「ねえ、彩先輩。先輩の家はお雛様とか出すの?」

 海白彩は樫倉晟の誘いを受けて、彼の部屋へ遊びに来ていた。
 クッションの上に座っている彼女の隣りに腰を下ろした晟はそう質問すると、彩は微笑んで「もちろん」と答えた。

「じゃあ…ひし餅とか、あと白酒なんかも?」

 なぜそんなことを聞くのか後輩の意図が判らなかったが、その問いにも首を縦に振る。
 すると晟は意地悪そうな笑みを口元に浮かべてこう切り出した。

「ところで彩先輩。お供えするものにどんな意味があるか知っている?」
「えっ?…考えたこともないわ、そういえば。晟くんは知っているのかしら」

 意味を理解しているからこそ、こんな質問をするのだろうけれど。そう彩は思いながら聞く。
 晟は雛あられについては不明なんだけど、と前置きをした後に「ひし餅と白酒はね──」と彩に耳打ちをする。
 囁かれた、あまりにも衝撃的な単語に顔を真っ赤にして彼女は身を退(ひ)いた。

「なっ…何?やだ、それ、本当なの?」

 狼狽しながら聞く女性に笑みの表情を崩すことなく頷く。

「少なくとも俺はそう聞いたことがあるよ」

 そう言うと自分から少し離れた彩の側へ近付き
「真っ赤になってる。彩先輩ってば可愛い」
 笑いながら髪を撫でる晟をむくれたような表情で睨(にら)んだ。と、その視界が揺らぐ。

 気がつくと男性の胸に引き寄せられていた。
 もうひとつ先輩に教えたいことがあって。耳元でそう囁かれて彩は身を固くした。

「今度は何?」

 問いには3月3日はどんな日かという質問が返ってきた。

「ひな祭りでしょ?女の子の成長を祝う日だと思ったけれど」
「一般的にはね。でも本当は子孫繁栄を意味しているんだよ」

 だからさ、と身体を離して瞳を正面から見つめる。その真剣な表情に気圧(けお)され、彩は静かに次の言葉を待った。

「その伝統は大切に守るべきだと思う」

 言いながら押し倒されて、彩は小さく悲鳴を上げた。
 俺達も昔に倣(なら)って子孫繁栄に励むべきなんじゃないかな。晟は言葉をそう結んだ。
 一瞬の空白。
 直後に大きな声を出して驚きを表現した。

「ちょ…ちょっと待って。そんなこと急に言われても心の準備って云うものが───」

 頬を染めて小さく抵抗する彩が可愛くて、くすくす笑いながら問い掛ける。

「じゃあ心の準備が出来たらいいの?」

 その言葉に組み敷かれている眼下の女性は口を噤(つぐ)んだ。
「いじわる」。囁くように口にする彩の唇にそっとキスを贈った。

END

ヒナ・マツリ|桜左近

橘右近の類似作品【はちみつの時間―甘い言葉を囁かれて―(R15推奨)

 




橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

インディーズ小説家。橘右近の相方=心の友です。ファン第一号