ベンチに座ってぼんやりと冬の装いを纏(まと)っている人々の往来を見ていた。

待ち合わせ時刻を5分ほど過ぎている。
広場に立つ時計を見上げ辺りを見回す、という何度目かの行動をして私は携帯電話を取り出した。
別に彼にかけようというのではなく、ただ何となく持っていたかった。

緊急の事態・・・例えば電車が事故で遅れているといった時は必ず連絡をしてくれた。
今日はたまたま乗り遅れたか、それとも誰かに道を尋ねられたりしているのか。

「智孝さん、優しいからなぁ」

そう呟いてくすっと笑う。
いつものメンバーで歩いていても智孝さんにだけ道を尋ねるし。あれは聞く人も答えてくれそうな人を選んでいるのかしら。
この前だって、集団で歩いていたのに何故か智孝さんだけアンケートを迫られていて、みんなで笑ったっけ。
「隙がありすぎるんだよ」なんて言われても照れたような笑みを浮かべるだけで何も言わなかった。

彼の笑顔を見ているだけで幸せだった。
いままでも。そしてこれからも。

「彩、ごめん。待ったか?」

息を切らしながら愛しい男性が私に声を掛ける。

「ううん、私も今来たところだから」

そう言って携帯をしまうと、ベンチから立ち上がる。
いつものように手を繋ぐと智孝さんは困ったように笑って

「ごめんな、彩。随分と待たせてしまったみたいで」

両手を包み込んでくれた。
15分も早くここへ着いてしまったので、手が冷たくなっていたのだ。それに気が付いたのは智孝さんの暖かい手を握った時だった。
照れ笑いをして彼を見ると優しい微笑で私を見つめていた。

ずっと智孝さんの側にいたい。

そう願いながら私達は冬の街を歩き出した。
その手をしっかり繋いだまま・・・。

 

END

待ち合わせ|桜左近

 




橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

インディーズ小説家。橘右近の相方=心の友です。ファン第一号