劣等感ていうのは、自分だけが感じるものなんだよ

 私は、自分の中に流れる女の血が嫌いだった。
 男に溺れた母親のようにはなるまいと、必死で自分の中の女を排除してきた。感情の赴くままに動かず、女だからと甘えず、男にバカにされないよう対等に渡り歩こうと生きてきた。
 だから必死で勉強をした。努力をした。泣き言を言わなかった。
 女同士でする足の引っ張り合いも軽蔑していた。

 そんな私は、たった一人、尊敬できる男性と出会った。
 その人に認めてもらいたくて、より懸命に努力した。成績を上げた。追いつきたくて、必死だった。

 だけど、私のそんな努力を嘲笑うかのように、彼の隣にはいつもあの子がいた。
 邪魔だった。
 悔しかった。
 いつもヘラヘラとして、大して頑張ってもいないくせに簡単に私を超えた。そして、私の欲しいものばかりを奪っていった。
 どうして?どうして私じゃなくて、あの子ばかりが手にするの?どうしてあの子ばかりが気にかけてもらえるの?どうして庇ってもらえるの?守ってもらえるの?私の方が何倍も努力しているのに。
 どうして嫌っているのに笑いかけてくるの?声をかけるの?普通に接してくるの?
 これじゃ、私がバカみたいじゃない。私に近づかないで。あんたなんか、大っ嫌いよ。

 今まで抑え込んできた欲情が、ついに表に出た。
 言ってしまった。あの子を大事にしている彼に。自分の思いの丈をぶつけてしまった。
 彼から授業を教わっている時にしていた質問のように、答えてもらうのが当然のように、次から次へと簡単に口から言葉が吐き出された。
 静まりかえった廊下で、彼と二人きりだった。はじめは、明日の任務についてよろしくお願いしますという挨拶を交わした。そこで、先程あの子に言われた「私のフォローがあれば安心」という言葉を思い出し、急激に苛ついたのだ。
 私はあの子が嫌いなのに。何でそんなことを言うのか理解できない。きっと、私のことを見下しているんだ。あの子はそんな子なんだと、彼に気付かせたかった。

「どうしていつも勝てないのかしら?私がどんなに努力しても、あの子は簡単に私の上を行くわ。それがどんなに悔しいことか、あの子には全然わからない。どんなに突き離しても、あの子は笑顔を向けてくる。……バカじゃないの。それが私を惨めにさせてるって、どうして思わないわけ?これじゃ、私のしてること全部がバカみたいじゃない!」

 完全に八つ当たりだった。
 醜い嫉妬と怒り。どうしても止められず、私は声を張り上げた。
 でも彼は、私を責めることも怒ることもせずに私の話を黙って聞いていた。

「あの子、私に嫌われてるって知ってるのに、笑ってくるんです。私にはわからない。何であんな風に話しかけてくるのか」
「それは、仲間だと思っているからじゃないか?」
「仲間?冗談じゃないわ。私はあの子を仲間だと思ったことない!あの子だって、心の中で優越感に浸ってるに決まってるわ!」

 そのまま切りそうな強さで唇を噛んだ。止められなかった自分に腹が立って仕方なかった。
 どうか、怒ってください。感情に流されてしまった私を、どうか。
 けれど、それさえも叶わず、彼は静かに問いかける。

「……そうだな、こんな話を知ってるか?笑うことしか出来ない子供と、笑うことが出来ない子供の話。お前は、どっちがかわいそうだと思う?」

 その意味がわからなかった。
 懸命に『正解』を探そうとするが、混乱した頭では少しもそれは見つからない。

「わ、わかりません。どっちもかわいそうに思えますけど」
「だろうな。傍から見ればそうだと思う。でもこの話では、笑うことの出来ない子供だけ・・・・・・・・・・・・・が劣等感を抱いてしまうんだ」

 それを聞いて、私は奈落の底に落とされたようだった。

「笑うことしか出来ない子供は、自分がそれしか出来ないことをちゃんと理解している。だから、自分の出来ることを精一杯するだけだ。ツライことがあっても、泣きたいことがあっても、その子はいつもにこにこと笑っている。でもそれを見た笑えない子供は、その子を羨ましく思うんだ。なぜあの子はあんなに楽しそうに、幸せそうにしているんだと。……もうわかるな?お前なら」

「──はい」と喉の奥から絞り出した。

「劣等感ていうのは、自分だけが感じることなんだ。その人が抱かせてるわけじゃないんだよ」

 もうダメだと思った。怒られることさえされなかった私。彼にとって私は、ただの生徒でしかないのだ。

「どうして尾乃寺おのでらは劣等感を抱いたんだろう?何か原因があるはずだ。不安だったり恐怖を感じたことがないか、まずはそれを考えてみるのはどうだ?」
「私……!私は……」

 あなたに愛されたかった。
 ああ、なんということだろう。
 あんなに嫌悪していた女の血が、ふつふつと自分の中に流れているのがわかる。女であることが嫌だなんて、そんなことを考えている時点で私は女なのだ。

 私とあの子で決定的に違うのはそこだ。
 あの子はきっと、女であることが嫌だとは思わない。それも女であると、自分であると受け入れる。全てを受け入れるから、全てを受け入れてもらえる。

「原因はわかっています。まだ仲良くできそうにはありませんが……もう大丈夫です」

 少しだけ強がりを口にして、私は彼からの最後を教えを胸にしまった。

 

──恋愛ファンタジー小説『字守-アザナカミ-』より一部抜粋|備忘録|予告

橘右近をシェアで応援!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です