「はい。どうぞ」

にこりと笑いながら彼女は言った。手にしているカップからは、ゆらゆらとホットチョコレートの湯気がたっている。
彼はお礼を述べてひと口飲む。
ほどよい甘さと、寒空の下にはありがたい温かさに自然と顔がほころんだ。

「どう?」
「おいしいよ」

それを聞いて嬉しそうな様子の彼女。
今日はバレンタイン。いつも仲良くしている人たちにもチョコをプレゼントしたのだが、彼のは特別に作ったものだった。皆とは形も変えて飲み物に。
そのために当日調理室を貸してもらえるように頼み込み、今こうして学校帰りに出来立てをプレゼントすることが出来た。
本当は水筒ごとプレゼントしようとしたのだが、せっかくだから二人で飲もうと誘われ公園へ。日が暮れたこともあり、だいぶ周りの空気も冷えていた。「はぁ~」と自らの息で手を温める彼女に、彼はカップにホットチョコを注(つ)ぎ足し、差し出した。

「手、冷たくなってる」

渡す時に触れた手が、氷のようだった。次(つ)いで頬に触れる。やはり冷たさは変わらなかった。照れからではなく寒さで赤くなっているのだ。

「ほっぺも冷たい」
「手、あったかいね」

彼の手に重ねるようにして触れると、静かに彼が降りてきた。息がかかるほどに距離が縮まると、彼女は目を閉じる。
そして、そのすぐ後に彼の温もりを唇で感じていた。
粉雪が手のひらの上に舞い降り、一瞬の冷たさの後(のち)に溶けてしまう感覚に似ていた。それは柔らかく、優しさの伝わるキスだった。

彼は潤んだ瞳を見つめて微笑む。

「チョコついてた」

そのセリフに、今度は恥ずかしさから赤面する彼女。しばらく、何か言おうとしても一つとして言葉になることはなかった。

「う、嘘!だってひと口しか飲んでないし……それにつくとしたら、こう牙みたいに口の端っこに……」

最後はぶつぶつとひとり言のように言った。彼はそれに吹き出し、からかいたくなってしまった衝動に素直に従う。

「じゃあ、そこにもする?」
「い、いい!いい!」
「いいの?では」
「あ、いや、いりません」
「なんだ、残念」

絶対楽しんでる。彼女は文句こそ口にしなかったものの、彼の行動にどう返していいものかと困惑していた。
そう、この笑顔が全てを見透かされているような気にさせられるのだ。彼女は動揺を隠すためにもカップに口をつける。
ああもう、まるで自分がホットチョコレートみたい──
甘くとろける味(あい)に、彼女はそんなことを思っていた。

END

SCENE7【翔太は見た!!

ホットチョコのように。|橘右近

橘右近をシェアで応援!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です