ねがいごと

「いつも私ばかりが会いたがってるから、諫美くんはどうなのかなって」
 桜が舞う風景の中でぽつりと有羽が呟く。

 満開を少し過ぎてしまったが桜の花見をしようと近所の公園に二人で来ていた。
 青空に桜と散り行く花びらが映えてなかなかに素敵な風景だ。
 しばらくそれらを眺めていたが、何かを思いついたかのように有羽は桜の木の下で手を差し出す。
 風に舞い散る花びらを掌(てのひら)に収めるために奮闘する女性を、少し離れた場所で薄い笑みを浮かべて見守る男性。

「先輩。それ必死で取って何か良いことあるの?」

 一枚も入手出来ず、恨めしそうに桜を見つめる彼女に近寄りながら聞いてみた。

「あるよ。願い事が叶うんだから」
「へー、そうなんだ。じゃあこれ、先輩にあげる」

 有羽の前に差し出された彼の手には桜の花びらが数枚乗っている。しかし彼女はそれを受け取ろうとはしなかった。

「ありがとう。でもごめんね。自分の願い事は自分で取ったのにしか効果が無いんだ」

 それは諫美くんが使って。
 そう言うと有羽はまた空中に手を伸ばした。
 必死になる彼女に、ふと視線を自らの掌に移す。

「願い事、ねぇ」

 左手に乗る桜色を見ながら思案してみる。しかし突然それは遮られた。

「取ったー!」

 目を向けると有羽がこちらに近寄ってきている。ほら、と差し出された手には一枚の花びら。

「本当だ。で、先輩は何を願うの?」

 今までハートマークを散らしていたような笑顔が曇る。
 何か変なこと言ったかな、と諫美が怪訝に思うと有羽は桜の花びらをぎゅっと握り締めて口を開いた。

「諫美くんは私のこと、どう思ってる?」

 唐突にそう聞かれて返事に窮(きゅう)するのは仕方の無いことだろう。

「どうって・・・」
「いつも私ばかりが会いたがってるから、諫美くんはどうなのかなって。会いたいってメールするのも、今どうしてる?って電話するのも、私だから」

 無理矢理私に合わせてもらっていたら、やっぱり悪いと思うし。
 そう吐露(とろ)していく有羽は不安で一杯だったのだ。自分の気持ちばかりが空回りしているのではないかと、ずっと危惧していた。
 今日、もし桜の花びらが取れたら勇気を出して聞いてみようと自らに誓った。そして手に入れた舞い落ちてきた一枚。
 途中から『取る』ことに夢中になってしまい誓いのことを忘れていたが、諫美の言葉で思い出した。
 自分の思いを打ち明けて彼からの答えを待つ間がとても長く感じる。
 彼女の言葉を聞いて、諫美は軽くため息を吐(つ)いた。

「先輩ってさ、せっかちなんだよね。気が早いっていうか…もっと落ち着けばいいのにって思うよ、本当」

 それから一つ息をして有羽を正面から見つめる。

「俺、先輩に会えてよかったって思ってるよ。俺が会いたいなって思う時にメールが来て、声が聞きたくなった時に電話が来る。そういうのって先輩も俺と同じ想いなんだなって思えてすごく嬉しいんだ」

