赤黒い空に、緑色の太陽を描く子供だった私

5歳くらいから小学校低学年くらいで描く『太陽』は、なぜか決まって真っ赤だった。
地面から見上げる空にあるのは、一瞬だけしか見ることのできない強く白い光。私にとっての『太陽』はその色だ。
だけど、先生は「太陽は赤でしょ」と言い、周りの子供たちはそれに従い、こぞって真っ赤な太陽を描く。

私は不思議でたまらなかった。皆には太陽が赤く見えるのかと思った。皆は、夕方のお日様を描いているのだと思っていた。
言われた通りの色にしないとその時間が終了しないので、私も真っ赤な太陽を描く。でも、気持ちが悪かった。嘘を描いているようだった。

家に帰って、自分が見える太陽を描いた。
青い空に白または少し黄色い太陽。
赤黒い空に緑色の太陽だ。

緑色の太陽は、強い光に目を閉じた時、瞼に写る残像だった。
赤黒いのは瞼が作るスクリーン。

私は満足した。

皆が描く真っ赤な太陽は、人間が生きる上で色々と身につけていくようになる『折り合い』や『暗黙の了解』だ。
私が描く緑色の太陽は、私が感じて見える世界の『個性』である。

真っ赤な太陽も一つの真実。宇宙ではその姿だろう。夕日もそうだ。
しかし、私の見える緑色の太陽も一つの真実であり、これが何色であってもその人にとっての太陽はその色であり真実なのだ。

問題は、太陽の色を赤にしろと押し付けることである。

世界は、そこに存在しているという物理的なものと、人それぞれの想いで出来上がる思想的なものの二種類で成り立っていると私は思う。
思想的な世界は、見え方が人と違って当然なのだ。

自分らしく生きるとか、好きなことをして生きるっていうのは、この見え方の違いを自分のものだとする勇気と幸せのこと。

 

橘右近をシェアで応援!!

スポンサーリンク

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】






男性向け小説|人間ドラマ|青春

字守-アザナカミ-


彼は残す。その智恵を、勇気を、力を、残す──
彼は言う。『死』は人生の終わりではなく、真価が問われる始まりなのだと。
私はつなぐ。彼の意志を、経験を、その命を──未来の人達へ

人は、自分に足りないものを補い合うために出会い、愛する。そして、必ず別れる──

男女の成長物語を恋愛ファンタジーで綴ります。時には楽しく悲しく甘く、そしてシリアスに。

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / SCENE10:必要なこと / SCENE11:リーズという存在 / SCENE12:賭け / SCENE13:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE14:出発前 / SCENE15:出迎えた者は? / SCENE16:かわいい天使 / SCENE17:未知なる体験 / SCENE18:流天vs字守 / SCENE19:鬼の血

 

短編小説

 

女性向け小説|恋愛

Len*Ren

・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

短編小説

契りの果ては
15個のカノジョ
R18作品目次
君がいたから
女という性、紅の血
麗らかな恋の花

 

フォローお願いします(*'ω'*)


 
 

小説検索サイト

文芸Webサーチ

幻想検索 tentatively

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社会にストレスを感じ、それでも懸命に生きる30代男性を応援することを目的とする( ゚∀゚)フフフ 「男性は男らしく生きればモテまくる」をテーマに男性を褒め倒す予定。/戦隊の変身後のヒーローを多く演じていらっしゃる、スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好きです。愛しかありません!!!めっちゃカッコいい!!!浅井さんを語り出すと、そこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。  ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana