LAST SCENE|僕の初めては113秒。

また電車がせわしなく人を吐き出し、飲み込んだ。
反対に僕はゆっくりと鉄格子をつかみながら膝を落とした。肝心の「では、どうすればいいか?」がわからず、頭に大きなおもりがあるみたいだった。重くのしかかり、苦しい。
ドサリと鞄が肩から落ち、紙が小さなポケットから顔を出した。
そういえば、あれから『初めて』を切り取っていない。

「はは、少な」

最後にまとめてあった記録を見て、思わず笑った。
丸印で囲ってある数字は113秒。
それしかないのか。僕の初めては、これしかないのか。これだけしか、何かを感じていなかったのか。
そう思ったら、急に目の前が滲んだ。

「うっ……ぐ」

初めて、外で泣いた。
初めて、例えようのない感情が生まれた。
初めて、悔しいと思った。
初めて、激しい頭痛を感じた。
初めて、息がうまく吸えなかった。
初めて、地面を見つめた。
初めて、そこにしっかりとついている手を見た。
初めて、ちゃんと生きたいと思った──

むせかえるように息と声が吐き出された。

「大丈夫?」

しがみつくように格子を掴み呼吸をする僕に、女の人の声が届いた。振り向くと心配そうな様子のおばさんと目が合う。
「大丈夫、です」となんとか答えると、おばさんは続けて「どこか具合悪いの?」と問いかけながらポケットティッシュを差し出す。

「本当に、大丈夫です。ありがとうございます」

そう言って、ティッシュを受け取った。
「暑いから気をつけてね」と言い残して、おばさんは去った。
直後、男の声が響く。

「ま、自分のことしか考えられない人間もいれば、何も考えずに人のために動ける人間もいるってことだな」

あの男だった。
ゴングが鳴り響くような頭痛の中、男の姿を探す。しかし、どこにも見当たらなかった。

「お前は、どんな人間になりたい?」

男は続ける。
僕はゆっくりと立ち上がり、鞄を拾い上げた。

「なりたい姿になれるように動けばいい。その瞬間、瞬間を切り取って、集めて形にする。それが、お前自身だ」

そうだ。
僕は『初めて』を見つけるようになってから気付いたことがあった。
同じ日常を繰り返しているように感じるが、同じ時間は一秒としてない。
同じように見える景色、朝、昼、夜、それに合わせた行動、天気、そこにある物、繰り返される四季──似ているけれど、同じものは二度とない。
その時に考えていることも、体を作る細胞でさえも違う。毎日変わる。

日が傾きかけ、空が朱く染まり始めた。
その空を見上げて、僕の心臓も確実に波打つ回数を増やしているのを感じた。

一つ、また一つと、そのたくさんの『初めて』をかき集めて。
今のこの僕の18年間はある──

END

 

目次

感動の対価としてお金を払う。『感謝の気持ちを伝える』というお金の使い方

当サイトの小説は無料でお読みいただけます。
ですが、それらを有料で販売もしています。

それは、私のお金の使い方にあるのです。

私は、例え図書館で無料で読めたとしても、作者様に「書いてくれてありがとう」という気持ちを伝える代わりに、その書籍を購入します。
お金は感謝の対価として払う。そういう使い方をしてきました。

もし、あなたが私と同じ価値観の持ち主であるならば、書籍のご購入をお願いします。

画像

タイトル:『短篇集』全16ページ
価格:100円(税込)
決済方法:クレジットカード・PayPal・携帯電話料金との合算・WebMoney

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。
このサイトはリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

コメント

コメントする

目次