 確かに俺はもらうばかりだけどさ。
 諫美は認めると小さく笑った。

「けど『俺も今そう思ってた』っていつも伝えているよね」

 そう言うと有羽は「そうだけど」と少し目を伏せる。

「でも、いつもそうだと分からなくなるの。どこまでが本気なのか」
「いつだって本気だよ」

 不安そうに口にする有羽を温かさが包んだ。
 冷静になれば俺がどれだけ先輩を想っているかすぐ判るのに。そう思いながら彼女を抱き寄せた。

「俺は有羽が好き。有羽がいなかったら生きていけないくらい愛してる。だからずっと俺の傍にいて。俺から離れないで」

 一度身体を離すと、赤らめた彼女の頬に手を当てて今度は顔を寄せる。
 言葉と唇で自分の想いを伝えていく。
 そっと離れると諫美は言った。

「今度は俺から連絡するから。約束」

 笑顔で小指を差し出すと、有羽も少しはにかんで指を絡める。そして突然「ゆびきり」の歌を歌い始めた。
 彼女の突然の行動に驚きながらも、子供の頃はよくしていたなと諫美もそれに倣(なら)う。
 歌いながら手を上下させる二人には、今まで漂(ただよ)っていた深刻な雰囲気は無くなっていた。
 諫美は笑う有羽を見ながら、心の片隅で先程手放した桜の花びらに願いを託す。
 ずっと彼女の傍に居られること。彼女と共に過ごしていけることを。
 有羽も彼と同じことを望んでいた。

「「ゆびきったー」」

 二人の笑い声が明るく響き渡る。
 風が吹いて舞った桜吹雪が恋人達の願望を包んで空へと運んでいった。

END

ねがいごと|桜左近

 

橘右近をシェアで応援!!

Novel

99.7

音楽と共に選択肢によって進めるストーリー展開となっています。「アザナカミ」の世界観や主要キャラクターを知ってもらえればと思います

 

字守(旧ver.)

❚あなたの生きる意味は、必ずあるよ。

彼は残す、その力を、勇気を、智恵を。
私はつなぐ──その命を。

人の負の感情にとりつき、その感情を増殖させる『はく
実体はなく、精神を破壊するその存在は魔と呼ぶにふさわしかった。
魄にとりつかれた者は、感情を表す言葉を食われていき次第にその身を滅ぼしていった。
対して、その魔を浄化させる力を『おぼろ』と呼び、石を媒体として朧を操る人を『字守あざながみ』と呼んだ。

字守によって救われる人々。
しかし、人あらざるものの力──朧を使うことの代償は、同じく感情であった。
字守と魄。
相対する二つの力が、今ぶつかる──

 

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

短篇集

❚色んな感情を疑似体験しよう。

現代ファンタジー、恋愛、人間ドラマ、青春、シリアスなど、多岐にわたるジャンルの短編小説を掲載。

■先生!恋愛小説の書き方教えてください
小説を書いたことのない私でも書けた。自分を知るために。──浮気をテーマにした小説の書き方の小説。
1 / 2 / 3 / 4 / 5(完)

私は『悪』になる
悪というのは、常に笑っていて、常に自信満々だ。必要悪である彼もまた、自分の正義を楽しんでいた。

契りの果ては
籠女かごめの話

15個のカノジョ
僕たちは二人で一人の作家であり、クリエイターであり、エンターテイナーだ。僕らは時にぶつかり、時に融合し、最後に壊した

廃棄処分にして下さい。
私は欠陥品だった。だけど、私は幸せだった。

僕の初めては113秒。
「楽しくもなくつまらなくもなく生きて、意味あんの?」その一言が僕を変えた。ある日、男はそう僕に言った。そいつと出会ってから僕は、毎日の「初めて」を切り取るようになった。そして気付いてしまった。僕に生きる意味はあるのだろうかと──

R18作品目次
性描写、または暴力的なシーンがあるため、年齢制限をつけました。目次が認証画面となりますので、必ず確認をして下さい。本編を読むためにはパスワードが必要です。

君がいたから
失って初めて気付く、その存在の大切さと秘めた想い。人を愛するというのは、どういうことか?を描いた恋愛人間ドラマ。★とある出版社のコンクールに出品し、『準入選』を頂きました★

女という性、紅の血
高校が舞台の恋愛ストーリー。彼女のいる人を好きになった野中泉のなかいずみ。彼女の起こす行動に主人公の聡子さとこは血が騒ぐのを感じた。女性は何故『思い出』を作りたがるのか?その真相を描きました。

麗らかな恋の花
短編恋愛小説。ほのぼのとしています。人は自分に足りないものを補い合うために出会い、別れを繰り返す。その中で誰か、何かを愛する。

 

Len*Ren

❚甘いひとときに包まれたい

※長編小説【字守-アザナカミ-】のキャラクターのアナザーストーリーです
・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

インディーズ小説家。橘右近の相方=心の友です。ファン第一号