君がいたから

7:約束

もしかしてと思い出したことだが、あのナンパの日の帰りも、真己は私を送るために誘いにのったのではないだろうか?買出しの品を手にして、店が忙しいことを忘れるとは思えない。

「真己くんの優しさは誰にでも向けられるけれど、菜々子だけに向けられた優しさがきっとあるはずだ」

ふと、父の言葉が頭に浮かぶ。私が気づいていないだけで、父さんにはわかるものがあるのだと。だから父さんは「真己だったら安心だ」と言ったのだ。
私だけに向けられた優しさがあるとしたら、それは一体何なのだろう?
毎回部屋まで送ってくれたのも、ナンパ事件の時に見せたようなさりげない気遣いや、好きな飲み物を覚えていてくれたのも、全部私だけに向けられた優しさだとしたら、一体何だというのだろう。
そんな風に考えていくと、全てがそう思えてくるし、単なる自惚れにも見えてくる。
そう、例えばこんなことがあった。

真己が店を継ごうと決心した理由は、「好きだから」らしい。酔っ払ったオヤジが多くても、仕込み作業がきつくても好きなのだと。

「疲れた顔して入ってきたオヤジさんたちが、料理食べて酒飲んで、たまに愚痴言ったりしてさ、それでも最後は元気になって帰る姿見たら、俺も頑張ろうって気になるんだ。自分の作ったもので喜んでもらえるのは、やっぱ嬉しいもんな」

本当に嬉しそうに語る真己の顔を見て、共感した私は大きく頷く。

「わかるなぁ、それ。何かさ、お互いに分け与えてる部分があると思うんだよね。私たちはおいしい食事で、お客さんは感謝の気持ちっていうのかな。暖かい気持ちを伝え合ってるって気がする」
「お、話がわかるね、菜々子さん。どう? 俺とずっと一緒にこの店を切り盛りしていかないか?」
「クビにされない限り、喜んで」

冗談ぽく言っていたし、この後は談笑して終わってしまった会話だ。
最後の言葉は、受け取りようによっては告白にも聞こえる。でも私は、ただ意気投合した二人の会話にしか聞こえなかった。

ここではたと気付いたことが一つ。私は、真己のことをどう思っていたのだろう? 一緒にいるのは楽しいし、ただの幼馴染みよりかはうんと大切な存在だ。でも……
「ねえ、お父さん。一緒にいるのが当たり前だと思うからって、恋愛の好きとは言えないよね?」

突然の質問にも、父は嫌な顔一つせず考えてくれた。私がどういう意味で尋ねているかを知っておいた方がいいと判断した父に、素直にありのままの気持ちを伝える。

「菜々子は真己くんが好きかい?」
「だから、好きは好きでも恋愛の好きかって聞かれるとわからないって……」
「別に恋愛の好きかどうかと分ける必要はないんじゃないかな? 好きにも色々形があっていいと思う。友達の好き、家族の好き、恋愛の好き……でもそれらは、全部好きという感情だ。好きなものは好き、それでいいじゃないか。父さんだって、母さんも菜々子も真己くんも皆好きだよ」

皆好きという感情……何だか心に引っかかった。

「いいかい? 菜々子。一緒にいて楽しい、安心するといったことはとてもいい関係だ。いい関係にあると、人は相手のことを思いやったり、喜ばせようとしたり、幸せを願ったりする。それがね、人を愛するということだ」
「……じゃあ、私だけに向けられた優しさっていうのも?」

だんだんと鼓動が高鳴っているのがわかった。少しずつ見えてきた答えに、なぜか緊張する。

「それは、真己くんから?」

父が指したのは、真己からのプレゼントだった。
私は生返事のまま袋から小さい封筒と箱型のプレゼントを取り出し、先に包装をはがした。そこに、求めている答えがずばり書かれているような気がしたのだ。

白い、長方形の箱はジュエリーを包む時には定番の物だった。中にはもう一つのケースが入っている。
震える手でそっとケースを開けると、四つ葉のクローバーをモチーフにしたネックレスが姿を見せた。

四つ葉のクローバー?
そのプレゼントの意味がわからず、小さい封筒を開ける。どうやらメッセージカードのようだ。

【ハッピーバースデイ、菜々子。幸せにな】

カードには、そう書かれていた。そして追伸。
【やっと子供の頃の約束が果たせてよかった】

子供の頃の約束? そして四葉のクローバー。
でもあの時は栞にして終わったんじゃ……しばらく記憶を辿っていくと、ある真己の言葉が思い出された。

「菜々子の幸せのために、いつかちゃんとした四つ葉のクローバーをプレゼントするよ」

愕然とした。
まさか、あの時のことを覚えていたなんて。ずっと昔にした、私でさえも忘れていた小さな約束を。

 

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。
このサイトはリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次