僕たちは二人で一人の作家であり
クリエイターであり
エンターテイナーだ
 
僕が目を瞬かせて見つめれば、彼女はまばたき一つせずにじっと見つめる
僕がぼーっと空を見上げれば、彼女はじっくりと現実を見る
僕が小さなことに感動すれば、彼女はそれらを当然のこととする
僕はくるくるに巻かれた髪で、彼女の艶やかな長い髪はどこまでも真っ直ぐだ
 
僕は『未熟』で、彼女は『完璧』だった
 
そんな僕らは一緒にものを作り出す
 
時にぶつかり
時に融合し
 
最後に壊した
 
 
僕は壊した彼女を15に分けた
それらの一つ一つにメモを残し
素敵な彼女を皆にプレゼントするんだ
 
うまくいったかって?
計画通りにはなかなかいかないものだね
何しろ臭くなる
 
順番に開けられることがないし
15個を集めて初めて完成する
 
その15個を手にするのは
知らない者同士の君たちだ──
 
 
  




橘右近をシェアで応援!!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

言葉で傷つくこともあれば、救われることもある。言葉の力を信じて、文字だけで伝える「小説」で人生をプラスに変えることを使命とするインディーズ小説家。※画像は恋愛ファンタジー小説【アザナカミ】のヒロイン、玖堂有羽です