「魄は、私達にとって必要?」──講義の途中、そう発言した彼女は今、僕の目の前で親友でもある樫倉晟と談笑していた。
 晟が教室内に響き渡るような声を上げたため、その場にいた全員の注目を一斉に浴びた。しかし、そんな晟から皆の視線を外すように、彼女はこう質問したのだった。時間の関係上、講師である伊藤先生の答えを聞くことは出来なかったが、代わりに次までの宿題となって終わった。

 今まで、敵や悪いものとして認識される存在に「必要であるか?」を問う人間は少ない。必要かどうかではなく、どう排除すべきかを優先して考えられてきた。しかも、字守を育成する機関であれば、どう魄を消滅させるか?しか考えない連中がほとんどだと僕は思っていた。
 現に、自分が所属している魄の研究施設でも、どう人間に被害を出さずに浄化するか?という方法しか考えられていない。研究員の中にも魄を知っていく内に、己のしていることの正しさに疑問を持つ者はいるだろう。自分も恐らくそのたぐいに入ると思った。しかし、僕は今まで自分と同じような思考をもつ人間に会ったことがなかった。
 いや、正確には一人しか会ったことがなかった。その一人と彼女との会話はどんなものだろう?と二人に声をかける。

「あ、ひじり。ちょうどよかった。お前のこと紹介しようと思ってたんだ」
「初めまして、神谷かみや聖です」
「聖とは緋華見でずっと一緒だったんだ。中学くらいか?」
「そうだね」
「で、今は臍央せいおうにある研究所で魄の研究をしてる超エリート」

『超エリート』などと余計なものをつけて晟は紹介した。

「へー、すごいね。魄の研究っておもしろそう。どんなことしてるの?実体がないのに、どうやって調べるのか気になる」

 やはり、晟と同様おもしろい人種のようだ。僕は、ふっと笑って答える。

「今度、研究所に来てみる?」
「え?いいの?うわ、やった!一回でもいいから中に入ってみたいと思ってたんだよね」
「字守ならいつでも入れるよ」

 当然のことを口にしたつもりだったが、彼女は晟と顔を見合わせて何やら目で会話をしていた。

「うーんとね、私は字守もどきっていうか、補佐に近い感じかな?普段は……普段は私何してるんだろ?」
「いや、知らないから」

 笑いながらそう返す晟に、彼女は小さく「あ」と呟いて手を叩いた。そして「ちょっと待ってて。私も紹介したい人達がいるから」と言って、その場を去った。

「珍しいな。っていうか、初めて見たな。聖がナンパしてるとこ」
「ナンパじゃないよ」
「いやいや、いいことだよ。お前、あんま人に興味持たないもんな」
「それはまあ……ほとんど同じような会話になるから、話す意味ないなと思って」

 僕の本音に対して、晟は肩を揺らして笑う。

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






字守-アザナカミ-


彼は残す。その智恵を、勇気を、力を、残す──
彼は言う。『死』は人生の終わりではなく、真価が問われる始まりなのだと。
私はつなぐ。彼の意志を、経験を、その命を──未来の人達へ

人は、自分に足りないものを補い合うために出会い、愛する。そして、必ず別れる──

男女の成長物語を恋愛ファンタジーで綴ります。時には楽しく悲しく甘く、そしてシリアスに。

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

Len*Ren

・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

短篇集

僕の初めては113秒。
R18作品目次
君がいたから
女という性、紅の血
麗らかな恋の花

 

小説検索サイト

文芸Webサーチ

幻想検索 tentatively

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社会にストレスを感じ、何となく生きる意味をもてない20~30代男性を「小説」で応援し、生きがいをもって楽しく後悔の少ない人生をまっとうしてもらうことを目的とする( ゚∀゚)フフフ 「男性は男らしく生きればモテまくる」をテーマに、女性に向けて男性を褒め倒す予定。/戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana