MENU
ファンレターを書いてみませんか?

当サイトの作品を読んで、「なんかちょっと心がソワソワしたぞ」「うるっとしちゃった」「単純に文章が好き!」という方は、私にファンレターを送って下さい。

応援されることは嬉しい。
応援する方は2倍嬉しい。

あなたのお気持ち待ってます。

ばなやん(一ツ屋有美子)にファンレターを贈る

もし、あなたの意識に入れたら世界は一つになるのに

私は、中学生くらいから色彩にはとても興味があって、当時からこんなことを思っていました。
 
「私が『赤』と思っている色は、他の人が見たら『青』かもしれない。私はその色を『赤』と教えられたけど、その人に見えている『赤』が私の言う『赤』であるとは限らない」
 
と。そして、こんなことも思ってました。
 
「もし、誰かの意識に入れたとしたらそれがわかるのにな。世界は一つになれるのにな」
 
かなり変わった子供ですよね。
実際、その話を人にしたら「わかるようでわからない」「そんなこと考えたこともない」と笑い話となりました。
 
私は変わってると言われるのが嬉しいので、単純に「そっかー、皆は考えないのか。ほとんどの人が考えないことを考える私ってスゴい」などとくすぐったく思ってました。
 
実際、太陽の色は何色もあります。
科学的(光学的)にも複数色あるようですし、昼間の光としての太陽、真っ赤に燃え盛る夕陽、瞼に残像として残る太陽もあります。
 
以前そんな太陽の色について個性を書いたことがありますが、色彩は学べば学ぶほど面白いです。
 
皆様の心が軽くなるように、色彩心理を勉強中です。
それを言葉とつなげて音声と共に動画を配信するのが最近の楽しみとなっています。
 
どんな色に感じていたとしても、あなたの世界が色鮮やかでありますように。
 
https://ucon-tachibana-actor-life.com/10-10/



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。
このサイトはリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

目次
閉じる