Twitterで一足先に情報をお届け!
自信をつけたいなら、15秒間これをやってみて。

      2017/07/14

自信をつけたいなら、15秒間これをやってみて。

 

 

自信がある人とない人の違いは「声の大きさ」である。○か×か。

答えはそう、○です。

 

自信満々に見えるアメリカ人と、英語力に自信がない日本人との違いもここにあります。

聞き取れなくて「え?何?」と言っているのに、何か間違ったことを言ってるのかと思い、さらに小さな声でぼそぼそと話してしまう。

余計に聞こえなくて聞き返す。これを繰り返す。

 

いや~な空気が漂ってますねw

 

今回はそんな「自信の付け方」についてです。

ラジオ風にとったので聞いて下さい^^

 

 

音声のまとめ

自信をつけたいのなら、日頃から「大きな声で話す」ことを意識する

どうしても自信がない人は声が小さくなってボソボソと話しがちです。

「社長の話し方」と聞いてイメージすると、

  • 声量がある
  • どっしりしたトーン(重みがある低めのトーン)
  • はっきり話すから、早口ではない

こういうことが想像できませんか?

 

早口であーだこーだボソボソと話すようなイメージってないですよね?

どっちかというと、ガハハ笑いが似合うような、社員を引っ張っていけるパワー溢れるイメージ。

 

壇上に上がって何か話をする時は、大きな声ではっきりと気持ちゆっくりめに話すといいです。

例え、話してる内容が下ネタであっても、立派なスピーチに聞こえます。パワー溢れる人だなぁという尊敬のまなざしで見られますよ。

 

 

何かを自分の中に取り入れたいのなら、まず自分の中にあるもの(考えや経験など)を全て出し切ることが大事

もうこれ以上は無理!というところまで息を吐いたら、次の瞬間、勝手に大きく吸い込みます。

これはやってみればわかります。

限界まで息を吐き出せば、ちゃんと息を吸うんです。

 

これと同じように、何か新しいことにチャレンジしたい!自分の身にしたい!という時は、自分の中にあるもの全てを吐き出す(書き出す)んです。

もう無理!ってなったら、勝手に吸い込みます。

 

そして、その吸収力はものすごいパワーとなります。

 

大きな声を出すって、意外と大事です。

限界まで達すると、次の瞬間にものすごいパワーが出ます。

 

あー、男性ならわかると思います。

昇天(イッてしまわれる)寸前が一番ヤバくないですか?パワー爆発しそうになりません?

女子なんでわからないですけどw

 

このように、限界に達するとすんげーパワーでます。

声を大きく出すって、限界とまではいかないけど、自分で意図的にパワーを出すことができるのと同じなんです。

あと、自分の意見を言うってことも勇気がいりますからね。

 

声を出せば、自信がつくさ!

 

ということで、読んでくれて戦キューヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

 

Copyright© アクト・トレーニング・クラブ , 2017 All Rights Reserved.