非常ベルの音が鳴り響き、続いて何かがぶつかる音や物が壊れるような聞き慣れない衝突音がすれば、会場内はいよいよパニック状態になった。正面玄関へ向かおうと避難する人々が互いを押し合い、もつれるようにして会場を後にする。突然のことに周りは騒然としていて、スタッフもバタバタととりあえず動いているようだった。

 演目6番では何も起こらず拍子抜けしていたが、これが目的だったのだろうか?しかし未だに自分に対するアクションはない。スタッフに誘導されるギリギリまで会場内に留まり様子を見ていたが、それらしきものは何も感じられなかった。
 5番目に起きたアクシデントが、本来のプレゼントだったのだろうか?そもそも、この丸印には意味がない?そんなことを考えながらエントランスホールに出ると、マスクをした一人の女の子──と言っても、自分と同い年くらいの子が狂気にも似た奇声を発し暴れている人々を倒していた。

 あれは、扇子の子?
 間違いない。もう一人、マスクを装着した女の人が急におとなしくなった人達を静かに寝かせている。扇子の子が字守で、もう一人の子は補佐なのだろう。
 それならばと人波をかき分け、魄を鎮静化している中心人物へと走った。
 囲まれている彼女の背後に立ち声をかける。

「こいつら皆、魄にとりつかれたのか?」

 小さく「え?」と聞き返すものの、自分と同じ境遇であることを察した彼女は、肯定の言葉を返した。

「あの音声の後、ホール全体の空気が重くなったと思ったら、こんな感じに」

 あの音声?一体何のことだろうか?そのことを尋ねても、うじゃうじゃと湧き出てくる魄に邪魔をされ会話を続けることができなかった。
 キリがねーな。
 ベルトにしてあった刀のつかを手に、数秒意識を集中させる。青白い炎のような塊が刀身を現すと、字守たちに向かって伏せるよう言葉を投げた。

 一瞬の出来事だった。
 その炎の刀を回転しながら横に振るうと同時に、かまいたちのような旋風が魄たちめがけて駆け抜けた。
 突風にあおられたと思った次の瞬間には、ぱたぱたと魄たちが倒れていく。

「すごいね。兄ちゃん以外では初めて見たかも」

 起きている者が自分たちしかいないことに安堵した彼女は、のんきにもそんなことを言った。
 炎の刀身が消えた柄を再びベルトに付けながらそれに応える。

「兄ちゃん?」
「あ、えっと、伊藤智孝いとうともたか……先生?」
「え、先生と兄弟なの?」
「ううん。私が小さい時から一緒にいるから勝手にそう呼んでる」

 この少しの会話でもころころと表情が変わる彼女に親しみを抱きながらも、先程聞けなかった質問をした。

「あの音声って何?」
「あれ?あなた字守だよね?」
「今日はプライベートで来た」
「へー……なんか、すごいね」

 依頼を受けている字守なら知ってて当然なことを聞いてきた俺を不思議に思ったのだろう。バカにした様子は見せずに質問し、答えにそう感嘆した。そんな反応を見せるってことは、きっと彼女もプライベートで演奏会といった観賞を嗜むことをしないはずだ。俺と同じで。

「招待状っていうか、挑戦状みたいなものが来たからね。受けてみた」

 眠っている人波を掻き分け、自分の元に来た補佐の子と視線で会話をした彼女は、小さく頷いた後、躊躇いがちに口を開いた。

「もしかして、樫倉晟……くん?」

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






メインカテゴリーの小説目次です

字守-アザナカミ-

❚あなたの生きる意味は、必ずあるよ。

彼は残す、その力を、勇気を、智恵を。
私はつなぐ──その命を。

人の負の感情にとりつき、その感情を増殖させる『はく
実体はなく、精神を破壊するその存在は魔と呼ぶにふさわしかった。
魄にとりつかれた者は、感情を表す言葉を食われていき次第にその身を滅ぼしていった。
対して、その魔を浄化させる力を『おぼろ』と呼び、石を媒体として朧を操る人を『字守あざながみ』と呼んだ。

