公演が始まる10分前。
 最後のトイレに行く者、パンフレットを手にこれから始まることに胸を躍らせる者、主催側の最後のチェックなど、このコンサートホールは様々な音で賑わっていた。
 200席ほど入りそうな広さの客席部分に、4人分の料理が並べられたテーブルが8つほどある。
 俺は用意された食事に手をつけることはせずに、椅子の背にもたれながら差出人不明で送られてきた招待状の中身を見る。もう何度読んだかわからない文面。既に暗記している内容だが、気にならないはずがなかった。

『親愛なる樫倉晟様
今までの感謝を込めて、これからあなたにお似合いのプレゼントを贈ります。まずはこのチケットから。特別席をご用意しました。
どうぞ、私の気持ちをお受け取り下さい。喜んでもらえることを願って──あなたの友人より』

 そして、チケットと共に演目6番に丸印がつけられたパンフレットが同封されていたのだ。
 ご丁寧にどうも。
 軽く息を吐きながら招待状をテーブルの上に放り、代わりにパンフレットを手に取った。
 6番目に演奏される音楽は、今は亡き友人の墨木すみき明日香あすかが好んで弾いていたものだった──

「音楽って、その人の心が表れるのよ。ね、晟も弾いてみて」

 そう言って半ば強引にこの一曲だけ練習させられたっけ。曲の一部分でも、たどたどしくも旋律となって耳に届いた時は感動したものだった。明日香なんて、自分のことのように喜んでいた。

 そんな彼女が目の前で殺されてからおよそ一年。
 俺の腕の中で徐々にのしかかる彼女の体重が、恐怖だった。口から溢れ出てくる血と共に、何かを発しようとしていたことは、ついに言葉になることなく消えた。
 未だ記憶が鮮明に残る中、なぜこんな招待状が届いたのか。誰が送って来たのか。上等だ、のっかってやるよ。
 俺は怒りにも似た眼差しを招待状に向けた。

 開演の合図と共に、徐々に暗くなる視界。
 さあ、お手並み拝見といこうか。

 

 

 

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






字守-アザナカミ-


彼は残す。その智恵を、勇気を、力を、残す──
彼は言う。『死』は人生の終わりではなく、真価が問われる始まりなのだと。
私はつなぐ。彼の意志を、経験を、その命を──未来の人達へ

人は、自分に足りないものを補い合うために出会い、愛する。そして、必ず別れる──

男女の成長物語を恋愛ファンタジーで綴ります。時には楽しく悲しく甘く、そしてシリアスに。

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

Len*Ren

・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

短篇集

僕の初めては113秒。
R18作品目次
君がいたから
女という性、紅の血
麗らかな恋の花

 

小説検索サイト

文芸Webサーチ

幻想検索 tentatively

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社会にストレスを感じ、何となく生きる意味をもてない20~30代男性を「小説」で応援し、生きがいをもって楽しく後悔の少ない人生をまっとうしてもらうことを目的とする( ゚∀゚)フフフ 「男性は男らしく生きればモテまくる」をテーマに、女性に向けて男性を褒め倒す予定。/戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana