MENU
ファンレターを書いてみませんか?

当サイトの作品を読んで、「なんかちょっと心がソワソワしたぞ」「うるっとしちゃった」「単純に文章が好き!」という方は、私にファンレターを送って下さい。

応援されることは嬉しい。
応援する方は2倍嬉しい。

あなたのお気持ち待ってます。

ばなやん(一ツ屋有美子)にファンレターを贈る

小説の執筆中は『サントラ』で決まり!!

私は、小説を書き始める前は「歌あり」の音楽を聞くことがよくあります。
でも、いざ執筆中となると「歌」は聞きません。
小説の雰囲気に合っている歌であってもです。

歌詞に無意識が引っ張られてしまって、書きたいことがズレてくるんですよね。
なので、「テーマを決める」「流れを決める」「執筆中」は歌ではなく音楽のみの「サウンドトラック」を聞いています。

めっちゃいいです。
少し前まではゲームやアニメのサントラをよく聞いていたのですが、現代は無料でとてもクオリティの高い音楽(サントラ)が聞けるのでストーリーの幅も広がります。
私は音楽が作れないので、作曲家さんたちをすげー尊敬するし、ありがたやーと思いながら聞かせてもらっています。

執筆中にサントラを聞いているから、というのもあると思いますが、だから私はサウンドノベルを作りたいんだろうなと。
書いている時に聞いている音楽の雰囲気も合わせての作品になっていることは間違いないので。

連載長編小説『字守-アザナカミ-』は、もっぱら『音たま(音楽の卵)』さんの音楽を聴いています。
サウンドノベルにする時も使わせてもらおうと、購入しましたw

うーん。それを思うと、本当に音楽が流れるだけのサウンドノベルがあってもいいような気がしてきたぞ。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。
このサイトはリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる