非常ベルの音が鳴り響き、続いて何かがぶつかる音や物が壊れるような聞き慣れない衝突音がすれば、会場内はいよいよパニック状態になった。正面玄関へ向かおうと避難する人々が互いを押し合い、もつれるようにして会場を後にする。突然のことに周りは騒然としていて、スタッフもバタバタととりあえず動いているようだった。

 演目6番では何も起こらず拍子抜けしていたが、これが目的だったのだろうか?しかし未だに自分に対するアクションはない。スタッフに誘導されるギリギリまで会場内に留まり様子を見ていたが、それらしきものは何も感じられなかった。
 5番目に起きたアクシデントが、本来のプレゼントだったのだろうか?そもそも、この丸印には意味がない?そんなことを考えながらエントランスホールに出ると、マスクをした一人の女の子──と言っても、自分と同い年くらいの子が狂気にも似た奇声を発し暴れている人々を倒していた。

 あれは、扇子の子?
 間違いない。もう一人、マスクを装着した女の人が急におとなしくなった人達を静かに寝かせている。扇子の子が字守で、もう一人の子は補佐なのだろう。
 それならばと人波をかき分け、魄を鎮静化している中心人物へと走った。
 囲まれている彼女の背後に立ち声をかける。

「こいつら皆、魄にとりつかれたのか?」

 小さく「え?」と聞き返すものの、自分と同じ境遇であることを察した彼女は、肯定の言葉を返した。

「あの音声の後、ホール全体の空気が重くなったと思ったら、こんな感じに」

 あの音声?一体何のことだろうか?そのことを尋ねても、うじゃうじゃと湧き出てくる魄に邪魔をされ会話を続けることができなかった。
 キリがねーな。
 ベルトにしてあった刀のつかを手に、数秒意識を集中させる。青白い炎のような塊が刀身を現すと、字守たちに向かって伏せるよう言葉を投げた。

 一瞬の出来事だった。
 その炎の刀を回転しながら横に振るうと同時に、かまいたちのような旋風が魄たちめがけて駆け抜けた。
 突風にあおられたと思った次の瞬間には、ぱたぱたと魄たちが倒れていく。

「すごいね。兄ちゃん以外では初めて見たかも」

 起きている者が自分たちしかいないことに安堵した彼女は、のんきにもそんなことを言った。
 炎の刀身が消えた柄を再びベルトに付けながらそれに応える。

「兄ちゃん?」
「あ、えっと、伊藤智孝いとうともたか……先生?」
「え、先生と兄弟なの?」
「ううん。私が小さい時から一緒にいるから勝手にそう呼んでる」

 この少しの会話でもころころと表情が変わる彼女に親しみを抱きながらも、先程聞けなかった質問をした。

「あの音声って何?」
「あれ?あなた字守だよね?」
「今日はプライベートで来た」
「へー……なんか、すごいね」

 依頼を受けている字守なら知ってて当然なことを聞いてきた俺を不思議に思ったのだろう。バカにした様子は見せずに質問し、答えにそう感嘆した。そんな反応を見せるってことは、きっと彼女もプライベートで演奏会といった観賞を嗜むことをしないはずだ。俺と同じで。

「招待状っていうか、挑戦状みたいなものが来たからね。受けてみた」

 眠っている人波を掻き分け、自分の元に来た補佐の子と視線で会話をした彼女は、小さく頷いた後、躊躇いがちに口を開いた。

「もしかして、樫倉晟……くん?」

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






字守-アザナカミ-


彼は残す。その智恵を、勇気を、力を、残す──
彼は言う。『死』は人生の終わりではなく、真価が問われる始まりなのだと。
私はつなぐ。彼の意志を、経験を、その命を──未来の人達へ

人は、自分に足りないものを補い合うために出会い、愛する。そして、必ず別れる──

男女の成長物語を恋愛ファンタジーで綴ります。時には楽しく悲しく甘く、そしてシリアスに。

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

Len*Ren

・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

短篇集

僕の初めては113秒。
R18作品目次
君がいたから
女という性、紅の血
麗らかな恋の花

 

小説検索サイト

文芸Webサーチ

幻想検索 tentatively

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社会にストレスを感じ、何となく生きる意味をもてない20~30代男性を「小説」で応援し、生きがいをもって楽しく後悔の少ない人生をまっとうしてもらうことを目的とする( ゚∀゚)フフフ 「男性は男らしく生きればモテまくる」をテーマに、女性に向けて男性を褒め倒す予定。/戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana