学校も休みである日曜日、有羽は晟の部屋へと遊びに来ていた。と言っても、お互いにやらなければいけない課題を黙々と進めていたのだが。
 自分の分は終わったと背伸びをする有羽は、ノートを見て難しい顔をしている晟に後ろから抱きつき声をかけた。

「晟は何してるの?」
「んー、明日までに提出しなきゃいけないレポートがあってさ」

 覗いてみると物理の問題が書いてあり、有羽は自分のことのように困った顔をして頷いた。

「私、物理の原理がいまだによくわからないんだよね。数学で無理矢理解いちゃってる」
「有羽って数学得意だよな。それって智兄の影響?」
「うん。智孝兄ちゃんて、人に教えるのと私を怒らせるのはうまいんだよね」

 幼馴染みであり、里美の兄でもある智孝の名を出して尋ねる晟に、有羽はおどけるように言葉を返した。

「二人って仲いいよね」
「あれれ?もしかして妬いてるの?」

 ひょいと横から覗くようにして顔を出す。晟はちらりと有羽と目を合わせ、また視線をノートに戻した。

「……そりゃあ気にはなるよ。智兄って有羽のこと好きそうだし」
「あはは。それはないよー。兄ちゃんて彩ちゃんみたいにかわいい子がタイプだもん」

 晟から体を離し隣へぺたりと座る有羽は、手をぷらぷらと左右に振りながらそう答えた。

「有羽だってかわいいよ」
「あ!その言葉禁止!」
「何で?」
「だって、どう答えていいかわからないんだもん。恥ずかしいし……」

 そう言われるともっと言ってみたくなるのが人情というものか。
 晟はどこか嬉しそうな顔をしてペンをテーブルの上に置き、有羽を見つめる。

「どんな美女を前にしても、有羽にはかなわないよ」
「そ、それは言いすぎ」
「そう?俺には有羽が最高だけどな」

 そしてそっと有羽の肩を抱く晟。今のセリフといい、好きな人の腕に抱(いだ)かれたことといい、有羽の鼓動が高鳴るには充分だった。

「理由なんか関係なくなるんだ。それくらい、有羽に夢中になってる」
「あ、ありがとう」

 何と答えていいものか、有羽は自分でもわからないうちにお礼を口にしていた。これ以上言われると、感覚が麻痺しそうな予感がする。
 晟はそんな有羽に気付いていないのか、両腕で包み込むようにして有羽を抱きしめた。

「もっとストレートな方がいいかな?──好きだよ」
「な……もういいよ」
「俺には有羽が必要なんだ」

 有羽が真っ赤になっても晟はやめることをせず、耳元でそう囁いた。有羽はぴくりと体を反応させると、晟に身を任せるように寄り添った。

「もう、有羽しか見えない」

 既に何も言えなくなってしまった有羽は、かすかに震える手で晟のシャツをつかむ。心なしか、彼の腕にも力が込められた。

「誰よりも有羽のことを愛してる」

 ふと顔を上げると、優しく微笑んでいる晟と目が合った。
 ゆっくりと晟の顔が降りてくるのにあわせて、有羽は目を閉じる。

 唇が触れると、何も考えられなくなった。
 麻酔を打たれたように感覚が鈍り、頭の奥がじんと痺れた。

「今、どんな感じ?」
「──そういうの、イジワルっていうんだよ」

 自分がどんな表情をしているのか想像もしたくなかったので、有羽は晟を見ることもせずにそう答えた。

「教えてよ。どう思ってるとか、して欲しいこととか」

 有羽はしばらく黙っていたが、自分の気持ちを言うならと静かに口を開いた。

「晟と一緒にいると楽しいし嬉しいし、こうしてもらえるとすごく安心するの」
「うん」
「それで、もっと一緒にいたくなるし、晟のことばっかり考えちゃって……これじゃ駄目だなぁって思うんだけど、どうしようもなく好きで……」

 その先に伝える“お願い”を、有羽は晟の肩に腕を回し、今にも消えそうな声で囁いた。

「もっと、愛して──」と。

 晟はそっと有羽の手を外すと、そのままキスをした。

 深く口付けを交わす晟の気持ちを受けとめる有羽。
 唇が離れると同時に、晟は強く彼女を抱きしめた。

「今の、すごい効いた。もう駄目かも」
「え?」
「続き、してもいい?」

 いいか?と尋ねておきながら既に行動を起こしている晟に、有羽はその本気を試すべく問いかける。

「レポートは?」
「そんなの後でいいよ。それとも、有羽はレポートをやって欲しいの?」

 駄目だ。晟には全部見透かされている気がする。
 笑って答える晟を見て、有羽はそんなことを思った。
 晟がレポートを選ぶわけがないことを知っていて聞いたのに、それを同じ意図で聞き返されては、自分もこの後の展開に期待していたことがばれてしまう。
 有羽は精一杯の抵抗として、一言呟いた。

「──イジワル」

 もう一度食べたくなる蜂蜜のように、甘くてとろけるような一時。
 たまには、そんな時間に浸ってみるのもいいかもしれない。

END

はちみつの時間―甘い言葉を囁かれて―|橘右近

橘右近
ここで言うのもなんですが、晟は主役のくせしてエロ担当です。相方の左近ちゃんにも、そのイメージで突き進んでもらってます!
(いいのか?こんな紹介して)

【はちみつシリーズ】
スローペース(糖度★☆☆)
寝起きの本音(糖度★★☆)
甘い言葉を囁かれて(糖度★★★)

桜左近の類似作品【ヒナ・マツリ

 

橘右近をシェアで応援!!

ご感想・コメント、ぜひお願いします!

■ランキングサイト(クリックしてくれると嬉しいです!)
にほんブログ村 小説ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

言葉で傷つくこともあれば、救われることもある。言葉の力を信じて、文字だけで伝える「小説」で人生をプラスに変えることを使命とするインディーズ小説家。※画像は恋愛ファンタジー小説【アザナカミ】のヒロイン、玖堂有羽です