僕たちは二人で一人の作家であり
クリエイターであり
エンターテイナーだ
 
僕が目を瞬かせて見つめれば、彼女はまばたき一つせずにじっと見つめる
僕がぼーっと空を見上げれば、彼女はじっくりと現実を見る
僕が小さなことに感動すれば、彼女はそれらを当然のこととする
僕はくるくるに巻かれた髪で、彼女の艶やかな長い髪はどこまでも真っ直ぐだ
 
僕は『未熟』で、彼女は『完璧』だった
 
そんな僕らは一緒にものを作り出す
 
時にぶつかり
時に融合し
 
最後に壊した
 
 
僕は壊した彼女を15に分けた
それらの一つ一つにメモを残し
素敵な彼女を皆にプレゼントするんだ
 
うまくいったかって?
計画通りにはなかなかいかないものだね
何しろ臭くなる
 
順番に開けられることがないし
15個を集めて初めて完成する
 
その15個を手にするのは
知らない者同士の君たちだ──
 
 
 

***

 
実はこれ、漫画として夢に見たことです。
だから、この続きはありません。
 
でも、面白いなと思って書き記しました。
 
猟奇的な事件にも見えるけど、そもそも『彼女』は人間なの?とか。
分けた15のプレゼントの中身は、人体である必要はないし…とか。
 
メッセージの方に重要性が隠されているとか。
 
視点をこの『僕』にすることもできるし、警察官としてもできるだろうし、15個を見つけてしまった一般の人達にもできる。
 
一つの言葉を深掘りして、それを色々な視点でのストーリーにする。
 
小説でも漫画でも、創作することの楽しさは
『色々考えて、色々やってみて、どんなものでも一つの形となる』
ことにあるかなー。
 
 

橘右近をシェアで応援!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です