私は死ぬことよりも、何も残せなかったことの方が怖い

また夢を見た。

昨日のことが思い出せない夢だ。

昔からたまにこの夢を見るのだが、あまり気分の上がることではないので、見たくない。だから理由を考える。
きっと私は、焦燥感にかられているのだろう。

それこそ、相方の左近ちゃんと出会ってから、約4年がたったころだと思う。
この時の記憶があやふやなので定かではないけど、自分のために小説を書いていた時だった。

「右近ちゃんは、生き急いでるように感じて、何だか心配」

と手紙で言われた。

 

なんだか、衝撃だった。

 

それこそ、本当に25年くらい経っているけど、
私は中学1年生の時から、自分は長生きできないと思っていた。

50歳くらいで死にそうだな、と漠然と思っていたのだ。

この時に感じたことと、今と、さほど変わっていないのがタイトルにもあったこと。

 

私は死ぬことよりも、死ぬ時に何も残せなかったことの方が怖い

 

自分が生きてたことを、誰かに覚えてもらいたいのかもしれない。
でも今は子供達がいるということもあって、理由がプラスされた。

未来を生きる人達にとって、ちょっとした『生きる攻略本』を残したい。

多分、こんな想いがあるのは男性に多いと思う。(遺伝子を残す力が強いってことで)
だから、きっと何か通ずるものがあるだろう。

 

自分のために書いた小説。
それは一度完成しているから、それでいいと思っていた。

だけど、今になって伝えたいことがもっと増えた。

なので、新作として伝えたいことを加え、書き始めた。

今度は自分のためでなく、人のために。

 

「もし●●だったら?」という仮定で残す方法を考えたこともある。

「もし、目が見えなかったら?」──音声で残そう
「もし、耳が聞こえなかったら?」──文章で残そう
「もし、文章ではわかりにくかったら?」──ゲームにしたら楽しそう

そんな「もしも」を実践したこともある。
これからやろうと思うこともある。

だけど、それより何より、一番先にやらなければならないことは「伝えたいことを書き遺すということ。

 

今の私はこの使命をまっとうしたいがために、焦燥感にかられているのだろう。
50歳を過ぎても生きていたら、ラッキーと思おう。きっと私のことだから、また楽しいことを見つけている。

とにかく、今できることを。

相変わらず生き急いでるけど、「がむしゃらに生きたなぁ」という満足感の方が強くて楽しい。

私の中での生きるキーワード「楽しい」

私は根っからの愉快な人である。

 







橘右近をシェアで応援!!

おススメは「エックスサーバー

アクセスが早いので読者さんのストレスを軽減! 離脱を防げる!
安心のSSL化が無料
大量アクセスでもダウンしない! ちゃんと表示される!



ワードプレステーマなら「ストーク

初心者に優しい設定で、すぐに執筆にとりかかれる!
カスタマイズ方法がわからなくてもキレイなデザイン!
何もしなくても自動的にスマホ対応!!



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

「生きる」と「愛」をテーマにし、言葉で世界を変える小説家。 役者経験を活かし、自分を見つめることで人生を豊かにさせる方法を伝えるマインドコーディネイター。私には高学歴はありません。高校は定時制でほぼ中卒です。昼間は声優学校に通ったりバイトをしてました。 ですが、そのおかげで邪魔なプライドがなく何でも挑戦します。 私にあるのは、ハングリー精神と自分を信じる勇気と誇りです。 【得意】 演技・人間観察・雰囲気読む・感覚を落とし込む・小説書く・サプライズ考える・男性を理解し応援する・難しいことをわかりやすく説明する