恋愛|短編小説

今年こそチョコが欲しい!

 今の僕の現在最大の関心といえば当然かもしれないがバレンタインデーにある。  それはチョコがいくつ貰えるかという事よりも、特定の女性から頂戴出来るかという所に掛かっている。  今までなら義理であろうと誰かに貰えさえすれば…

あなたに逢いたい

 闇に包まれ始めた風景の中、女性が一人ベンチに腰掛けている。受験勉強の息抜きに近所の公園へと出向いた海白彩だ。  子供が遊ぶには遅い時間帯のため、ここにいるのは彼女一人だけだった。  ふう、と空を見上げると雲の切れ目から…

大切なこと

 ノートに鉛筆を走らせていた玖堂有羽は一区切り付いた所で息をひとつ吐き、うんっと伸びをした。そのままの姿勢で時計を見上げると下校時刻はとうに過ぎている。  驚いて窓の外を見ると辺りは薄闇に包まれていた。 「(根(こん)を…

ねがいごと

「いつも私ばかりが会いたがってるから、諫美くんはどうなのかなって」  桜が舞う風景の中でぽつりと有羽が呟く。  満開を少し過ぎてしまったが桜の花見をしようと近所の公園に二人で来ていた。  青空に桜と散り行く花びらが映えて…

好きだよ。

 ハァ…。  玖堂有羽(くどう ゆば)は柵に寄りかかり、ぼんやりと飾り立てられたイルミネーションを眺めていた。  本当なら恋人と一緒に楽しむはずだったのに。  最初は小さな擦れ違いだった。  それを修復できないままズレは…

あなたとこの空の下

「はい、智孝さん」  箸で挟んだ卵焼きを彼の口元に運ぶと男性はそれを当たり前のようにパクリと食べる。 「おいしい?」 「ああ」  智孝は笑顔で頷き、その表情を受けて彩の微笑みも輝きが増した。  恋人達はデートの昼食場所と…

いつも。いつまでも。

 穏やかな昼下がり。  野田実春はソファに座ってまどろんでいた。  と、スリッパの音がして声が聞こえてくる。 「遅くなってごめんなさい…。あら、実春くん。寝ているの?」  何となく起きて返事をするのもかったるかった彼は、…

聖なる夜に

「なんか彩先輩とこうしているのが、すごく不思議」  樫倉晟はそう言うと夜空を見上げた。 「どうしたの?急に」  海白彩は驚いて発言者を見つめる。  ベンチに座って二人で暖を取ろうと温かい缶飲料を口にしている時に、晟はふと…

切望の風景

 沈みゆく夕陽が人々の列を紅(あか)く染め上げていく。  その中に海白彩と伊藤智孝もいて、緩やかな太陽光に照らし出された彼女の表情は心なしか憂いを帯びているようにも見えた。  列の先頭には、この遊園地の呼び物である巨大観…

はちみつの時間―甘い言葉を囁かれて―

 学校も休みである日曜日、有羽は晟の部屋へと遊びに来ていた。と言っても、お互いにやらなければいけない課題を黙々と進めていたのだが。  自分の分は終わったと背伸びをする有羽は、ノートを見て難しい顔をしている晟に後ろから抱き…