私は「Nola」開発者の方の男気に惚れて利用することを決めた

ある日、私の元に一通のメールが届いた。
それは小説執筆ツール「Nola」の紹介記事の依頼だった。

そう。今回(2018/06/26)から一ヶ月利用してみた感想を記事にしていく、こちらのツールのことです。

普通、利用した感想記事となると、第一発目は大体『登録の仕方』などの使い方やサイトの紹介です。
ですが私は、最も大事とする部分のお話をさせて頂きます。

それが、まずツールを使ってもらうために必要な『引っかかり』──『ビジネスの話』です。

 

私はクレーマーだ。だが、ただ文句を言うだけのクレーマーではない。相手の成長を思って指摘する良質なクレーマーなのだ。

基本的に私は、嫌だなと思う態度をとられていても怒ることは少なく、ただただ「そういう人なんだな」と思います。「残念な人だな」で終わる。
その人が嫌いかどうかと聞かれれば、嫌いという部類に入るかもしれませんが、私の「嫌い」はかなりの度合いなので(嫌いという感情すら抱かなくなる)、ちょっと苦手くらいに留まります。

そんな考えの持ち主なので、クレームの内容も「相手が嫌だから」ではありません。
むしろ、相手が嫌いでないからこそ指摘するのです。

相手に自分がなぜそう思ったのか?という理由も告げず、一人黙って相手への嫌悪感を募らせ、褒められることでもプリプリと怒るなんてことはしたくないのです。
これではただの変な人です。

しかも、相手は自分が傷ついていることも、なぜ怒っているのかも知らないことの方が多いです。
だから伝えればいいだけなんですね。

 

今回の話は、私が傷ついても怒ってもいませんが、クレーマーになりました。

というのも、いくつか私が「すげー」と思うことをその方がされたので、称賛の意味で指摘しました。
メールにあったお名前や文面から男性であると予想し、ならばと思ってしたことです。

ではここからは、男性のいいところを褒めつつ、『売り込む』際に最も必要なことをお話します。

 

男性は「納得のいく理由」があれば、感情に左右されることは少なく、また実行力(アプローチ力)が女性と比べて抜群に高い

私は人から嫌われることは怖くないけど、自分からアプローチするのは苦手です。
特に、顔が見えない媒体では0に近い。(SNSへのコメントは平気だけど、メールは苦手というか時間がかかる)

女性の性質のせいもありますが、やはり私は相手から来てもらえる方がいいです。

そこで、まずメールをくれたという勇気を称えたいと思いました。
内容を読む前から、なるべく応えたいと思ったのです。

ですが、その開発者さんにも告げましたが、そのメールを読んだだけでは正直紹介したいとは思いませんでした。

  • ツールのメリットは書いてあった。
  • 作家の方に実際につかってもらい、作家のために特化していた。
  • 私も、そのツール自体は面白いとも思ったし、作家にとってはお役立ちなのだろうなとも思った。

 

それでも、でした。

小説もなんでもそうですが、やはりその商品・サービスそのものの魅力というよりも、それを作った「人」への思いが利用するかどうかを決めます

 

小説ではまずタイトルが重要になりますが、その次も読んでもらうためには作家の魅力は欠かせない。
その世界観や言葉の使い方、文字に秘められた気付きは作家の個性または魅力そのものです。

それと同様、メールの文面から次の行動につないでもらうのは、その内容が左右します。

開発者さんの文面はとても丁寧だし、誠実さが伝わってきました。
ですが、もう一押しが足りなかった。
ツールのメリットやストーリーだけでは、『売り込み』としては足りません
さらにそこから行動を起こす人(=購入者や利用者)にとって、どんないいこと(=感情の変化)が起こるのかをきちんと記しておかなければならないのです。

 

だから私は正直に告げました。
初めましてにも関わらず、厳しいことを指摘しました。

もちろん、この開発者さんならわかってくれるだろうと思ったことが一番ですが、男性というのは自分が納得できることを指摘されたら、どんなに厳しい意見だろうが感情に左右されず考えることをするからです。

なので私は「お断りする理由」と「こういう提案があるとよかったこと」を彼に送りました。

するとやっぱりこの方は考えてくれて、またも丁寧で誠実なお返事をくれたのです。
素敵だ。素敵すぎる。

 

すみません。ちょっと試してしまいました。

私が思うビジネスは相手とのコミュニケーションです。
(※仕事は自分とのコミュニケーションだと思っています)
なので、開発者の方はコミュニケーションがとれる方なのかを少し試す意味も実はありました。

もし、お返事がこなければ縁がなかったということで本当に紹介記事を書かないつもりでした。

一言でも返ってきたら(それがどんな内容でも)、紹介記事を書こうと思っていました。

でも、この方は私の指摘したことを真摯に受け止め、お礼の言葉と共に予想を上回るご提案もして下さいました。
さすが、作家さんと共に執筆ツールを開発されただけのことはあります。

  1. まず私の意見をただのクレームと捉えなかったこと
  2. 意見を聞き入れ、それを検証したこと
  3. 一度断られても諦めずに自分の作り出したものに自信をもっていたこと
  4. 私にとってもかなりプラスな提案をしてくれたこと
  5. これらをやはり丁寧な文章で綴られていたこと

 

私は国語の先生ではありません。正しい日本語の使い方などきちんと学んでいるわけでもありません。(言葉を知る・操ることは楽しいですが)
しかし、その人がどんな気持ちで文字を打っているかは、想像することができます。
そしてそれは、かなりの確率で同じです。
正しい日本語で書かれているから丁寧な文章であるとも言い切れませんし。

私を行動に移させたのは、やはりその人とのコミュケーションで感じた人柄に他なりません。

私も精一杯応えたいと思い、紹介記事一つではなく、これから実際に「Nola」を使わせて頂き、新作をプロットから公開・完結までの様子を記事にしていくことにしました。
とにかく私自身が楽しんで書きます。

こうして記事にもできたこと、滞っていた小説を再開できたこと、「Nola」という素晴らしいツールを教えてもらえたこと、それらは全てこの方がメールをくれたことから起きたことです。

やっぱりコミュニケーション(ビジネス)は面白くて楽しい。

素敵な出会いに感謝。

 

「オチを言ってしまいますが、もしも開発者の方が女性だったら……惚れます!!ぜひともお友達になって頂きたいですw」

>>>次回は「Nola」にログイン(登録)についてです

 

橘右近をシェアで応援!!

ご感想・コメント、ぜひお願いします!

■ランキングサイト(クリックしてくれると嬉しいです!)
にほんブログ村 小説ブログ

Novel

99.7

音楽と共に選択肢によって進めるストーリー展開となっています。「アザナカミ」の世界観や主要キャラクターを知ってもらえればと思います

 

アザナカミ

❚あなたの生きる意味は、必ずあるよ。

彼は残す、その力を、勇気を、智恵を。
私はつなぐ──その命を。

人の負の感情にとりつき、その感情を増殖させる『はく
実体はなく、精神を破壊するその存在は魔と呼ぶにふさわしかった。
魄にとりつかれた者は、感情を表す言葉を食われていき次第にその身を滅ぼしていった。
対して、その魔を浄化させる力を『おぼろ』と呼び、石を媒体として朧を操る人を『字守あざながみ』と呼んだ。

字守によって救われる人々。
しかし、人あらざるものの力──朧を使うことの代償は、同じく感情であった。
字守と魄。
相対する二つの力が、今ぶつかる──

 

目次

■第1話 謎の招待状
SCENE1:ざわつく心 / SCENE2:アクシデント / SCENE3:恐怖の始まり / SCENE4:出会い / SCENE5:飛行機ごっこ / SCENE6:記憶、力の暴発

■第2話 魄と朧と鬼と人形リーズ
SCENE7:意外な真実 / SCENE8:準備 / SCENE9:興味 / / SCENE10:リーズという存在 / SCENE11:賭け / SCENE12:秘密

■第3話 鬼が消えた日
SCENE13:出発前 / SCENE14:出迎えた者は? / SCENE15:かわいい天使 / SCENE16:未知なる体験 / SCENE17:流天vs字守 / SCENE18:鬼の血

 

短篇集

❚色んな感情を疑似体験しよう。

現代ファンタジー、恋愛、人間ドラマ、青春、シリアスなど、多岐にわたるジャンルの短編小説を掲載。

■先生!恋愛小説の書き方教えてください
小説を書いたことのない私でも書けた。自分を知るために。──浮気をテーマにした小説の書き方の小説。
1:きっかけは「続きが読みたい」だった / 2:小説を書くって奥が深かった / 3:自分を知るってこういうことなんだ。 / 4:彼の浮気が許せない私と許せる彼女 / 5:ありがとう(完)

私は『悪』になる
悪というのは、常に笑っていて、常に自信満々だ。必要悪である彼もまた、自分の正義を楽しんでいた。

契りの果ては
籠女かごめの話

15個のカノジョ
僕たちは二人で一人の作家であり、クリエイターであり、エンターテイナーだ。僕らは時にぶつかり、時に融合し、最後に壊した

廃棄処分にして下さい。
私は欠陥品だった。だけど、私は幸せだった。

僕の初めては113秒。
「楽しくもなくつまらなくもなく生きて、意味あんの?」その一言が僕を変えた。ある日、男はそう僕に言った。そいつと出会ってから僕は、毎日の「初めて」を切り取るようになった。そして気付いてしまった。僕に生きる意味はあるのだろうかと──

君がいたから
失って初めて気付く、その存在の大切さと秘めた想い。人を愛するというのは、どういうことか?を描いた恋愛人間ドラマ。★とある出版社のコンクールに出品し、『準入選』を頂きました★

女という性、紅の血
高校が舞台の恋愛ストーリー。彼女のいる人を好きになった野中泉のなかいずみ。彼女の起こす行動に主人公の聡子さとこは血が騒ぐのを感じた。女性は何故『思い出』を作りたがるのか?その真相を描きました。

麗らかな恋の花
短編恋愛小説。ほのぼのとしています。人は自分に足りないものを補い合うために出会い、別れを繰り返す。その中で誰か、何かを愛する。

 

Len*Ren

❚甘いひとときに包まれたい

※長編小説【アザナカミ】のキャラクターのアナザーストーリーです
・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    言葉で傷つくこともあれば、救われることもある。言葉の力を信じて、文字だけで伝える「小説」で人生をプラスに変えることを使命とするインディーズ小説家。※画像は恋愛ファンタジー小説【アザナカミ】のヒロイン、玖堂有羽です