失敗は成功のもと!!執筆ツール「Nola」を使っての小説の書き方を大改編します。



小説家専用の執筆ツール「Nola」を利用して、新作を書き下ろすという試みで執筆の段階までたどり着きましたが、執筆途中を公開しながらというのは非常に難しく、さらに「主人公と私の考え方の違い」が手を止めてしまう原因となってしまいました。

なので、こちらのツール「Nola」ちゃんの感想記事は今までのをまとめるとして、途中だった「恋愛小説の書き方の小説」は途中で破棄(ただし、その途中までは失敗として公開はします)し、新たに『私(バナ松)』が小説の書き方を面白く(もっと細かく短くわかりやすく)伝えていくことにします。
小説として小説の書き方を見せるのではなく、キャラを使って楽しく進めたいなと思っています。

はい、とういうわけで、登場人物の紹介です。

 

❚先生!小説の書き方教えてください

■登場キャラ

バナまつ
橘右近が小説について語る時の仮の姿

唯野音子ただのおとこ
ボケてるくせに鋭いつっこみもする毒舌家。妖精と話せる。

藤枝ふじえだくん
結構まともなことを言う。音子が飼っている妖精を恐れている。

瀬戸せと
クールなツッコミ役。順応性が高すぎる。

こんな感じで、個性派揃いのキャラで楽しく進めていきますので、お楽しみに!!

 




橘右近をシェアで応援!!

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

役者スキルを使って男女の恋愛意識の違いを文章で表現。楽しい世の中になるように、文字で男性のカッコよさを伝えることを使命とするインディーズ小説家。男性からも褒められる男脳をもつママブロガーでもある。バナナガールの姿では下ネタしか話さないので注意。