それは突然起こった。何の前触れも気配も一切なかった。
 そんな状況下で、有羽の悲痛な叫びが空気を引き裂いたのだ。
 右肩を押さえる指の間と、それ自体からとめどなく血が流れ、有羽の足元に溜まっていく。咄嗟に元凶に向けて銃を放つ。全ての弾を受け止めたエンジェルは、表情を変えずにただ佇んでいた。
 何だ? こいつらはまた違う種類なのか?

「手短にコレにしよう」

 兵器の後ろから顔を隠した男が言い放った。自分たちを『朧』と呼び、何のためらいもなく有羽を傷つけた。その上、有羽をコレと呼び、連れ去るかあるいは──
 何かが静かに智孝の中で堕ちた。それは攻撃という形で兵器もろとも男に飛び向かった。
 別方向から遼太朗が放った朧も食らいつく。遼太朗のそれは、借りている字守たちとは違い殺傷力がある。ドシュッという鈍い音と共に、確かに手応えはあった。
 しかし、男は傷一つ付けずに涼しい声色で言う。

「へー、的確的確。これだけ急所を狙えるならかなり手強いな。どれくらい耐えられるか、試してみるか」

 男は、両脇にいたエンジェルたちを盾に、智孝たちの攻撃を受け流していた。用済みとなった盾を放り投げ、今度は槍として使うつもりか指を鳴らした。
 パチン、パチン……。
 終わりがあるのかと思うほどに、エンジェルたちは湧き出てきた。軽く先程の倍の数はいる兵器たちに、苦戦を強いられる。

「ひっ……な、何だ?」近くで怯えた男の声がした。タイミング悪く目を覚ましたマチカの父親だ。
 お前が作った生物兵器がしたことだろう? 毒づくように遼太朗が言う。この状況はお前が作ったんだと。把握できずとも、マチカを連れてさっさと消えろとも言い残し、遼太朗は二度とそいつを見ることはなかった。

「いやあああっ!」

 有羽の叫びが響く。

「ああ、悪い。左手しか空いてないからさ」

 少しも悪びれた様子もなく、男は負傷している有羽の右脇に自分の腕を絡め、そのまま引き上げた。痛みに顔を歪める有羽。しかし
「いいえ。こっち、ちょうど力が入らないからよかった」
にやりと笑い、男の腹に向かって拳を突き出した。

「──って!!」

 息を吐くと同時に有羽を突き飛ばす。「兄ちゃん!」と自分を呼ぶ有羽の左手には、銀色に光を放つ金属が装着されていた。
 ドンドンドン!
 そのチャンスを逃さずに数発の銃弾を放つ。今度こそ男の体に食らいついた。すかさず、遼太朗が切りつける。

「……ちっ、くそ」

 苦々しい表情を浮かべながら男は床に腹這いとなって倒れ込んだ。

「遼太朗、有羽を連れて先に行け!」

 エンジェルたちの攻撃をかわしつつ、そう言った。諫美と二人で全ての兵器を壊すことはできないが、隙を作り逃げることはできる。
 頷き、有羽と共に外へ出たのを見届けると、智孝は数体の内の一つを再起不能にし、まだ息のある男に近づいた。

「流天か?」

 男は目元を緩ませるだけだった。それをイエスと受け取った智孝は、この依頼をどこで知ったのかを問いかける。答えは返ってこないかと思いきや、意外にもすんなりと手に入った。

「これは実験だよ。字守たちが行うテストを襲ったらどうなるか」

 つまり、これがテストだと予め知られていたってことか。
 バンと衝突音がした。見ると、諫美が息を細かく切らしながらうずくまっている。いくら身体能力が高く、既に朧を使えるとはいえ無茶をさせすぎた。訓練と違って、実戦での体力の消耗は激しい。
 二度と口を開かない男を見下ろし、諫美に脱出の声をかける。

 どうしてこれがテストだと知っていたのか? MARSとのつながり。そしてこの男が放った『5つの朧』。
 なぜ俺たち全員が朧を持っているとわかった? そして、いつ有羽は朧を手にした?
 何一つ疑問は解消されないまま、俺たちは施設を後にした。

 

 

 

橘右近をシェアで応援!!

ご感想・コメント、ぜひお願いします!

■ランキングサイト(クリックしてくれると嬉しいです!)
にほんブログ村 小説ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

言葉で傷つくこともあれば、救われることもある。言葉の力を信じて、文字だけで伝える「小説」で人生をプラスに変えることを使命とするインディーズ小説家。※画像は恋愛ファンタジー小説【アザナカミ】のヒロイン、玖堂有羽です