キーンコーンカーンコーン……
4時間目の授業が終わり、生徒達は各々行動を開始する。私は今の授業のノートをとるのに時間がかかり、未だ机に向かったままだが、後ろの席にいる野中泉(のなか いずみ)さんは例外ではなく、友達二人と話をしながら昼食を机の上に並べていた。

「えー! 泉ってばまたふっちゃったのー?新井(あらい)ってE組のマジメ君でしょ? いい奴じゃん」

友人の一人がそんなことを口走りながらパンの袋を開ける……音がした。
手は黒板に書かれている文字を写すために懸命に動いているが、耳は聞こえてくる会話に釘付けとなった。
野中さんは答える。

「いい人ね……私にとってはどうでもいい人だわ」

なかなかキツイ性格だ。

「でも泉ってさ、何で彼氏とか作らないの?新井もお試しに付き合ってみればいいのに」

先程の発言者は本当に不思議そうに尋ねた。新たな声がそれに対し呆れた口調で言葉を発する。

「あんたってお試しで人と付き合ってるの?」
「そうよ。初めからこの人が運命の人なんだわって思ったら、なんか重くない?」
「はーい! あたしは人それぞれだと思うな。泉はそういうタイプじゃないんでしょ」
「私は……運命にはあまり興味ないわ。ただ、告白は好きな人から言ってもらいたいだけよ」
「おおー! ということは好きな人がいるんですねー?」
「ふふ、内緒」

安っぽいレポーターがインタビューするように、友達は野中さんから好きな人の情報を得ようとしていた。野中さんはうまくはぐらかしてその質問に付き合う。
私は写さなければいけない量にも、後ろの会話にも、いささか嫌悪感を抱き頬杖をついて一つため息をもらした。

「でも告白されて嬉しいとは思うよね?」
「そうね……あんまり思わないかな」
「え!? 私なら嬉しいけどなー」

野中さんは一呼吸置いて口を開く。

「私はダメなの。どうでもいい人から告白されても意味ないし、ましてや付き合うなんて時間と労力の無駄だわ」
「意味ないだってー。新井もかわいそー」

友達は言葉とは裏腹に楽しそうに笑いながらそう言った。
名前と顔が一致しない新井君とやらもかわいそうな人だ。勇気を出したであろう告白も、昼時の談笑ネタにされてしまい、私にさえも同情されてしまうのだから。

授業終了から5分以上経過していたため、私は集中してノートを書くことにした。いくら聞こえてしまうこととはいえ、やはり盗み聞きはよくない。
でも……頭の片隅では今の会話のことを考えてしまっていた。野中さんのあの発言。きついけど、はっきりとした意見を持っているのは確かだ。

もし、彼女の言う『どうでもいい人からの告白』が『意味のないこと』だとしたら、『好きな人がいる人を好きになる』ことはどうだというのだろう? 好きになってもらうための努力は必要?

私は知っている。
野中さんの好きな人には彼女がいること──

綺麗な矛盾だと思った。

 




橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    言葉で傷つくこともあれば、救われることもある。言葉の力を信じて、文字だけで伝える「小説」で人生をプラスに変えることを使命とするインディーズ小説家。※画像は恋愛ファンタジー小説【アザナカミ】のヒロイン、玖堂有羽です