MENU
ファンレターを書いてみませんか?

当サイトの作品を読んで、「なんかちょっと心がソワソワしたぞ」「うるっとしちゃった」「単純に文章が好き!」という方は、私にファンレターを送って下さい。

応援されることは嬉しい。
応援する方は2倍嬉しい。

あなたのお気持ち待ってます。

ばなやん(一ツ屋有美子)にファンレターを贈る

14.なんというか、出来過ぎてるね|智孝

「それにしても酷いですね。本当に俺達が来る少し前に襲われたんでしょうか?」

 実春が傍らに寝転がっている人を見つめながら、誰ともなく質問を投げた。それに遼太朗が答える。

「傷口の状態から見ても、ちょっと怪しいけどな。まあ、それよりも問題は、ここでやられてるってことは、生物兵器が中にいる可能性が高いってことだね」

「また外に出ていればいいんだけど」と付け足したが、ここに来るまでの状況を考えればそれは明白なことだった。
 智孝は出入口付近にあった建物の簡略図を時計に内蔵されている端末に取り込み、字守たちに転送する。受け取った字守たちはテスト生へと送った。
 その間、生物兵器がいるかもしれないことを注意し、潜入を開始する。

 担当場所である3階に階段で向かう間にも沈黙の人間とすれ違うと思いきや、今度はぱたりと姿を現さなかった。今度こそ本当に人の気配も何もない。
 調べる部屋の一つ一つにも人がいた痕跡もなく、不気味なほどにひっそりとしていた。

「あの傷痕って、人がやったんじゃないよね?」

 不意に有羽が不安を口にした。鋭い4本爪で切り裂かれたような傷を見てだろう。しかし、獣独特の匂いがしない。人の可能性も低いが、動物にしてはという矛盾が多過ぎた。そんな会話の中で、諫美がぽつりと漏らす「何で生物兵器なんか作ったんだろう?」と。

「ま、どーでもいいけど、自分達が作ったものにやられるなんて皮肉なもんだね」
「──あれ?」

 自分達が上がってきた階段の方を見つめながら、有羽は歩みを止めた。
 その様子に智孝達の足も止まる。「どうした?」と声をかけると、有羽は視線をそちらに定めたまま返事をし、後に「今、人がいたように見えたの」と告げた。

「人? 研究員か?」
「ううん、女の子みたいだった。小さい……といっても小学生くらい。低学年の」
「女の子?」

 まさか。こんな時間に。一時は騒然としていたであろう外に出て、わざわざこの建物に入った?

「見間違えたかな? 私見てきていい?」
「ダメだ。こんな所に子供がいるわけないだろ」

 だがしかし、騒動で起きてしまい、逃げるにも親とはぐれてしまったのかもしれない。そんな気持ちを代弁するように有羽は反論する。「ここに逃げ込んできた研究員の子かもしれないよ?」と。

「……わかった。じゃあ、俺も一緒に見に行くから、遼太朗、先に調べていてくれ」
「了解」

 事前にコピーとして渡されていたカードキーを渡し、智孝は先を進んだ。有羽も小さく謝って後をついてくる。
 敵の可能性もあると警戒しながらも階下を覗くが、そこには何の姿も気配もなかった。

「誰もいないぞ?」
「ホントだ。おかしいなぁ」

 有羽は智孝の背中からつま先立ちになりながら辺りを見回すが、先程見えた女の子の姿は見えなかったようだ。腕を組み、唸るようにして考え込む有羽に戻ろうと声をかけようとしたところで、1班のリーダーである上原から連絡が入る。
 地下の存在とそこに潜んでいるだろう生物兵器についてだった。

 

 

1 2
一ツ屋有美子@声優小説家
ここまでお読み下さり、ありがとうございます!!

ブログランキングに参加してます!

次のリンクをクリックして応援してもらえると嬉しいです。
よろしくお願いします(@゚∀`@)ノ

 



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。
このサイトはリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる