと表示される!



ワードプレステーマなら「ストーク

初心者に優しい設定で、すぐに執筆にとりかかれる!
カスタマイズ方法がわからなくてもキレイなデザイン!
何もしなくても自動的にスマホ対応!!



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

「生きる」と「愛」をテーマにし、言葉で世界を変える小説家。 役者経験を活かし、自分を見つめることで人生を豊かにさせる方法を伝えるマインドコーディネイター。私には高学歴はありません。高校は定時制でほぼ中卒です。昼間は声優学校に通ったりバイトをしてました。 ですが、そのおかげで邪魔なプライドがなく何でも挑戦します。 私にあるのは、ハングリー精神と自分を信じる勇気と誇りです。 【得意】 演技・人間観察・雰囲気読む・感覚を落とし込む・小説書く・サプライズ考える・男性を理解し応援する・難しいことをわかりやすく説明する