聖くんが呼ばれた理由はこれだったんだ。イベントホールの事件や、智孝兄ちゃんが言っていた次の任務・・・・のメンバーに入っていないことに疑問を抱いていた私は、聖くんが語る魄や朧についての説明を聞いて納得した。
 今までの研究でわかったこと、朧との関係性などを聞き、字守として経験を積んでいる兄ちゃんと野田実春のだ みはる──ミーちゃん以外のメンバーは感嘆の息をもらす。
 中でも、朧と魄は元々一つ──鬼の力であったということに、私は食いつくように聖くんへと質問した。

「ってことは、魄はその物体のもつ波動を、それ自体を動かすエネルギーに変換するってこと?」
「そう。そして、魄は特に人のマイナスの言葉がもつ波長に合いやすい。だからその言葉から作られている感情自体を増幅させて行動に移すためのエネルギーとなるんだ。とりつかれた人はその間の感情や感覚、記憶はほぼなくなり、欲を満たそうと躍起になる。まさに、鬼のようにね」
「確かに、『鬼』は感情が動かず非道な様子を表すこともあるけど、一つの感情に没頭している状態を表す言葉でもあるわ」

 さすが彩ちゃん。聖くんは頷いてその意見を肯定する。

「魄とは反対に、朧は自分以外の波動を取り入れてプラスの感情にし、今度はそれを表に出すんだな。『気』や一つの現象として具体化もできるエネルギー、か。つまり、魄がマイナスの力で肉体を動かし、朧がプラスの力で精神を司るってイメージ?」

 晟は綺麗にまとめてある説明文に目を通しながら言った。元が鬼の力だとしたら、そうか、目に見えるものと見えないものを動かす力に分かれたってことか。

「そうだね」
「朧を使ってる時は、俺たちの感情もなくなってるってことか?」

 その質問には少しだけ陰りを見せて聖くんは答える。

「そう、だね……朧は『鬼』の力そのものだと思った方がいい。それが凝縮されて、石という形になってるだけだと。だから朧は、魄から『鬼』を吸収して『白』というまっさらな状態に戻すんだ。字守からは、その人の感情──言葉と鬼の力を魂にして外に出すことができる。いくら自分以外からエネルギーを得られるとしても、それを上回る力を使えば、当然感情や感覚は薄れるし、意識もなくなる。そして寿命も削られてしまう」
「へー!すっごい納得!面白いね」

 目をキラキラと輝かせて話す私に、聖くんだけでなくその場にいた全員が言葉を失った。皆の気持ちを代弁するように、ミーちゃんは半ば呆れながらも「面白い、のか?」と尋ねる。

「感情や意識がなくなったり、寿命が短くなるんだぞ?」
「えー?ミーちゃんは面白くないの?だって、なかなかない経験ができるんだよ?すごくない?それにさ、もし使い過ぎたとしてもまた補えば問題ないでしょ」
「そうだな。面白いかどうかは別として、自分を保つためにも彩やお前みたいな『講師』がいるんだ。ちゃんと使い方さえわかっていれば問題はない」

 そう補足しながら兄ちゃんは私の意見に賛同する。やった!兄ちゃんと同じ考えだった!その喜びが笑顔となって表れた。

「あの時も言っていたけど、有羽は魄も必要だと思ってるの?」

 今はもうすっかり馴染んだ聖くんは、今までの会話のやりとりを見て沸いた疑問を率直にぶつけてきた。
 うーん……魄を倒す方法を見つけるために研究している聖くんに言うことじゃないかもしれないけど、私はどう思ってるのかって聞いてるんだから問題ないか。
 質問してきた聖くん同様、私も正直に自分の意見を話した。

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






字守-アザナカミ-


彼は残す。その智恵を、勇気を、力を、残す──
彼は言う。『死』は人生の終わりではなく、真価が問われる始まりなのだと。
私はつなぐ。彼の意志を、経験を、その命を──未来の人達へ

人は、自分に足りないものを補い合うために出会い、愛する。そして、必ず別れる──

男女の成長物語を恋愛ファンタジーで綴ります。時には楽しく悲しく甘く、そしてシリアスに。

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

Len*Ren

・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

短篇集

僕の初めては113秒。
R18作品目次
君がいたから
女という性、紅の血
麗らかな恋の花

 

小説検索サイト

文芸Webサーチ

幻想検索 tentatively

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社会にストレスを感じ、何となく生きる意味をもてない20~30代男性を「小説」で応援し、生きがいをもって楽しく後悔の少ない人生をまっとうしてもらうことを目的とする( ゚∀゚)フフフ 「男性は男らしく生きればモテまくる」をテーマに、女性に向けて男性を褒め倒す予定。/戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana