【執筆ツール「Nola」の記録①】初動。ユーザー登録での衝撃的な出会い



Alexander Possingham

こちらは、小説執筆ツール「Nola」を実際に一ヶ月間(2018/06/26~07/25)使ってみた記録である。
開発者さんのサイト⇒作家のための小説研究サイト|ノベルラボはこちら。作家にとってお役立ち情報が満載です。

頂いたメッセージにツールの機能について説明があったので引用させてもらうと。

  • 「執筆テーマの設定」
  • 「プロットの作成」
  • 「登場人物の設定」
  • 「原稿の執筆」

と、出来るようです。
プロットというのは作り方人それぞれですが、大抵ここで手が止まってしまう作家さんは多いと思います。
私は体育会系なところもあるので、とにかく書き出します。
今回は既存作品の公開なので、ちらりと覗いてみる程度にしますね。

何はともあれ、使ってみないことにはその良し悪しはわかりません。

では、「Nola」ちゃんをそっと起こしてみましょう。

 

正直に言おう。初対面は結構ビビった

ツールを起動すると、ログイン(会員登録)画面とまずお会いします。
私はTwitterでログイン(連携で登録)しました。一度連携すると、次回から自動的に「作品のタイトルをつける画面」へと移行します。

無駄なものは一切ない、シンプルな作りです。私は女子ですが、かわいさはあまり求めず、シンプルでわかりやすく便利なものが好きです。アンティーク系も歴史を感じて好きですが、私の好みの話にすり替わる前に戻りましょう。
画面はこんな感じです。シンプル最高。

 

■パソコン画面

■スマホ画面

正直に言うと、これしかなかったので戸惑いました。
「ユーザー情報を登録する」や「使い方の説明」を探しましたが、見当たらない・・・。

とりあえず、右上にある『人物マーク』をクリック。
すると、著者名を登録する「マイページ」に行きました。

■マイページ

  • 著者名
  • 小説投稿サイト「小説家になろう」(以下「なろう」と表示)へのメール送信投稿

私は、「なろう」でも何作か公開しているので、こちらも連携してみました。

そして、ここで注目してもらいたいのがこちら!
画像下部にありました!!「メニューバー」が!!(画像で赤い四角で囲った部分です)
そちらに「Nolaの使い方」があるので、そちらをクリック。

■Nolaの使い方

すると、6つの説明がありました。

  1. 基本機能
  2. テーマ
  3. プロット
  4. エディタ機能
  5. 登場人物/世界観
  6. その他

これらの詳細については、実際に使いながらご紹介したいと思います。

欲を言えば、『マイページ』だけでなく全てのページにメニューバー(使い方だけでも)あるといいなと思いました。

作品(タイトル)を作るとわかりますが、編集画面になるとメニューが左サイドに登場します。

では、次に既存作品をテスト投稿してみます。

 

短編小説をまとめた一冊『短篇集』を作ってみた

作品のタイトルを仮にでも作ると編集画面に行きます。

ちゃんとメニューバーがありました!

こちらの一番左上にある表紙マークの隣に「編集する」ボタンがあったのでクリックしました。
すると・・・

「タイトル」と「あらすじ」「表紙画像」の確認ができます。
こちらを変更したい場合は、赤い四角で囲ってある「編集する」を押しましょう。
編集画面に移ります。

ここで色々と変更しましょう。
短編小説を一つ一つ公開するのと、一冊にまとめるのとどちらがいいのか?を知るためにも両方のパターンを作ることにしました。
短編でも、章に区切ってあるストーリーは単体で。
一章で終わるものなら『短篇集』にまとめます。

表紙を作るのが少しめんどくさかったので、左下にある『プリセット画像』を見てみました。

ものすごい数のイラストが登場してきました。
しかもクオリティ高い!
素直に「すげー」と思いました。挿し絵にも使えるとしたら、かなり嬉しいですよね。

今回は表紙とタイトルなどを変更して終わりました。
次は、こちらに中身を投稿してみたいと思います。

 

「結局表紙は自分で編集したものにしたけど、ストーリーに合うものなら使わせてもらいたい!っていうか、イラスト描きたくなってきたー!」

>>>次回は中身(物語)を埋めてみます

 




橘右近をシェアで応援!!

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

役者スキルを使って男女の恋愛意識の違いを文章で表現。楽しい世の中になるように、文字で男性のカッコよさを伝えることを使命とするインディーズ小説家。男性からも褒められる男脳をもつママブロガーでもある。バナナガールの姿では下ネタしか話さないので注意。