字守によって救われる人々。
しかし、人あらざるものの力──朧を使うことの代償は、同じく感情であった。
字守と魄。
相対する二つの力が、今ぶつかる──

 

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

短篇集

❚色んな感情を疑似体験しよう。

現代ファンタジー、恋愛、人間ドラマ、青春、シリアスなど、多岐にわたるジャンルの短編小説を掲載。

■先生!恋愛小説の書き方教えてください
小説を書いたことのない私でも書けた。自分を知るために。──浮気をテーマにした小説の書き方の小説。
 1 / 2 / 3 / 4 / 5(完)

私は『悪』になる
悪というのは、常に笑っていて、常に自信満々だ。必要悪である彼もまた、自分の正義を楽しんでいた。

契りの果ては
籠女かごめの話

15個のカノジョ
僕たちは二人で一人の作家であり、クリエイターであり、エンターテイナーだ。僕らは時にぶつかり、時に融合し、最後に壊した

廃棄処分にして下さい。
私は欠陥品だった。だけど、私は幸せだった。

僕の初めては113秒。
「楽しくもなくつまらなくもなく生きて、意味あんの?」その一言が僕を変えた。ある日、男はそう僕に言った。そいつと出会ってから僕は、毎日の「初めて」を切り取るようになった。そして気付いてしまった。僕に生きる意味はあるのだろうかと──

R18作品目次
性描写、または暴力的なシーンがあるため、年齢制限をつけました。目次が認証画面となりますので、必ず確認をして下さい。本編を読むためにはパスワードが必要です。

君がいたから
失って初めて気付く、その存在の大切さと秘めた想い。人を愛するというのは、どういうことか?を描いた恋愛人間ドラマ。★とある出版社のコンクールに出品し、『準入選』を頂きました★

女という性、紅の血
高校が舞台の恋愛ストーリー。彼女のいる人を好きになった野中泉のなかいずみ。彼女の起こす行動に主人公の聡子さとこは血が騒ぐのを感じた。女性は何故『思い出』を作りたがるのか?その真相を描きました。

麗らかな恋の花
短編恋愛小説。ほのぼのとしています。人は自分に足りないものを補い合うために出会い、別れを繰り返す。その中で誰か、何かを愛する。

 

Len*Ren

❚甘いひとときに包まれたい

※長編小説【字守-アザナカミ-】のキャラクターのアナザーストーリーです
・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

サブカテゴリー。おもしろく、下ネタを多めにしたビジネス・恋愛・子育てコラムを中心に、ライフスタイルを載せています。

 

おもシモ!コラム

初心者向け小説の書き方|ノベルのヒント
執筆ツール「Nola」の体験記
これを読めば、あなたも楽しく小説が書けるようになる!

 

アネゴの激励|ビジネス
ビジネスは、人とのコミュニケーション。
仕事が、自分とのコミュニケーション。

 

男は浮気をしてなんぼのもの|恋愛
全力でふざけた内容で笑いをお届けする恋愛エッセイです。
下ネタをクソ真面目に考察したり、もっともらしく話したりします。

 

アクト・トレーニング・クラブ
今後、ボイスノベルを制作するにあたり、使った機種やお役立ち情報、培ってきた演技についてを熱く語ります。

 

放牧系育児でいいじゃない|子育て・教育
ママが笑顔でいることが、一番の教育にいいと本気で思ってます。

 

集客ブログの作り方
ブログもSNS。
苦しくならないようにアクセスアップを狙いましょう。

 

ライフスタイル
雑記というなの日記モドキ

 

サトリゴト
その時の気付きやらなにやら。男女について|親子関係|ショートエッセイ|200文字

 

Gallery(イラスト)
色鉛筆やパステルでの着色が好きなので、アナログ作品が多いです。
デジタルを使いこなしたい……(*’ω’*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web小説家。役者スキルを使って男女の恋愛意識の違いを文章で表現。楽しい世の中になるように男性を理解し、小説でそのカッコよさをアピールします。 /戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana