Len*RenのR

不意打ち

8月。 夏休みという学生の特権を満喫──とまではいかないが、まあまあ楽しんでいる諫美(いさみ)は、何か飲み物をとってこようとキッチンへ向かった。 クーラーがきいている部屋にいても、窓の外から大音量のセミの声が聞こえてくれ…

愛しき人

 子供の頃から毎年もらっていたバレンタインのチョコレート。  お隣さんだからという、ただの義理チョコだった。  去年も、OBとして母校である高校の部室に顔を出した時、集まったメンバーたちと一緒に食べた。  テーブルの中央…