MENU
ファンレターを書いてみませんか?

当サイトの作品を読んで、「なんかちょっと心がソワソワしたぞ」「うるっとしちゃった」「単純に文章が好き!」という方は、私にファンレターを送って下さい。

応援されることは嬉しい。
応援する方は2倍嬉しい。

あなたのお気持ち待ってます。

ばなやん(一ツ屋有美子)にファンレターを贈る

僕の初めては113秒。

「またしようね」と、赤い唇が動いた。
そして制限時間ギリギリとなった彼女は、そそくさと部屋を出る。その後姿を見て僕は思った。

残念だけど、それはない。
僕の初めては終わってしまったから。

 

僕の初めては113秒。

 

ある日の夕方、家へ帰ろうとする僕に頭上から声がかかった。
雑居ビルの路地裏を思わせる通り。空を見上げると、5階建ての建物の屋上に声の主はいた。逆光で顔が見えない。しかし、柵の外側に立ち、今にも落ちそうな状況は把握できた。周りに人影はなく、声がかけられたのが自分だと気づく。

「なあ、お前の初めてって今までで何秒?」

不思議と男の声はよく通った。まるで50cmテーブルを挟んで会話しているようだ。

「何でお前は生きてんの? 死にたくないから?──いや、そんなこと普段考えねーか」

つーか怖い。人を呼ぶか? それとも逃げる? そんなことを考えたが、視線は男に釘付けとなり、両足はピクリとも動かなかった。
「何で生きてる?」なんて、どうして見ず知らずの奴に言われなきゃならないんだ。

「そうやって楽しくもつまらなくもなく生きて、意味あんの?」

だから、何でそんなこと言われなきゃならないんだ? 触れられたくないところをえぐられた気がして、胸やけがした。

「子供ん時もそんなこと考えなかったけどさ、今よりももっとわくわくしてたよな。小さなことでも楽しめたっつーか……あ、そーか、初めてのことだらけだったからか」

男は一人納得したように頷いている。やっぱり逃げよう。こいつ、ヤバい奴だ。

「今からでも、お前の初めて計算してみ?なんか違うかもよ」

そう言って男は宙を舞った。
──ウソだろ。マジかよ!?
衝撃の光景だった。まさか本当に飛び降りるなんて。そんな前ぶりなかったじゃないか。
一直線に自分に向かって落ちてくる男。無駄だとわかっていても、両腕で頭をかばった。目が自然と閉じられる。

気付いた時、僕は自室のベッドの上にいた。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。
このサイトはリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる