彼女は言った。「男が怖い」と。
次に「いなくなっちゃえばいいのに」と続けた。
そして最後に「ひどいこと言ってごめんなさい」と、俺に謝った。

言う相手が間違っていることも、そんな男ばかりでないこともわかっていると、彼女は言った。
でも、どうしても考えてしまうとも、彼女は言った。
男を利用した理不尽な女の攻撃を受け、どうしようもできない子供という立場を悪用された彼女は、そんな日々を『耐える』しかなく、自分が悪いと責め続けていた。

「いいじゃないか、言う相手が間違ってても。言える場所があるっていうのは大事なことなんだぞ」

そう言うと、有羽ゆばは呆けた顔をして俺を見つめた。何を言っているのか理解できないようだった。

「人に頼るっていうのは、何か頼み事をしたり、力を借りたりすることだけじゃない。こうして気持ちを吐き出すこともそうだ。お前はもっと人を頼れ。少なくとも俺は、お前に頼られたいと思ってる」

「い、いいの?」そんなことをしても、と救いを見つけた瞳で問いかけてきた。
「いいよ」はっきりと答えた。

「だって、嫌じゃない? 迷惑じゃないの?」
「嫌でも迷惑でもない。じゃあお前は、俺が頼ったらそう思うのか?」

ひどく驚いた顔をして、彼女は無言のまま首を2,3度横に振った。

「思わない。反対に嬉しい」
「なら、俺と同じだ」

泣きそうになっている顔を見て、思わず頬を緩ませた。
それを合図とするように、有羽は顔を歪ませ、大粒の涙を零す。

「う……うえええええーん! 何でそんなに優しいのー……う、ぼえええええええー」

有羽は、変な擬音を発しながら子供のように泣きじゃくった。
途中、「ありがとう」や「ごめん」と言い、あとはよくわからない単語も口にしていた。
頭をぽんぽんと軽く叩くと、有羽は顔を上げることも泣き止むこともなく、そのまま俺にしがみつく。

今までの思いの丈をぶつけるように、泣き続ける有羽。俺は黙って、けれどもしっかりと彼女を抱きとめた。それから自分にできることと、これから解決できることを考えた。
有羽が言えるようになったからとはいえ、それ自体が解決しなければ何も変わらない。また耐える日々だ。そんなことを思った。

「……兄ちゃん、ごめん」
「? 何が?」
「鼻水、くっついちゃった」
「おま、何だよそれ」

予想外の言葉と姿に、吹き出した。それを見て、有羽はぐしゃぐしゃになった顔をさらに歪めて笑みを浮かべる。

「もう、このまま拭け」と、自分のシャツを引っ張り、有羽の顔を拭いた。
「ちょっ! 兄ちゃん、雑!!」

そしてまた視線が絡むと同時に吹き出した。
以前のように元気な有羽がそこにいた。ひとしきり笑った後、有羽は穏やかに笑ってこんなことを言った。

「ありがとう、兄ちゃん」

それにはただ笑い返した。

「でも、頼ってばかりでいいのかな? 兄ちゃんは大丈夫? 倒れたりしない?」
「お前一人に頼られたくらいで倒れたりしないよ」
「うーん、それはわかってるんだけど……兄ちゃんには、そういう場所はあるの?」

なるほどな、と思うのと同じく、自分よりも他人を優先させる有羽に少しだけため息をついた。

「大丈夫だよ。気にするな」
「……そっか。頼りないかもしれないけど、私にできることがあったら言ってね」
「ああ」

答えながらも、「そうだな」とふと思いついた。
もしかしたら、俺が頼めばいいんじゃないか?このままその場所──感情を知るために入った劇団にいて、有羽にとっていいかと問えば、答えはNOだ。それよりも、もっとお互いがよくなることなんていくらでもある。

「お前、これからもそこに居続けるのか?」
「……ううん。来週の日曜日に最後のテストがあるの。出だしとラストと人物設定などは変えずに3ヶ月間で中身を作り上げた創作劇のチーム対抗戦みたいなテストで。それが終わったら辞めようと思ってる。もう、先生にも話してあるんだけど、皆で作り上げたものだから最後までやりたいんだ」
「そうか。それ、俺も見に行けるのか?」

何となく聞いたことだったが、有羽はひどく驚いた表情を浮かべた。

「もしかしなくても、兄ちゃん心配してくれてるの?」
「何でそういう答えにくいこと聞くんだよ」

そういうところはよく気付くよな。と顔に出ていたのか、有羽はくすくすと笑う。

「中に入れるかはわからないけど、始まるのは18時。私がやるのは最後だから20時から20時半だよ。終わりは21時くらい。着替えはなし……で、大丈夫?」
「ああ、十分だ」

今起きた問題が解決したとはいえ、何もしない保証はない。そいつらに魄がとりついているなら、最悪な結果を迎える可能性の方が高い。
俺が決着をつけてやる。
有羽の笑顔を見て、そう思った。

──恋愛ファンタジー小説『字守-アザナカミ-』より一部抜粋|智孝と有羽

 




橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

言葉で傷つくこともあれば、救われることもある。言葉の力を信じて、文字だけで伝える「小説」で人生をプラスに変えることを使命とするインディーズ小説家。※画像は恋愛ファンタジー小説【アザナカミ】のヒロイン、玖堂有羽です