ファンレターを書いてみませんか?

当サイトの作品を読んで、「なんかちょっと心がソワソワしたぞ」「うるっとしちゃった」「単純に文章が好き!」という方は、私にファンレターを送って下さい。

応援されることは嬉しい。
応援する方は2倍嬉しい。

あなたのお気持ち待ってます。

ばなやん(一ツ屋有美子)にファンレターを贈る

紺色

2020 1/02

藍染めの濃い青。日本で最も広く使われている色。
藍染めは高級な染色ではなかったため、男性の衣類に多く用いられたようです。

日本の紺色はやや紫がかっている暗い青ですので、高級な染色でないにしろ、ロイヤルブルーに匹敵する色だと思っています。
ロイヤルブルーもやや紫がかっている濃い青色。紫は高貴な色でもあるので、イギリス皇室のカラーとしてイメージピッタリですよね。

目次

カラーコード

#230c6d

RGB値

R:35
G:12
B:109

 

配色

写真から配色を考える

見やすいwebサイトにするには、使う色のうち「70%をメインの色または同系色」「25%を好みの合わせ色または近い系統の色」「5%をメイン色の補色」としています。 これは、3色でも5色でも同じことが言えます。

  • 1色または3色をメインの色または同系色全体の70
  • 1色を好みの合わせ色または近い系統の色全体の25
  • 残りの1色を補色全体の5

こちらが基本的な配色の考え方です。
補色などの詳しい説明は、配色についてでご説明致します。

気に入った写真からイラストソフトで色を取り(スポイトツールで色を吸い取ります)、配色を考えるやり方です。

孔雀

画像

こちらは写真から取った色をそのまま載せています。[ ]はJISで定義されている慣用色名であり、●は運営者のイメージ名です。
サイトや本によってはカラーコードが異なりますので、ご自分の思う色で配色を楽しんでください。

画像

 [紺色] #230c6d
R:35
G:12
B:109

画像

 [瑠璃色] #0229a5
R:2
G:41
B:165 

画像

 [漆黒] #0d0015
R:3
G:0
B:21 

画像

 [薄青] #93b69c
R:147
G:182
B:156 

画像

[象牙色] #f8f4e6
R:248
G:244
B:230 

 

3色で配色を考える

プレゼント

画像

画像

 [紺色] #230c6d
R:35
G:12
B:109 
[空色] #000175
R:116
G:223
B:244 
[柑子色(こうじいろ)] #f1ad28
R:241
G:173
B:40 

夕焼けと海

画像

画像

[褐色(かちいろ)] #1c0d36
R:28
G:13
B:54 
 [紺色] #230c6d
R:35
G:12
B:109
[淡黄(たんこう)] #fce885
R:252
G:232
B:133 

 

イラストで配色を考える

紺色以外の色を載せています。

画像

[鴇色(ときいろ)] #f2b1c1
R:242
G:177
B:193 
[白緑(びゃくろく)] #d3e6c0
R:211
G:230
B:192 

 

画像

[金糸雀色(カナリアいろ)] #eeda00
R:28
G:13
B:54 
[瓶覗(かめのぞ)き] #c7e8fa
R:199
G:232
B:250 

画像

[青竹色(あおたけいろ)] #3e968b
R:62
G:150
B:139 
[深緋(こきひ)] #cf1c1c
R:207
G:28
B:28 

 

色覚バリアフリー

基本的なデザインの考え方として「むやみやたらに色を多用しない」というのがあります。
詳しくは「配色について」でお伝えしていますが、使う色のうち「70%をメインの色または同系色」「25%を好みの合わせ色」「5%をメイン色の補色」としています。

色覚バリアフリーとは、「色に頼りすぎずシンプルに」「かつ洗練された」「色覚障害の方のことにも配慮する思いやりの心を育む」ために考えられた配色デザインです。

こちらにはこのページがタイプ別によって画像化したものを載せています。

P型|protanopia

画像

赤い光を主に感じる錐体が無い、あるいは分光感度がずれている

D型|deuteranopia

画像

緑の光を主に感じる錐体が無い、あるいは分光感度がずれている

T型|tritanopia

画像

青い光を主に感じる錐体が無いため、青色付近の識別が困難

 

こちらを読んでくれたあなたの人生が色輝きますように。
ありがとうございました。

 

一ツ屋有美子@声優小説家
ブログランキングに参加してます! 次のリンクをクリックして応援してもらえると嬉しいです。
よろしくお願いします(@゚∀`@)ノ

 



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらのお話もオススメです

コメント

コメントする

目次