なんというか、小説もマーケティングだよね

マーケティングとは、ものすんごくシンプルに言うと「どうしたら相手が喜ぶか?」「どうやったら相手に好きになってもらえるか?」です。 おお、ガチで男性が得意とするところですね。 小説のテーマ(=伝えたいこと)は確かにあるので…

男性に対しては状況判断できることや事実、理などを書いてあげると楽しめる

昨日書いた「なぜ男性は女性の描くライトノベルが苦手なのか?」に、その『答え』を書くのをうっかり忘れてしまったので、こちらに書きます。 私なりの答えは、男性にとって『感情』というものはあやふやで不確かなものでしかないからで…

なぜ男性は女性が描くライトノベルが苦手なのか?

タイトルのような男女の差違を小説の書き方でも表現していこうかな?と思ってます。 例となる超短編を書いて見せたり、そのポイントをお話したり。 実際に見てもらった方が早いと思うので、サクッとオープン。   男性は事…

初心者向け小説の書き方|ノベルのヒント

※こちらは随時、更新・修正を繰り返していきます。 書き方のヒント 隠されたものにこそ、エロさがある 演技をすることも好きな私の小説の書き方は一味違う 文章に個性を出すということを下ネタで例えてみた 小説のストーリー設定は…

気になる!執筆ツール「Nola」体験記のまとめ

結果から言うと、外出先などでパソコンに小説が保存できない時、スマホにささっとメモとして残しておきたい時に使うのが一番いいなと思いました。 メモ帳機能でもいいのですが、これだけテーマなどの設定項目が充実しているツールを使わ…

失敗は成功のもと!!執筆ツール「Nola」を使っての小説の書き方を大改編します。

小説家専用の執筆ツール「Nola」を利用して、新作を書き下ろすという試みで執筆の段階までたどり着きましたが、執筆途中を公開しながらというのは非常に難しく、さらに「主人公と私の考え方の違い」が手を止めてしまう原因となってし…

そして、一歩を踏み出さなきゃ

私は雷が苦手だ。 小学6年生の時、突然の雷雨の中、傘を持って駅までお母さんを迎えにいった。 母子家庭ということもあってか、私は甘えん坊だった。 雨が降ると、傘を届けに駅まで迎えに行ける。階段を降りてくるお母さんが私に気付…

スポンサーリンク