ピピッという電子音の後に1班上原から連絡が入った。それは地下ルートの確保と、そこにある朧の存在、そして2層となっている地下1階部分にある制御室に向かうという内容だった。地下に向かった方が得ようとしている資料も多いことから、地下2階へと目的地を変更し、その旨を伝える──と同じタイミングで諫美が智孝達を部屋へと連れてきた。
 ここで得た最大の情報であろう日誌を二人に渡し、気になったところのデータを送る。

『6月14日
とうとう我々のエンジェルが完成した。実験体の具合も良く、第2号が完成することも近いだろう。これからが楽しみだ』

『7月23日
あれから実験体の成長がとまってしまったかのように、何の変化も見られなくなった。あんなにいる中で、一体の変化もないなんて! このままでは他の奴らに先を越されてしまう。……最近、プロトタイプが成功したという噂を聞いた。いくら我々の天使が優れているとはいえ、気にならない訳がない。博士は放っておけと言うが……Rとは一体何だ?』

『8月9日
工場が襲われた。流天るてんという野蛮な奴らが集まる組織だと聞いた。どうやら、エンジェルの肥料となるパワーストーンを狙っているようだ。我々が苦労して開発したものを無駄になどするものか』

『8月18日
二度目の襲撃。奴らはエンジェルの失敗作を連れてきた。なんということだ。いくら失敗とはいえ、我々が素手で立ち向かえるような代物ではない。……そうだ。ならば完成したエンジェルを出してしまえばいい。少し時期は早いが問題ないだろう』

『8月19日
エンジェルを出そうとしていたところを博士に見られてしまった。研究のためならいかなる犠牲も惜しまない、あの人に。私のこの行動をどう捉えたのか……もうおしまいだ。くそ!──』

 そこから先は何かの文字を書いている途中で止まっていた。震えている文字、倒れた椅子や床に散らばった書類、荒らされている部屋の状態から、この時に何か起きたことは間違いないだろう。現に、遼太朗がこれを見つけたのは机の下からだった。

「何だ? これが本当なら、昨日から生物兵器は出されていたってことじゃないか。流天……聞いたことないな」
「これも恐らく、俺たちが来るだいぶ前に書かれていると思う」

 智孝が憤りにも似た感情を含めた口調で、それに同意するように遼太朗は静かに意見を口にした。

「え? でも待って。それじゃあMARSは生物兵器が脱走したのをもっと前から知ってたってこと? それなのに、このテストを実行したの? 先生たちにも知らせずに?」

 ショックを隠しきれない様子で有羽は言った。

「ねえ。俺たち、められたんじゃない?」

橘右近をシェアで応援!!

ご感想・コメント、ぜひお願いします!

■ランキングサイト(クリックしてくれると嬉しいです!)
にほんブログ村 小説ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

言葉で傷つくこともあれば、救われることもある。言葉の力を信じて、文字だけで伝える「小説」で人生をプラスに変えることを使命とするインディーズ小説家。※画像は恋愛ファンタジー小説【アザナカミ】のヒロイン、玖堂有羽です