学校も休みである日曜日、有羽は晟の部屋へと遊びに来ていた。と言っても、お互いにやらなければいけない課題を黙々と進めていたのだが。
 自分の分は終わったと背伸びをする有羽は、ノートを見て難しい顔をしている晟に後ろから抱きつき声をかけた。

「晟は何してるの?」
「んー、明日までに提出しなきゃいけないレポートがあってさ」

 覗いてみると物理の問題が書いてあり、有羽は自分のことのように困った顔をして頷いた。

「私、物理の原理がいまだによくわからないんだよね。数学で無理矢理解いちゃってる」
「有羽って数学得意だよな。それって智兄の影響?」
「うん。智孝兄ちゃんて、人に教えるのと私を怒らせるのはうまいんだよね」

 幼馴染みであり、里美の兄でもある智孝の名を出して尋ねる晟に、有羽はおどけるように言葉を返した。

「二人って仲いいよね」
「あれれ?もしかして妬いてるの?」

 ひょいと横から覗くようにして顔を出す。晟はちらりと有羽と目を合わせ、また視線をノートに戻した。

「……そりゃあ気にはなるよ。智兄って有羽のこと好きそうだし」
「あはは。それはないよー。兄ちゃんて彩ちゃんみたいにかわいい子がタイプだもん」

 晟から体を離し隣へぺたりと座る有羽は、手をぷらぷらと左右に振りながらそう答えた。

「有羽だってかわいいよ」
「あ!その言葉禁止!」
「何で?」
「だって、どう答えていいかわからないんだもん。恥ずかしいし……」

 そう言われるともっと言ってみたくなるのが人情というものか。
 晟はどこか嬉しそうな顔をしてペンをテーブルの上に置き、有羽を見つめる。

「どんな美女を前にしても、有羽にはかなわないよ」
「そ、それは言いすぎ」
「そう?俺には有羽が最高だけどな」

 そしてそっと有羽の肩を抱く晟。今のセリフといい、好きな人の腕に抱(いだ)かれたことといい、有羽の鼓動が高鳴るには充分だった。

「理由なんか関係なくなるんだ。それくらい、有羽に夢中になってる」
「あ、ありがとう」

 何と答えていいものか、有羽は自分でもわからないうちにお礼を口にしていた。これ以上言われると、感覚が麻痺しそうな予感がする。
 晟はそんな有羽に気付いていないのか、両腕で包み込むようにして有羽を抱きしめた。

「もっとストレートな方がいいかな?──好きだよ」
「な……もういいよ」
「俺には有羽が必要なんだ」

 有羽が真っ赤になっても晟はやめることをせず、耳元でそう囁いた。有羽はぴくりと体を反応させると、晟に身を任せるように寄り添った。

「もう、有羽しか見えない」

 既に何も言えなくなってしまった有羽は、かすかに震える手で晟のシャツをつかむ。心なしか、彼の腕にも力が込められた。

「誰よりも有羽のことを愛してる」

 ふと顔を上げると、優しく微笑んでいる晟と目が合った。
 ゆっくりと晟の顔が降りてくるのにあわせて、有羽は目を閉じる。

 唇が触れると、何も考えられなくなった。
 麻酔を打たれたように感覚が鈍り、頭の奥がじんと痺れた。

「今、どんな感じ?」
「──そういうの、イジワルっていうんだよ」

 自分がどんな表情をしているのか想像もしたくなかったので、有羽は晟を見ることもせずにそう答えた。

「教えてよ。どう思ってるとか、して欲しいこととか」

 有羽はしばらく黙っていたが、自分の気持ちを言うならと静かに口を開いた。

「晟と一緒にいると楽しいし嬉しいし、こうしてもらえるとすごく安心するの」
「うん」
「それで、もっと一緒にいたくなるし、晟のことばっかり考えちゃって……これじゃ駄目だなぁって思うんだけど、どうしようもなく好きで……」

 その先に伝える“お願い”を、有羽は晟の肩に腕を回し、今にも消えそうな声で囁いた。

「もっと、愛して──」と。

 晟はそっと有羽の手を外すと、そのままキスをした。

 深く口付けを交わす晟の気持ちを受けとめる有羽。
 唇が離れると同時に、晟は強く彼女を抱きしめた。

「今の、すごい効いた。もう駄目かも」
「え?」
「続き、してもいい?」

 いいか?と尋ねておきながら既に行動を起こしている晟に、有羽はその本気を試すべく問いかける。

「レポートは?」
「そんなの後でいいよ。それとも、有羽はレポートをやって欲しいの?」

 駄目だ。晟には全部見透かされている気がする。
 笑って答える晟を見て、有羽はそんなことを思った。
 晟がレポートを選ぶわけがないことを知っていて聞いたのに、それを同じ意図で聞き返されては、自分もこの後の展開に期待していたことがばれてしまう。
 有羽は精一杯の抵抗として、一言呟いた。

