連絡が入ったのは、到着時間10分前のことだった。
 研究施設は山間地帯に位置し、車で付近まで向かった後は徒歩での移動となっていた。その車内でよからぬ連絡がMARSから届いたのだ。

「工場内より、生物兵器と思われる物体が脱走。我々は捕獲に向かう。合流地点でその詳細を確認後、資料収集の任務を続行せよ」

 それを聞いて車内がざわつく。
 これに俺はいささか疑問がわいた。今回のテストは実戦的過ぎる・・・・・・のだ。MARSの関与はこれまでも度々あったが、それにしては情報が少なく、どことなく濁っている。

「なんというか、ちょっと出来過ぎてるね。演出なのかな?」

 遼太朗が代弁する。そうなのだ。テストを審査する字守達も、何が起きてもいいようなメンバーで構成されていることにも引っかかった。このトリガーは何を意味しているのか?その注意を字守たちの間で交わされた後、合流地点へと到着した。
 それからは生物兵器の目撃情報と、施設内の管理室へ向かったMARSのメンバーによる施錠状態の報告を聞き、いよいよ戦地へ赴くことになった。

 敷地内は驚くほど静かだった。闇に包まれた木々が風によって葉を揺らす音だけが取り残され、他には何も感じられない。人の気配も、何もだ。
 それもそのはずで、研究施設に辿りつくまでの間に、いくつもの死体が俺達を迎え入れていたのだ。
 生物兵器にやられたのか、体には何かに引き裂かれたような傷痕や、獣に喰いちぎられたような痕もあった。
 諫美や有羽は初めて見る景色に恐怖を募らせる。胸やけや悪寒が起こり、その感覚にも顔を歪ませた。零れそうになるショックの声を必死に呑み込んでいる。
 その人の道を素通りすると、研究所の入口はあった。報告通り、出入りが容易で電気も通っているようだ。

「しかし……静かだな」

 自分の声が妙に響いた。

 既にMARSは生物兵器を捕獲したのだろうか?建物の内部の構造も目標物もわからず、こんな闇夜の中、自分達が到着する3~40分程度で?
 全滅してしまったのかと思うほどの静寂に、俺を始め、字守達は生物兵器ではない敵の存在を危惧する。
 悲鳴も銃声も何一つ耳に届かず、もう起き上がることのない人達が、無言のまま自分たちを出迎えた──

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






字守-アザナカミ-


彼は残す。その智恵を、勇気を、力を、残す──
彼は言う。『死』は人生の終わりではなく、真価が問われる始まりなのだと。
私はつなぐ。彼の意志を、経験を、その命を──未来の人達へ

人は、自分に足りないものを補い合うために出会い、愛する。そして、必ず別れる──

男女の成長物語を恋愛ファンタジーで綴ります。時には楽しく悲しく甘く、そしてシリアスに。

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

Len*Ren

・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

短篇集

僕の初めては113秒。
R18作品目次
君がいたから
女という性、紅の血
麗らかな恋の花

 

小説検索サイト

文芸Webサーチ

幻想検索 tentatively

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社会にストレスを感じ、何となく生きる意味をもてない20~30代男性を「小説」で応援し、生きがいをもって楽しく後悔の少ない人生をまっとうしてもらうことを目的とする( ゚∀゚)フフフ 「男性は男らしく生きればモテまくる」をテーマに、女性に向けて男性を褒め倒す予定。/戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana