子供の頃から毎年もらっていたバレンタインのチョコレート。
 お隣さんだからという、ただの義理チョコだった。

 去年も、OBとして母校である高校の部室に顔を出した時、集まったメンバーたちと一緒に食べた。
 テーブルの中央に、徳用物のように山盛りに積まれたチョコを一つつまみ、何とも言えない気持ちと一緒に飲み込んだ。まるで試食品を食べたような感覚だ。

 だけど、今年は違う。

 授業が終わり、冷える空気の中、大学を出た。
 校舎を出て門へ向かう途中の道に、彼女はいた。
 白い息を吐き、ひょいと上げた視線の先に待ち人の姿を見つけると、顔をほころばせて手を大きく振る。

智孝ともたか兄ちゃん!」

 有羽ゆばと同じように微笑んだ俺は、速度を上げて歩み寄った。
 一歩半の距離をおいて、有羽は両手を差し出す。手には綺麗に包装された箱があった。

「ハッピーバレンタイン!手作りだから、ありがたく頂戴するように。──なんてね」

 俺は右手でチョコを受け取り、その勢いで彼女を抱きしめる。
「ありがとう」と心を込めて囁くと、有羽は嬉しそうにくすっと笑った。
 もらったチョコレートのように甘い時間だ。

 それから俺たちは手をつないで歩き出した。

 愛しき人よ。
 いつまでも、側にいて微笑みかけて欲しい。
 温もりを感じられる、この距離で──

 

愛しき人
著者|橘右近

 







橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!

おススメは「エックスサーバー

アクセスが早いので読者さんのストレスを軽減! 離脱を防げる!
安心のSSL化が無料
大量アクセスでもダウンしない! ちゃんと表示される!



ワードプレステーマなら「ストーク

初心者に優しい設定で、すぐに執筆にとりかかれる!
カスタマイズ方法がわからなくてもキレイなデザイン!
何もしなくても自動的にスマホ対応!!



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

「生きる」と「愛」をテーマにし、言葉で世界を変える小説家。 役者経験を活かし、自分を見つめることで人生を豊かにさせる方法を伝えるマインドコーディネイター。webデザインで色んな人のビジネスに関わり、自分の世界観を広げ、子供たちが楽しくビジネスを学ぶ学校を作るのが夢。 【得意】 演技・人間観察・雰囲気読む・感覚を落とし込む・小説書く・サプライズ考える・男性を理解し応援する・難しいことをわかりやすく説明する