「──イジワル」

 もう一度食べたくなる蜂蜜のように、甘くてとろけるような一時。
 たまには、そんな時間に浸ってみるのもいいかもしれない。

END

はちみつの時間―甘い言葉を囁かれて―|橘右近

橘右近
ここで言うのもなんですが、晟は主役のくせしてエロ担当です。相方の左近ちゃんにも、そのイメージで突き進んでもらってます!
(いいのか?こんな紹介して)

【はちみつシリーズ】
スローペース(糖度★☆☆)
寝起きの本音(糖度★★☆)
甘い言葉を囁かれて(糖度★★★)

桜左近の類似作品【ヒナ・マツリ

 

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






メインカテゴリーの小説目次です

字守-アザナカミ-

❚あなたの生きる意味は、必ずあるよ。

彼は残す、その力を、勇気を、智恵を。
私はつなぐ──その命を。

人の負の感情にとりつき、その感情を増殖させる『はく
実体はなく、精神を破壊するその存在は魔と呼ぶにふさわしかった。
魄にとりつかれた者は、感情を表す言葉を食われていき次第にその身を滅ぼしていった。
対して、その魔を浄化させる力を『おぼろ』と呼び、石を媒体として朧を操る人を『字守あざながみ』と呼んだ。

字守によって救われる人々。
しかし、人あらざるものの力──朧を使うことの代償は、同じく感情であった。
字守と魄。
相対する二つの力が、今ぶつかる──

 

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

短篇集

❚色んな感情を疑似体験しよう。

現代ファンタジー、恋愛、人間ドラマ、青春、シリアスなど、多岐にわたるジャンルの短編小説を掲載。

■先生!恋愛小説の書き方教えてください
小説を書いたことのない私でも書けた。自分を知るために。──浮気をテーマにした小説の書き方の小説。
 1 / 2 / 3 / 4 / 5(完)

私は『悪』になる
悪というのは、常に笑っていて、常に自信満々だ。必要悪である彼もまた、自分の正義を楽しんでいた。

契りの果ては
籠女かごめの話

15個のカノジョ
僕たちは二人で一人の作家であり、クリエイターであり、エンターテイナーだ。僕らは時にぶつかり、時に融合し、最後に壊した

廃棄処分にして下さい。
私は欠陥品だった。だけど、私は幸せだった。

僕の初めては113秒。
「楽しくもなくつまらなくもなく生きて、意味あんの?」その一言が僕を変えた。ある日、男はそう僕に言った。そいつと出会ってから僕は、毎日の「初めて」を切り取るようになった。そして気付いてしまった。僕に生きる意味はあるのだろうかと──

R18作品目次
性描写、または暴力的なシーンがあるため、年齢制限をつけました。目次が認証画面となりますので、必ず確認をして下さい。本編を読むためにはパスワードが必要です。

君がいたから
失って初めて気付く、その存在の大切さと秘めた想い。人を愛するというのは、どういうことか?を描いた恋愛人間ドラマ。★とある出版社のコンクールに出品し、『準入選』を頂きました★

女という性、紅の血
高校が舞台の恋愛ストーリー。彼女のいる人を好きになった野中泉のなかいずみ。彼女の起こす行動に主人公の聡子さとこは血が騒ぐのを感じた。女性は何故『思い出』を作りたがるのか?その真相を描きました。

麗らかな恋の花
短編恋愛小説。ほのぼのとしています。人は自分に足りないものを補い合うために出会い、別れを繰り返す。その中で誰か、何かを愛する。

 

Len*Ren

❚甘いひとときに包まれたい

※長編小説【字守-アザナカミ-】のキャラクターのアナザーストーリーです
・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

サブカテゴリー。おもしろく、下ネタを多めにしたビジネス・恋愛・子育てコラムを中心に、ライフスタイルを載せています。

 

おもシモ!コラム

初心者向け小説の書き方|ノベルのヒント
執筆ツール「Nola」の体験記
これを読めば、あなたも楽しく小説が書けるようになる!

 

アネゴの激励|ビジネス
ビジネスは、人とのコミュニケーション。
仕事が、自分とのコミュニケーション。

 

男は浮気をしてなんぼのもの|恋愛
全力でふざけた内容で笑いをお届けする恋愛エッセイです。
下ネタをクソ真面目に考察したり、もっともらしく話したりします。

 

アクト・トレーニング・クラブ
今後、ボイスノベルを制作するにあたり、使った機種やお役立ち情報、培ってきた演技についてを熱く語ります。

 

放牧系育児でいいじゃない|子育て・教育
ママが笑顔でいることが、一番の教育にいいと本気で思ってます。

 

集客ブログの作り方
ブログもSNS。
苦しくならないようにアクセスアップを狙いましょう。

 

ライフスタイル
雑記というなの日記モドキ

 

サトリゴト
その時の気付きやらなにやら。男女について|親子関係|ショートエッセイ|200文字

 

Gallery(イラスト)
色鉛筆やパステルでの着色が好きなので、アナログ作品が多いです。
デジタルを使いこなしたい……(*’ω’*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web小説家。役者スキルを使って男女の恋愛意識の違いを文章で表現。楽しい世の中になるように男性を理解し、小説でそのカッコよさをアピールします。 /戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana