三人称で書く小説の地の文が説明文のようになってしまう!どうしたらいい?|小説の書き方

橘右近
三人称で書くと、地の文(
会話文ではない部分の文章のこと)が説明してるように感じると言われてしまいました。
どうしたら三人称でも説明っぽくなくなりますか?
いつもは一人称で書いていたため、三人称で書くことに慣れていません…

というような内容のご相談でした。
こちらに、勝手に答えます!

初めまして!
少しでもお役に立てればと思い、コメントします。
もし余計に惑わせてしまったらごめんなさい。

三人称だとしても、焦点をあてている人物がいるはずなので、一人称のように書いてから、私(俺)などの名詞をその人物名に変えるだけというのが、一番書き手側にも読み手側にも負担がかかりません。
その人物の心情を表す地の文であれば私などの名詞でも、全然違和感ありませんし。

初めてなのに、偉そうに言っちゃったかな?私ってホントおせっかいだなぁ。
橘右近は静かにため息をついた。

というように、一人称で書いてから切り替えすれば問題ないかと思います!( ̄- ̄)ゞ

長々と失礼しましたm(_ _)m

こんな感じです。
もしあなたもお悩みでしたら、一度試してみて下さい!
 
 







橘右近をシェアで応援!!

おススメは「エックスサーバー

アクセスが早いので読者さんのストレスを軽減! 離脱を防げる!
安心のSSL化が無料
大量アクセスでもダウンしない! ちゃんと表示される!



ワードプレステーマなら「ストーク

初心者に優しい設定で、すぐに執筆にとりかかれる!
カスタマイズ方法がわからなくてもキレイなデザイン!
何もしなくても自動的にスマホ対応!!



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

「生きる」と「愛」をテーマにし、言葉で世界を変える小説家。 役者経験を活かし、自分を見つめることで人生を豊かにさせる方法を伝えるマインドコーディネイター。webデザインで色んな人のビジネスに関わり、自分の世界観を広げ、子供たちが楽しくビジネスを学ぶ学校を作るのが夢。 【得意】 演技・人間観察・雰囲気読む・感覚を落とし込む・小説書く・サプライズ考える・男性を理解し応援する・難しいことをわかりやすく説明する