「D1だ。気をつけろよ」
「了解」

 舞台の袖に裏方として様子を見ていた伊藤智孝いとうともたかは、簡単な英数字でそう指示を出した。

 多種芸術講演会と称したイベントで、中国の舞を踊るような衣装を身につけた玖堂有羽くどうゆば山緒里紗やまおりさは、扇子を手に、どこか艶やかな舞を披露しながらも、見えないように装着されたマイクで返事をする。

 二人が舞台の両端に分かれた時、それは起こった。キラリと客席から光が放たれた瞬間に、空気を裂くような速さでフォークが投げられたのだ。
 何が起きたのか理解するまでの間に、もう一つ今度は有羽に向かってナイフが飛んでくる。ざわつき始めた会場内だが、先程の指示により、里紗は踊りの一部のように舞いながら『D1』と呼ばれたテーブルの前に立ち、バレーボールのレシーブをするかのように両手を組んだ。
 刹那に宙を舞う踊り子。綺麗に弧を描いて着地すると、有羽は持っていた大きめの扇子を広げ、テーブルにあったフォークを『D1』の喉元に突き立てた。

「おじさま、私達を味見しようとしたって無理よ」

 有羽に『おじさま』と呼ばれた男のやりとりは、照明の関係から扇子に映る影絵のようだった。イヤホンを装着している智孝や里紗、男の周辺にいる人物以外にその会話は聞こえていないだろう。妖しげな雰囲気も演出の一部と思われたかもしれない。
 有羽の気迫におされた男は、降参の意を表すように両手を肩の位置まで上げる。

「は、はは、冗談だ」
「私ね、今すっごくお腹すいてるの。またこんなことしたら、これでおじさまを食べちゃうよ?」

 クッと少しだけフォークを突き上げると、男は顔を引きつらせながら小さく呻いた。
 重なり合う2つの影の間で、ほのかに光が発せられる。
 あいつが今回の任務のターゲットか? 訝しげながらも、今し方仕事の1つを終わらせた有羽の様子を見つめた。

「ふふ、冗談よ」

 パンと音を立てて扇子をたたむ有羽。反対側のテーブルで扇子の代わりに天女を思わせるような布で観客たちにパフォーマンスを広げていた里紗は、それを合図に舞台へと戻る。
 演奏の終了と共に最終の立ち位置でポーズを決める二人は、お辞儀をした後に手を振りながら舞台の袖を後にした。

「やりすぎだ」
「えへへ、ごめんなさーい」

 呆れるように注意すると、有羽は悪びれる素振りも見せずに軽く謝った。
 それよりもと、『D1』が今回のターゲットであったのかを尋ねると有羽は少し考える仕草をとった。

「ほんの少しだけはくの気配はしたけど、違うと思う。お酒の勢いを借りてって感じだった。それより気になるのは会場の雰囲気かな。建物全体がなんか異様だよね」

 それは自分も思っていたことだった。会場内というよりは、建物自体がまるで生物であるかのように重苦しい空気を放っていた。
 少し、調べてみるか。
 他にも会場内では仲間が潜入していることから、智孝は公演終了まで建物内を見て回ろうと思い、それを二人に告げる。

「じゃあ、着替え終わったら連絡するね!兄ちゃんが調べられない所はお任せを」

 有羽がおどけてそんなことを口走る中、演目6番が始まった──

 

 

 




Protect Characters―アザナカミ―|season1|目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:リーズという存在 / SCENE11:賭け / SCENE12:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE13:出発前 / SCENE14:出迎えた者は? / SCENE15:かわいい天使 / SCENE16:未知なる体験 / SCENE17:流天vs字守 / SCENE18:鬼の血



橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

役者経験を活かし、自分を見つめることで人生を豊かにさせる方法を伝えるヒューマンディレクター。 「生きる」と「愛」をテーマにした小説を書くインディーズ作家でもある。 webデザインで色んな人のビジネスに関わり、自分の世界観を広げ、子供たちが楽しくビジネスを学ぶ学校を作るのが夢。