「はい。どうぞ」

 にこりと笑いながら有羽は言った。手にしているカップからは、ゆらゆらとホットチョコレートの湯気がたっている。
 晟はお礼を述べてひと口飲む。
 ほどよい甘さと、寒空の下にはありがたい温かさに自然と顔がほころんだ。

「どう?」
「おいしいよ」

 それを聞いて嬉しそうな様子の有羽。
 今日はバレンタイン。いつも仲良くしている人たちにもチョコをプレゼントしたのだが、彼のは特別に作ったものだった。皆とは形も変えて飲み物に。
 そのために当日調理室を貸してもらえるように頼み込み、今こうして学校帰りに出来立てをプレゼントすることが出来た。
 本当は水筒ごとプレゼントしようとしたのだが、せっかくだから二人で飲もうと誘われ公園へ。日が暮れたこともあり、だいぶ周りの空気も冷えていた。「はぁ~」と自らの息で手を温める彼女に、晟はカップにホットチョコを注(つ)ぎ足し、差し出した。

「手、冷たくなってる」

 渡す時に触れた手が、氷のようだった。次(つ)いで頬に触れる。やはり冷たさは変わらなかった。照れからではなく寒さで赤くなっているのだ。

「ほっぺも冷たい」
「晟の手は、あったかいね」

 重ねるようにして手に触れると、静かに彼が降りてきた。息がかかるほどに距離が縮まると、有羽は目を閉じる。
 そして、そのすぐ後に晟の温もりを唇で感じていた。
 粉雪が手のひらの上に舞い降り、一瞬の冷たさの後(のち)に溶けてしまう感覚に似ていた。それは柔らかく、優しさの伝わるキスだった。

 晟は有羽の潤んだ瞳を見つめて微笑む。

「チョコついてた」

 そのセリフに、今度は恥ずかしさから赤面する有羽。しばらく、何か言おうとしても一つとして言葉になることはなかった。

「う、嘘!だってひと口しか飲んでないし……それにつくとしたら、こう牙みたいに口の端っこに……」

 最後はぶつぶつとひとり言のように言った。晟はそれに吹き出し、からかいたくなってしまった衝動に素直に従う。

「じゃあ、そこにもする?」
「い、いい! いい!」
「いいの? では」
「あ、いや、いりません」
「なんだ、残念」

 絶対楽しんでる。有羽は文句こそ口にしなかったものの、晟の行動にどう返していいものかと困惑していた。
 そう、この笑顔が全てを見透かされているような気にさせられるのだ。有羽は動揺を隠すためにもカップに口をつける。
 ああもう、まるで自分がホットチョコレートみたい──
 甘くとろける味(あい)に、有羽はそんなことを思っていた。

END

SCENE7【翔太は見た!!

ホットチョコのように。|橘右近




橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

言葉で傷つくこともあれば、救われることもある。言葉の力を信じて、文字だけで伝える「小説」で人生をプラスに変えることを使命とするインディーズ小説家。※画像は恋愛ファンタジー小説【アザナカミ】のヒロイン、玖堂有羽です